« 大徳寺の秋の特別公開 (その2:什宝虫干しと興臨院) | トップページ | 大徳寺の秋の特別公開 (その4:帰り道の寺町から) »

2014.10.17

大徳寺の秋の特別公開 (その3:黄梅院)

連休2日目は、台風がやって来る前に、大徳寺の特別拝観に行ってきました。

拝観の最後は、黄梅院に参ります。
*
201410daitokuji15
この塔頭も、はじめて参りますが、大徳寺も含めていままでみた京都のお寺のお庭の中で、一番良かった気がします。

これでも、地元の役得(笑)で、それなりに名園・名勝を見てきたつもりですが、造作、アプローチ、見せ方と、どれをとっても素晴らしいです。

山門を入りと、ひろい前庭があって、ここだけ撮影可です。つづいて内門があり、塀に沿って細い通路が続くのですが、掃き清めて水を打ってあり、まわりの苔庭のしっとり感と合わせて、雰囲気が抜群!

やがて、庫裏の玄関に出て、ここで履物をぬいでさらに外廊下を延々と歩きます。外廊下は最近できた新しい造りですが、内庭とマッチしたデサインで、禅寺にそんなに違和感無く融けこんでます。
内庭の向こうに本堂があり、庭を拝見している人が植え込みの向こうに見えます。

やがて、本堂に着きます。この日はたまたま法要があり、外の廊下から石庭を拝見するだけでしたが、お勤めの読経の流れる中、しばし世間の憂さも、台風接近のドンヨリとした空模様も何もかも忘れて、無の境地(←ちょっとオーバーですが) になれました。

鉦の音で、我にかえり、来た道を入り口に戻りますが、皆さん、口々に「良かったねぇ」と、つぶやいてました
*
201410daitokuji16
苔庭の手入れが素晴らしいです。

わたしの下手な写真では、その良さをお伝えできにくいのが残念ですが
*
201410daitokuji17
*
201410daitokuji18
4
201410daitokuji19
2
201410daitokuji31
晩秋は、こんな風情になります。11月末まで公開中。

ここはお勧めです!!
*
(続く) (次回は、帰り道の花のお寺です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 大徳寺の秋の特別公開 (その2:什宝虫干しと興臨院) | トップページ | 大徳寺の秋の特別公開 (その4:帰り道の寺町から) »

コメント

こんにちは。

大徳寺。

こんな素晴らしい造作のお寺があったのですね。

自分も一度、足を運びたいなと思いました。

それって苔寺??
見た景色・・・

ゆっくりお寺回りもしたいわ。。。

>> 京阪快急3000さんへ

ぜひ、一度足を運んでみてください。

もし大徳寺がはじめてなら、JR東海の「そうだ京都行こう」のロケ地のひとつの
高桐院をお勧めします。ここは通年公開されてますので、拝観しやすいです。

>> 音姫さんへ

こんにちは。

苔寺とは、また違った感じでしたが、苔庭はみごとですねぇ。
11月中下旬の紅葉のころに、ぜひお訪ね下さい。

出来れば、平日の朝一番が(お店休んででも)お勧め!
わたしも会社休んで、一番がベストのころにもう一度いくつもり

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大徳寺の秋の特別公開 (その3:黄梅院):

« 大徳寺の秋の特別公開 (その2:什宝虫干しと興臨院) | トップページ | 大徳寺の秋の特別公開 (その4:帰り道の寺町から) »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ