« 京の晩秋の散歩 東山山麓のもみじ狩り(その6、筆供養) | トップページ | 京の晩秋の散歩 東山山麓のもみじ狩り(その7、今熊野観音寺) »

2014.11.29

西脇直毅&山本賢司個展 「ぺんの可能性」 in 亜蛮人

大阪・日本橋のギャラリー亜蛮人で28日からはじまった。
西脇 直毅&山本 賢司個展 「ペンの可能性」の初日を見てきました。 http://www.aband.jp/
*
201411abando06
おふたりとも非常に細密な、ペン画を出展されています。
稠密とか精緻とかいった言葉を通り越して、じっと見てると息苦しくなるような細かい絵が並んでいます。

冗談抜きに、虫眼鏡がないと、ディテールをはっきりと確かめられないくらいです。
*
201411abando05
作家の山本さんが在廊されてましたので、作品を写させてもらいました。

これは、玉子の殻にペンで描かれています。とても人の手で書き入れたとは思えません。「こんな柄の鳥の卵があるんだよ。」といわれても、「そうなんだぁcoldsweats02」と、ナットクしそう。
*
201411abando04
これは、写りが悪くてわかりにくいですが、うすいティッシュに書き入れたもの。手のひらが透けて写ってるのがわかりますよね。

どうして、こんな作業ができるのか不思議ですcoldsweats02
*
201411abando02
これは、スマホの上にタマゴを置いて、バックライトで照らしています。幻想的confident これはもうちいさな宇宙ですhappy02
*
201411abando08
おおきな作品も遠くから見るとわかりにくいですが、近づくとペンで細密に描かれているのがわかります。

商売道具のポールペンを見せていただきましたが、製図用のペンではなくて、普通の事務用ボールペンなので、またびっくりbleah

私のような、ガサツで大雑把な人間には真似できませんね(笑)

12月9日(火)まで。12月6日(土)の17:00からはオープンカフェがあり、作家さんも在廊されます。
ぜひ足をお運び下さい。
詳しくは、ギャラリー亜蛮人
http://www.aband.jp/
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 京の晩秋の散歩 東山山麓のもみじ狩り(その6、筆供養) | トップページ | 京の晩秋の散歩 東山山麓のもみじ狩り(その7、今熊野観音寺) »

コメント

毎年 10月にお客さんの絵画展見に行くけど
ひとりだけペンで描いてる画家さん(素人さんやけど)が居てる。。。
遠くから見たらめっちゃきれいで 近くで見たら びっくりするほど細かな作業
卵やティッシュに描くのも 相当大変な作業でしょうねpencil

>> 音姫さんへ

こんばんわ。

食堂の常連さんにも、絵描きさんがおられるんですね。
顔が広いhappy01

どうして、こんなに細かな線が描けるのか不思議に思いますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69436/60728879

この記事へのトラックバック一覧です: 西脇直毅&山本賢司個展 「ぺんの可能性」 in 亜蛮人:

« 京の晩秋の散歩 東山山麓のもみじ狩り(その6、筆供養) | トップページ | 京の晩秋の散歩 東山山麓のもみじ狩り(その7、今熊野観音寺) »

フォト

夏の終わり

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ