« 【叡電】秋の花シリーズ(2014)その5 貴船口のもみじ谷 | トップページ | 京の晩秋の散歩 東山山麓のもみじ狩り(その2、黒谷さん) »

2014.11.16

京の晩秋の散歩 東山山麓のもみじ狩り(その1、将軍塚)

先週半ばから急に寒くなって、京都市内の紅葉の色つきも一気に進んだようです。

11月15日は、東山山麓の紅葉の名所をいくつか回ってきました。まずは、国宝「青不動」のご開帳で賑わう、将軍塚の青蓮院青龍殿にお参りします。
*
2014111_syogunzuka01
修理中の知恩院山門前です。お寺の山号として額にも書かれた背後の華頂山の山頂が将軍塚です。標高215m、ハイキングコースを20分ほどで登れます。
*
2014111_syogunzuka03
登山道は自動車道を含めていくつもあるのですが、円山公園から登ることにします。坂本龍馬と中岡慎太郎像を見て、
*
2014111_syogunzuka04
建礼門院のゆかりのお寺、長楽寺の参道脇から山道に入ります。
*
2014111_syogunzuka06
15分ほどで、山頂の青蓮院門跡飛地境内に着きました。去年まではひなびた山寺といった感じでしたが、改修工事が終わって、見違えるほど立派できれいになりました。
*
2014111_syogunzuka07
前庭のもみじも綺麗に色付いています。バックの大日堂の壁も塗りなおされたのか真っ白ですねぇ。

受付の方に「立派になりましたねぇ」と、というと、「中はもっとすごいですよ」と、誇らしげなお返事。期待しながら中に入ります。
*
2014111_syogunzuka16
内庭に入ると、ここも整備されて国宝の不動明王をお奉りする青龍殿が建てられています。

お堂は、もと市内にあった木造大建造物の武道場を移築した外陣と不動様をお奉りし祈祷をおこなう内陣・奥殿に分かれています。

奥に奉られたお不動さま、やっぱり巨大です。高さ2m、幅1.5mほどだそうですけど、もっと大きくみえます。平安時代の作で、ざっと一千年は経っているはずなのに、今も真っ赤な紅蓮の炎に包まれ、真っ青な肌をむき出しにして、剣と縄を持ち、二童子を従えた姿で、こちらを睨まれています。

ちょうど11時からの護摩祈祷が始まるので参列させてもらいます。東伏見慈晃門主みずからが導師を勤められ、般若心経が唱えられる中、お不動様の前に高々と炎が上がりました。

法要のあと、門主さまよりこの青龍殿の建立にいたるいきさつなどのお話がありました。皇族の血筋ながらもと銀行マンの異色の経歴をお持ちの和尚様はなかなかやり手とお見受けしました。

写真は、参拝記念にいただいた不動様の散華です。
*
2014111_syogunzuka08_2
不動さまを拝んだあとは、裏手の大舞台に移動します。清水の舞台より広い、ちょっとした児童公園くらいの広さがあり、最前端は空中に張り出しています。

ここへ出た来た人は、みんな一様に「ひろ~い、おおきい」と口にしますね。(写真は、クリックするとすこし拡大します)
*
2014111_syogunzuka09
市内を一望! と、言いたいところですが、東山に遮られて南方面(五条通以南)は見えません。

写真は北西方向を見たところで、手前から鴨川の流れ、京都御所、船岡山と左大文字の衣笠山、そして丹波方面への山並みが写っています。
*
2014111_syogunzuka10
もとからあった展望台からお庭をながめたところです。このお庭は春のサクラの季節が見どころでしたが、改装時に楓もたくさん植え込んで、紅葉の名所にもなったみたいです。
*
2014111_syogunzuka11
将軍塚は、その昔、桓武天皇が都の鎮護のため巨大な武人像を埋めさせたという伝説に由来します。
*
2014111_syogunzuka12
石組みをたくみに使ったお庭。灰白色の石にもみじが映えます。
*
2014111_syogunzuka13
石仏さま。 お庭がきれいになりすぎて、なにか戸惑っておられるようにも見えました
*
2014111_syogunzuka14
以前は、お庭をかってに行き来できたのですが、今回は一方通行になっていて、いつのまにか出口に来てしまいました(^^ゞ

もう次のバスが着いて、大勢の参拝者がやってきています。もうちょっと見たいような気もしましたが、次の方に場所を譲って門を出ます。
*
2014111_syogunzuka15
山門を出て行く赤いバスと見送るお寺の方の青い法衣.....

絵になる一瞬を切り取れました
*
(続く) (次回は、黒谷さんの紅葉を見に行きます)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 【叡電】秋の花シリーズ(2014)その5 貴船口のもみじ谷 | トップページ | 京の晩秋の散歩 東山山麓のもみじ狩り(その2、黒谷さん) »

コメント

大舞台からの景色、キレイです~
広い場所ですね、是非一度行ってみたいなぁo(*^▽^*)o

こんにちは。

青龍殿のお堂のお不動さま、迫力ありそうですね。

あと、展望台からの景色と、最後の紅葉の写真、良い感じですね。

ここは、京都在住の方に車で連れて行っていただいた所です。
随分きれいになっているのですね
紅葉の時期ではありませんでしたが、まさに下界の眺めを
堪能したことを思い出しました

>> ナビさんへ

特別公開は、12月23日までです。

車で行かれるのでしたから、夕刻からのライトアップの時間帯をお勧めします。
かなり寒いかもしれないので、着込んでいったほうがいいかも。
茶店はありましたが、夜は店じまいしてるかもしれないので、温かい
飲み物持参もいいかもです。京都の夜景をみながら、コーヒーブレイク

>> 京阪快急3000さんへ

こんにちは。

国宝のお不動様の絵を間近でみられるチャンスはなかなかありません。
ぜひ、京阪快急さんも、ご自身の目で、仏様と眼下の景色を確かめて
みてください。

行かれるのでしたら、青蓮院の駐車場からシャトルバスがでて
います。京阪三条駅から歩いていっても、30~40分で
着くでしょう。軽い運動にもってこいの散歩道ですよ。

>> ターコイズさんへ

こんにちは。

将軍塚は、いかれたことがあるのですね。

京都へはじめて来られた方をここへお連れして、二条城は、金閣寺は、嵐山は、
比叡山・大原は、.....
と、方向をしめしてから、興味をもたれたところへ連れて行ってさしあげる
ハイヤーの運転手さんがおられるそうです。

たぶん、ターコイズさんが行かれたときは、展望台以外、あまり見る物のない(失礼)
山寺だったと思いますが、いまは見違えるほどきれいになりました。

一度、くまモンがこの大舞台で体操してるとこを見てみたいなぁ

京都の紅葉はほんとに赤いね。
今日、高尾山に行きましたが、うーん。
こっちのモミジはあんまり赤くないね。
黄葉は綺麗だったけど。

今回もみごとな景色を堪能させていただきました。
特に、
長楽寺の参道脇から山道に入るところの写真と、
石の庭の、灰白色の石にもみじが見事なコントラストの写真が好きです。

なかっちょさん秋をたっぷり堪能しておられますね☆

足のマメ、痛いでしょう。お大事にしてくださいね☆

>> 笠井君へ

こんにちは。

まあ、色合いのよい枝ばかり選んで写しているのと、町なかの木は
たいがい庭木として、真っ赤になるように品種改良されてる
からでしょう。

京都でも、山に生えてる自然のカエデの木は、やっぱり黄色や茶色
のが多いですよ。

高尾山は、とうとう登らなかったなあ。ケーブル乗り場までは行ったけど
あまりに混んでて引き返しました(^^)

>> ホシノさんへ

こんにちは。
気に入っていただいて良かったです。

長楽寺の参道は、灯籠と石畳と竹の塀が山門に向って一点収束の遠近法
みたいになってる中を、お庭から塀越しにカエデが垂れ下がって、
おもしろい構図になりました。

石庭のほうも、展望台から良いところのめぼしを付けておいて、
それなりに、石と樹のバランスに気を配ってます。

最近やっと、あちこち見てあるいた絵画や工芸作品の、作家さんのデッサン力の
幾分かですが、ファンダーのキャンバスに生かせられる様に
なってきました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京の晩秋の散歩 東山山麓のもみじ狩り(その1、将軍塚):

« 【叡電】秋の花シリーズ(2014)その5 貴船口のもみじ谷 | トップページ | 京の晩秋の散歩 東山山麓のもみじ狩り(その2、黒谷さん) »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ