« 京の晩秋の散歩 東山山麓のもみじ狩り(その7、今熊野観音寺) | トップページ | 京の晩秋の散歩 比叡山麓のもみじ狩り(その1、修学院・上高野) »

2014.12.01

京の晩秋の散歩 東山山麓のもみじ狩り(その8、智積院)

もう一週間たってしまいましたが、もみじ3連休の話題も最後になります。

泉涌寺の今熊野観音寺をでて、東山七条の智積院へに向います。歩いて15分くらいです。
*
2014114chisyakuin01
ここは、6月の青葉祭りに参って以来です。そのときつぼみを膨らませていたキキョウの花は、もう咲ききって茶色くしおれ、名物の裏山のアジサイ苑も、枝を切り払われて根元のカブだけになり、見る影もありません。

でも、青葉祭りで主役を張った(笑)、もみじ林は、また赤に黄色に色着いて、今年2回目の主役をみこどに演じてくれています。
*
2014114chisyakuin02
本堂の五色幕。ちょっと白飛びして色合いが悪く写ったのが残念
*
2014114chisyakuin03
大師堂に向います。 紅葉と常盤木のコントラストがいいですねぇ。
*
2014114chisyakuin04
階段を登りつめて、反対から見たところです。まるで羊の角のようなりっぱな灯籠の笠。
*
2014114chisyakuin05
さらに山道をのぼって、密厳堂へ。ここまでくる観光客はすくなく、
静けさをひとり占め
*
2014114chisyakuin06
また階段を降りて、カンカン照りの中をアジサイとハスの花を撮りまくった夏祭りの日を思い出しながら、本堂前にひろがるもみじ林に戻ります。

この付近は、観光客でいっぱい。ひとの途切れるのをまって鐘撞堂を一枚
*
2014114chisyakuin09
この前庭は、昭和の終わりごろに整備されたので、近代的なたたずまいですが、ぼちぼち30年ほどたって、よい雰囲気になってます。

比較的人出が少なく写しやすいので、私のように、カメラを片手にベストショットを狙っておられる方もたくさん見かけます。
*
2014114chisyakuin07
杉苔と散り紅葉。いつどこで見てもいい情景です。
*
2014114chisyakuin08
この写真を撮った日から一週間が過ぎ、雨降りもあって、今のお庭は一面の落ち葉の絨毯かもしれません
*
2014114chisyakuin10
人は多かったですが、それなりに成果もあり、楽しかった東山散策でした。

次は、冬枯れの時期に訪ねてみましょう。
*
(続く) (次回は、地元、洛北の紅葉を歩きます)
*
Honmachi56
(おまけ)

京阪七条駅にもどる途中に、本町跨線橋へ寄りました。今熊野陸橋のところで、亀山へ戻るDD51牽引のキハ120の甲種回送を見たのですが、とっさで写真を撮れずに

その代わり、続けてきた現役最古参(昭和48年生の41歳)の
EF66-21の引く、5070レを撮影できました。ラッキー

貨車のうしろには、117系と113系が併走して、国鉄時代です。甲種に66、どうりで「鉄」ちゃんカメラマンもたくさんいたわけだ(笑)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 京の晩秋の散歩 東山山麓のもみじ狩り(その7、今熊野観音寺) | トップページ | 京の晩秋の散歩 比叡山麓のもみじ狩り(その1、修学院・上高野) »

コメント

おはようございます。

今年の紅葉は、どこも綺麗で素晴らしかったようですね。

自分も昨日(先月の30日)に、京阪の「鴨東線開通25周年1日乗車券」が
手元にあったのに気づき、京阪、叡電と乗り継いで八瀬の方まで
紅葉を見に行ってきましたよ。

30分ほどの散策で、いろいろな紅葉の写真が撮れましたよ(もちろん、叡電も)。
行って良かったです(^^)。

最後の写真、まさに「旧国鉄トリオ」ですね。
どのくらい「撮り鉄さん」がいたのですか?

>> 京阪快急3000さんへ

おはようございます。

昨日は、11月のもみじシーズンを締めくくるのにふさわしい行楽日和
でしたね。関西ではすこしピークを過ぎた感じですが、どこもいっぱいの
ひとでした。

本町跨線橋には、たまたま通りかがった人もいれて10数人は
いましたね。国鉄トリオは偶然かもしれませんが、その前に通過した
甲種回送を狙っていたんでしょう。

今回も素晴らしい紅葉を拝見させていただきました。

大師堂にむかう1枚。紅葉の鮮やかな赤とまばゆい緑のコントラストが見事☆
素敵な1枚ですね。
まるでアートのような
杉苔と散り紅葉がとても好きです。

密厳堂の写真良かったです。
杉苔と散り紅葉、幻想的で良かったです。
EF66久しぶりりお目にかかれ懐かしい思いでいっぱいです。
後ろの、新快速?も久しぶりに見せて頂きました。
京都では、今でも走っているのですね。
姫路では、もうお目にかかることはありません。
時代は変わりました。
また、美しい写真楽しみにしています!

>なかっちょさんへ
恥ずかしながら、ブログに東福寺写真投稿しました!
ご批評よろしくお願いいたします!

きれいだね~~
紅葉のついでに 鉄男君 (´,_ゝ`)プッ
撮り損ねたのは残念ですね

>> ホシノさんへ

こんにちは。

このお寺は、最近までなぜか敬遠(笑)してて、お参りしてこなかったんですが
夏に、アジサイやキキョウを写した時、すばらしい楓の林に気がついて、
晩秋になって、再訪しました。

ここのお庭は、末寺のお坊さんや信者さんが、交代で手入されてて、いつも
非常に見栄え良く保たれています。

大師堂の参道の階段は、たまたま女の人が通りかかってくれて、画面に
動きがでて良かったです。

>> 播州太郎さんへ

こんにちは。
密厳堂は、このお寺のいちばん奥まったところにあるので、法要のある
とき以外は、静かなたたずまいです。

「あっ! ここは絵になる。」と、こころの中で叫びました(^^)
何とか、思い通りの構図になって、ホッとしてます。

播州太郎さんも、鉄道に興味がおありなんですね。EF65やEF66も
いくらでも走っていたのに、非常に本数が減りました。
117系の新快速も、大阪から姫路方面には行かなくなって、おもに湖西線
や草津線で使われているようです。

東福寺のお写真を拝見いたしました。
すばらしい作品ばかりですねえ。まえに偉そうなことを書いてすみませんでした。
こちらこそ、参考にさせていただきたいくらいです。

>> 音姫さんへ

なんか「鉄男君がいっぱいいるなぁ。」と思って、
「何か走りますか?」と、声をかけようと思った矢先に、
通り過ぎられてしまいました。

今回は、に集中しすきで、の情報を
仕込むのをすっかり忘れてました

でも、これで終わりではなくて、すぎに第2弾をゲット
できたのは、まだ悪運が尽きてなかったらしい

京都の紅葉、さすがに素晴らしいですね~
いつも大好きな京都の景色、情報を楽しく拝見させて頂き
ありがとうございました。
また、私の駄ブログにいつもコメントを頂いて有難うございました。
しばらくコチラに訪問させて頂くことができず残念ですが
また、なかっちょさんのブログを楽しみに
出来るだけ早く復帰したいと思います。
来年も宜しくお願いいたします。m(_ _)m

>> 風さんへ

こんにちは。

下手な写真ばかりで、失礼致しました。すこしでも気に入っていただけたら
幸いです。

急に寒くなってきました。
ゆっくり養生されて、またすばらしいお写真を拝見できる日を楽しみにしております。
お大事に。

>なかっちょさんへ
ありがとうございます!
なっかちょさんの写真のようなハッキリとした鮮やかな色彩がどうしても出ません。
カメラのせいにするには早すぎですよね。
ピントももっときっちりできないかと思っています。
先日のアドバイス本当に嬉しかったです!
本当に撮り始めて日が浅いので、
もっと試行錯誤してみます。
寒くなります、お元気で。

>なかっちょさんへ
鉄道ですが、本当は大好きでした!
条件さへそろえば、達道マニアになれたかもしれませんが、
何に着けても中途半端で今に至っています。
写真も大好きだったのですが、フィルムカメラからデジタルに変わり、
まったく遠ざかっていまして、やっと念願叶い、本当に最近撮り始めたところです。

子どもの頃、山陽本線の近くに住んでいまして、
新幹線もない時代ですので、
1分と待たず、警報機が鳴ったものです。
貨物列車、普通電車、普通列車、急行、特急、コンテナ列車、自動車運搬専用列車、ブルートレイン等々、
本当にバラエティー豊かな色んな列車がひっきりなし走り抜けていきました。
今となっては、国鉄が懐かしい限りです。
播但線に至っては、まだ蒸気機関車が重連で走っていました。
年がばれますよね!
黄色いヘルメットをかぶった国鉄保線職員が、線路交換の時に、
皆で歌を歌いながら交換している様子を見た事もあります。
けったいな人らやなと思っていたのですが、
今となっては、貴重な体験でした。
○○系電車という類は、殆ど分からないのですが、
こんな話ならたくさん覚えています。
どうぞまたお付き合いください。

>> 播州太郎さんへ

こんにちは。

私の写真が鮮やかに見えるのは、たぶん画像ソフトで調整しているからだと
思います。仕事柄、HPに貼る写真なども扱ってますので。

撮った人間の腕よりは、最近の高性能のカメラやソフトに助てもらっている
というところですね(^^ゞ

それと、最近はネットでプロやハイアマチュアのかたのすばらしい作品も簡単に
参考にできるようになったのも、ありがたいです。

話は変わりますが、

おそらく1970年代頃の姫路駅付近の国鉄時代の様子。懐かしいですねぇ。
京都駅付近も、こんな感じでした。奈良線や山陰線には、まだSLが活躍
してましたね。梅小路SL館も、まだ現役の機関区でした。

今思えば、もっと写真をとっておけばよかったですが、当時はカメラもフィルムも
高くて、なかなか枚数を稼げなかったのが残念です。

わたしも、デジカメ時代になって、また写真をはじめました。最近やっと、
ひと様にお見せしても、はずかしくならない出来になってきたかなぁ
と、いうところです。

まだ、もうすこし紅葉の写真が残ってますので、よろしければお立ち寄り下さい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京の晩秋の散歩 東山山麓のもみじ狩り(その8、智積院):

« 京の晩秋の散歩 東山山麓のもみじ狩り(その7、今熊野観音寺) | トップページ | 京の晩秋の散歩 比叡山麓のもみじ狩り(その1、修学院・上高野) »

フォト
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ