« 京の晩秋の散歩 洛北の紅葉の色つきを確かめに(その3) | トップページ | 奈良の正倉院展と大古事記展をみてきました。 »

2014.11.09

京の晩秋の散歩 洛北の紅葉の色つきを確かめに(その4)

洛北もみじ撮影会の第一回目の最後は、岩倉の里を歩きます。
*
201411_3iwakura01
赤山禅院を出て一旦帰宅し、午後からは岩倉に回ります。光線の加減で、午前中に東山山麓の一乗寺から八瀬、午後に北山山麓の岩倉から松ヶ崎と撮り歩くことが多いです。

ちなみに、叡電の撮影では、午前中に鞍馬線、午後に叡山本線と回るのをお勧めします(^^)
*
201411_3iwakura02
まずは、長谷八幡宮に参ってみました。 残念ながらあまり紅葉する樹はありませんでしたが、愛宕灯籠とモミジの取り合わせを写せました。

アップで撮ると、まだら模様のような葉がきれいですね。
*
201411_3iwakura03
一時間に一本しかこないバスを待ってるおばあさん。

みんな車で移動するようになっても、大切な足なんですね。
*
201411_3iwakura04
実相院は、こんな感じ。前に来た時より紅葉が進んで、もう真っ赤か

でも、アングル的にこれしか撮れないので(笑)、そうそうに引き上げ。
*
201411_3iwakura05
途中の比叡山を借景にした農家の庭先の風情がGood

毎年見てるけど、飽きませんねぇ。冬になって、柿の実もすべてなくなって、山が白くなる頃もまたいいんですよ。
*
201411_3iwakura06
白いといえば、最近塗り替えられて、真っ白になった土蔵と柿の木の取り合わせ。

日本の原風景ですねぇ。
*
201411_3iwakura07
こちらの白は、岩倉川のミゾソバの花。ピンクの花に混じって、コンペイトウみたい
*
815_0152
(次回は、鞍馬行きの電車にのって貴船神社に参ります)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 京の晩秋の散歩 洛北の紅葉の色つきを確かめに(その3) | トップページ | 奈良の正倉院展と大古事記展をみてきました。 »

コメント

黄色と赤のコントラストが素敵
モノクロもいいね~~

次は貴船神社?
楽しみ~~
冬場の川床は 休業してるん??

>> 音姫さんへ

野山は、いよいよ錦秋のフィナーレですね
どこへを向けても絵になります。

そして、徐々にモノトーンに変わっていくのでしょう.........

さすがに川床は、10月くらいでお仕舞いみたいですね。
これからは、お座敷でぼたん鍋やすき焼きのメインメニューです。

正伝寺や円通寺にもひけを取らない、比叡山の借景が素晴らしいです!
そういえば、京阪びわこ号が運転されたそうですね。多くの人が集まったんでしょうね。

>> キハ58さんへ

こんにちは。

岩倉地区からは、どこからでも比叡山が望めるのですが、最近は民家が
多くなって、すっきりした山並みを写せるところは少なくなりました。

びわこ号は復活プロジェクトの一環として、牽引運転ですが44年ぶりに
復活しました。わたしも乗車整理券の抽選に応募しましたが、
外れてしまいました(^^ゞ

今回も素敵な写真がたくさんで、
先週末体調を崩してどこにも行けなかった私も
この写真で秋を堪能することが出来ました。
自然界ってやっぱり本当にすごいなぁと思います。
美しい。
絵にもかけない美しさ、とは本当ですね。
モノトーンのおばあさんの写真もとても
ノスタルジックで惹かれました。
これからも、楽しみにしています。

>> ホシノさんへ

こんにちは。
写真を気に入っていただいて、ありがとうございます。
もう体調は、よろしいですか。

本当に、自然はすごいですねぇ。べつに人に見せるわけでもないのに
昔から、黄色くなったり・赤くなったり

さいきんやっと、自然の風景がどのように写真に撮って欲しいのか
わかるような気がしてきました。もちろん、プロのちょっかん直感力と行動力には
遠く及びませんが

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京の晩秋の散歩 洛北の紅葉の色つきを確かめに(その4):

« 京の晩秋の散歩 洛北の紅葉の色つきを確かめに(その3) | トップページ | 奈良の正倉院展と大古事記展をみてきました。 »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ