« ひとみこぱん さんの個展「晩夏の風鈴」を見てきました | トップページ | 京の夏の散歩 旧山陰道の初っ端だけ歩く(その4) 西京極付近 »

2014.09.09

京の夏の最後の街歩き 二条城から島原へ

山陰道を歩いた日は、朝から涼しくて絶好の散歩日和だったので、街道の起点の梅小路公園付近までは、街中を歩いていきました。

京都市内中心部でも、普段通らない通りをあるくと、いろいろ見えてきて、新鮮ですねぇ。
*
201408nakagyo01
二条城の北門です。普通は東門から入城するので、竹屋町通り側から見ることは、めったにありません。
*
201408nakagyo02
北東の角です。 松並木に石垣と白壁の城壁。

この付近は、遠く平安時代は大内裏のあったところで、太政官・民部省・式部省跡などの標識が立ってます。

また江戸時代の西町奉行所、東町奉行所跡なんかの説明板もあって、歴史のロマンを味わえます。
*
201408nakagyo03
時代劇のロケのバックに出てきそうな絵 ですが、西南隅櫓です。

今の二条城は、徳川家康が造ったものですが、御所から二条城に来る途中の、平安女学院の前では、織田信長が造った旧二条城跡の石碑も見つけました。

徳川のお城の石垣は、さすがにしっかりと積まれてますが、信長のは、2ヶ月で作り上げたといわれるだけに、地下鉄工事で出土した石垣の復元品をみると、かなり手抜き工事 なのがわかります。とにかく現実主義者で即断即決の信長らしくもありますが
*
201408nakagyo05
旧二条城のあったあたり(京都府庁の近く)にある町家ギャラリー風伝館。

のれんのデザインは、赤とんぼかとおもって写真を撮ったんですけど、よく見ると風に舞うタンポポの種でした。オシャレ

*
201408nakagyo04
三条商店街を越えて、壬生地区に入ってきました。

この辺は入り組んだ車も入れない様な、路地が網の目のように繋がっています。

テキトーに歩いてると、坂本龍馬とおりょう夫妻ゆかりの武信稲荷に出ました。翌日の夏祭りの準備で子供みこしが置いてありました。
*
201408nakagyo06
六条通りまで下ってきました。

「このレンガの壁の向こうは何んかなぁ?」と、おもってるとお寺(東本願寺の総会所)でした。

ちょっとアンバランス(^_^.)
*
201408nakagyo07
バスや車で京都駅に向かうときにおなじみの光景ですが、阿弥陀堂が修復工事ですっぽりと覆われて、その向こうに京都タワーが顔をだしているのが、面白いです。
*
201408nakagyo08
ここもゆっくり見て歩くのは、初めてかもしれない、東本願寺の北側です。

お堀になまこ壁が続いて、どこかの城下町みたいです。
*
201408nakagyo09
白壁に、緋鯉。 映えますねぇ
*
201408nakagyo10
西本願寺を抜けて、やっと島原口につきました。

こんな木造三階建ての建物をみつけました。ほかにも大正から昭和戦前に建てられたとおぼしき民家が並んでます。

かつて島原の花街が栄えた頃は、この商店街もひとで溢れてたんでしょうね。
*
201408nakagyo11
その中に、かわいらしい暖簾のかかった洋食屋さんを見つけました。

これを見るとシャレたフレンチかイタリアンにも見えますが、そんなに気取らない街の食堂です。梅小路公園でのお遊びのお昼にどうぞ
*
201408nakagyo12
梅小路に着いたので、最後は、やっぱり鉄ネタで

あられ・せんべいのお店「菱屋」さんの店先に、40数年前の旧丹波口駅の写真が飾ってあります。

C57の引く山陰線の列車が写ってますね。前回紹介した角屋の隣に、昭和51年3月まで旧丹波口駅がありました。まだ梅小路機関区がSL館になる前の懐かしい写真です。

管理人は、隣の二条駅でこのSLを良く眺めてました。
*
(続く) (次回は、梅小路から桂まで歩きます)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« ひとみこぱん さんの個展「晩夏の風鈴」を見てきました | トップページ | 京の夏の散歩 旧山陰道の初っ端だけ歩く(その4) 西京極付近 »

コメント

8月終わりの京都観光の際に二条城を僅か5分ほどで駆け足で見て来ました。
清水坂では中国系の観光客の多さに驚きました。日本人を探すのが大変でした。
ソウルの街を歩いているのと同じ感覚になりました。京都も変わりました

こんにちは

この散策、楽しそうです
京都の町屋は姿を消していってると、
以前NHKのニュースで見ましたが、
まだまだいい雰囲気ありますね

トマトさんてお店、
トマト料理のレストランなら
行ってみたいな。

>> SILVIAおじさんへ

こんにちは。

さすがに、5分では二条城を見るのは短いですね。

去年くらいから、急にアジア各国からの観光客が増えました。
ほんとに「ここは日本か?」と思うくらいです

高度成長期に、日本人が大挙して、パック旅行で海外に行った
頃が思い出されますね。

>> slowmotion さんへ

こんにちは。

自分の住んでる町でも、大通り以外はなかなか歩くことも少ないので
いろんな発見があって、面白いです。

ほかにも、写真を撮ってきた町並みもありますので、順番に
紹介しますね。

トマトさんは、べつにトマト料理専門店ではないようです。
梅小路公園から、すぐですから、いちど足を運んでみてください。

バイクや車も、ちょっとした風景のアクセントになりますね。
3枚目の青と緑と、ポッカリ白雲、ずっと眺めていたい風景です。

>> キハ58さんへ

こんにちは。

建物を撮影するときは、純粋に建物だけを撮るか、風景の一部として
切り取るかは、悩むところですね。

古い建物の場合は、通行人や車などを入れたほうが生活感が出で
良いのかもしれません。

ただし、道路標識だけは、写り込むのがどうも気に入りません
街中で、無視するのは画像ソフトで消しでもしない限り難しいのですが

あ、ほんとだ~
なまこ壁とお堀と鯉、津和野を思い出しました

>> wisteria さんへ

こんにちは。
どこの街ともイメージしてなかったんですけど、(強いて言えば倉敷かな)

この3点セットは、津和野ですね。
台風被害で、SL列車が運休したりしましたが、再開されてこの3連休は
賑わったでしょうねぇ。

ありがとうございます。ぜひ一度風伝館2階のミュージアムにもお越し下さい。
http://fudenkan.jp/usage

風伝館2階アミタミュージアム担当

>> 風伝館2階アミタミュージアム担当さまへ

こんにちは。

御所から室町通りを下がって二条城に向う途中に、素敵なのれんを見つけて
写真を撮らせていただきました。

こんどは、ギャラリーにも寄せていただきます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京の夏の最後の街歩き 二条城から島原へ:

« ひとみこぱん さんの個展「晩夏の風鈴」を見てきました | トップページ | 京の夏の散歩 旧山陰道の初っ端だけ歩く(その4) 西京極付近 »

フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ