« 【叡電】マヤルカ古書店の京都案内号 | トップページ | 大徳寺の秋の特別公開 (その1:今宮神社と総見院) »

2014.10.13

京の秋の散歩 白川沿いを知恩院前から岡崎へ

このところ、鉄ネタが続いたので、散歩ネタでちょっと一服
*
201409higashiyama12
もう季節が進んじゃった感じですけど、お彼岸に東大谷さんにお墓参りに行った帰りに、円山公園から知恩院参道を通って、白川沿いに出てきました。
*
201409higashiyama13
この日は、わりと日差しがきつくて、川沿いを渡る風が気持ち良かったです。

有名な石の一本橋。 幅が狭くて渡るのがちょっと怖い感じ

観光客の途切れたところで、ランタナと合わせて一枚。
:
201409higashiyama14
もう少し行って、お彼岸なのにもう盛り過ぎてる ヒガンバナと一枚。
*
201409higashiyama15
三条通の白川と神宮道の間で、こんなロージを見つけました。何か面白そうなグッズが見つかりそう 入ってみたいな。
*
201409higashiyama16
岡崎図書館前。 風景画から抜け出してきたような情景
*
(続く) (次回は、大徳寺の特別公開を見に行きます)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 【叡電】マヤルカ古書店の京都案内号 | トップページ | 大徳寺の秋の特別公開 (その1:今宮神社と総見院) »

コメント

こんにちは。

すごく好きな雰囲気です。
川のせせらぎがきこえてきそうです。
ホッコリします。
のんびーり、お散歩したくなりますね。

彼岸花も色鮮やか☆
みどりの中に赤ってインパクトがあって見かけると私もついつい眺めてしまいます。

白川沿いのこの風景、今の京都にあるというのが凄いと思います。
水のある風景は、なぜか落ち着きます。

>> ちゃけさんへ

こんにちは。

台風が通過中ですね。 大風が吹くと、家が揺れます
そちらは、だいじょうぶですか?

この白川沿いは、観光コースではありませんが、洒落たお店もあって
お散歩してるひとが多いです。

ヒガンバナは、わりと花期が短くて、もう今年のは終わっちゃいましたね。
また来年咲くのを楽しみにしましょう。

>> キハ58さんへ

金沢とか、高山とか、あるいは川越とか佐原とか
小京都、小江戸なんかと呼ばれる町には、たいがい街中に川が
あって、並木の遊歩道があったりしますね。

なんとなく、水辺の景色を見ると落ち着くのは、その昔、水路が重要な
交通手段であったころの記憶が、ひとびとのDNAに刻み込まれている
からでしょうか?

彼岸花も武人薄明??
あっと言う間に時期が終わる><

>> 音姫さんへ

パッと咲いて、サッと消えていくのがいいんだよね

流れの北が北白川。
銀閣寺らへんから南は南白川と呼ばれていたようですね。

白川の源流は…雲母坂辺りですか。

>> 笠井君へ

白川も、北白川付近と祇園のあたりではぜんぜん雰囲気が違いますね。

去年の秋に、山中越えの旧道を滋賀から京都へ越えたときに、
白川の源流らしいところを通りましたよ。

ものすごく急な流れで、底は白川砂に覆われてきれいでした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京の秋の散歩 白川沿いを知恩院前から岡崎へ:

« 【叡電】マヤルカ古書店の京都案内号 | トップページ | 大徳寺の秋の特別公開 (その1:今宮神社と総見院) »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ