« 【嵐電】御室付近のヒガンバナ | トップページ | 【叡電】初秋の花シリーズ(2014)その3 コスモス・ススキほか »

2014.09.25

御室仁和寺と花園妙心寺のヒガンバナ

嵐電撮影の合間に、近くの仁和寺と妙心寺にもお参りして、ヒガンバナを写させてもらってきました。
*
201409omuro01
仁和寺の参道では、白壁に映える真っ赤な花が目に留まったので、まずは遠くから一枚。
*
201409omuro02
ちょっと失礼して、土手に上がらせてもらってアップで一枚。

ここも春に塀越しに延びた御室桜を写したところ。その時は下草はまだ萌えかけだったけど、今は草ぼうぼうの有様

でも下手に手入れしてあるより、自然でいいかも
*
201409omuro03
まだタンポポが咲いてました。ヒガンバナは、初秋にパッと咲いて、すぐに枯れていくけど、タンポポは次々と新しい花が咲き続けるんですねぇ。
*
201409omuro04
綿毛のタンポポもあります。 季節感がごちゃ混ぜ

(実は、セイヨウタンポポは四季咲きで、気温・日照などの条件が合えば、いつでも花をつけるのだそうです。知らなかった。)
*
201409omuro05
一面のグリーンのバックに一点の黄色は、よいアクセントになります。
*
201409omuro06
こちらは、妙心寺の塔頭のミョウガの花。白壁を背景に、斑入りのススキを従えて咲いています。
*
201409omuro07
禅寺は、一般に色物の花が少ないような気がしますが、曼珠沙華のひと群れは、渋い風景にも良く合いますね。
*
(次回は、叡電ネタです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 【嵐電】御室付近のヒガンバナ | トップページ | 【叡電】初秋の花シリーズ(2014)その3 コスモス・ススキほか »

コメント

いつもキラ・ポチありがとうございます。
コメントをいただきとてもうれしいです。
私の記事のところにもお返事で書いたのですが
私は写真はどうも下手っぴで、
思うように撮れません。
お写真、拝見させていただきました。
いまの季節だけ出会える植物、自然の移り変わりの
一瞬をとらえるなんだか心に染み入るお写真ですね。

いいね~いいね~~彼岸花と綿毛のたんぽぽ
季節感 ごちゃまぜでもいいわ
曼珠沙華は渋いお寺にも 淋しい田んぼのあぜ道にも映えますね

すすきとみょうがの花のコラボもいいわ~~

>> ホシノさんへ

こんにちは。
こちらこそ、見ていただいてありがとうございます。

絵なら、雑草を無視して、バックの白壁もきれいに塗りなおして、お花もカッコよく
ちょんちょんと、植え直せるんですけど、写真では調整にも限界があります。
もちろんプロの写真師さんなら、簡単に手直ししてしまうんでしょうけどね(笑)

写真の仕上がりは、スナップ写真以上、アート作品未満を目指してます

>> 音姫さんへ

こんにちは。

ヒガンバナって。意外と花期が短いんですね。前の週末にきれいだった草原も
翌週行くと、もう終わってたりします。

亀岡の曽我部か堅田の仰木などのヒガンバナの有名なところに一度は
行きたかった

おはようございます。

彼岸花って、この時期になると至る場所で咲いていることが分かりました。
(というか、昨年まで気がつかなかっただけ・・・

先日は、京阪交野線沿線で良い写真を撮ることができました。
アドバイス、ありがとうございましたm(__)m。

>> 京阪快急3000さんへ

こんにちは。

交野線のヒガンバナの写真は、見せていただきました。
なかなかうまく撮れてますね。

叡電沿線の方が、開発が進んでヒガンバナをみれるところが
すくなくなってしまいました(^^ゞ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 御室仁和寺と花園妙心寺のヒガンバナ:

« 【嵐電】御室付近のヒガンバナ | トップページ | 【叡電】初秋の花シリーズ(2014)その3 コスモス・ススキほか »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ