« 京の師走の散歩 家庭裁判所の一般公開を見学 | トップページ | 線路際のピンぼけ写真館は10周年を迎えました。 »

2014.12.11

京の師走の散歩 ふたたび真如堂へ

12月7日は、前日よりすこしは寒さが和らいだので、市内中心部までブラブラ出歩いてみました。
*
201412shinnyodo01
特に、どこへ行くというあてもなく歩き、いつしか真如堂の境内にやってきました。

ここ数年の12月の第一週末では、まだまだ散りもみじが境内を埋めて、多くの参拝者でにぎわっているところですが、今年は早く見ごろになったためか、もう完全に楓樹は葉を落として、植木屋さんが落ち葉を集めて袋詰めしてるばかりです。

3週間ほど前に来た時は、赤に朱色に彩られていた境内も、もうモノトーンの世界です。

参拝者もちらほらになり、奥の楓林に残った赤みに、初冬の風情を求めるカメラマンがうろうろしてるのだけが目に付きます。
まあ、わたしもそのひとりなんですが
*
201412shinnyodo02
「何んないかいなぁ?」と、ウロウロしてるとあじさい苑にひと株だけ花をつけてるのを見つけました。
しかも、誰かの小細工(失礼)かもしれませんが、枯れ葉がのってます。

面白いので一枚
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 京の師走の散歩 家庭裁判所の一般公開を見学 | トップページ | 線路際のピンぼけ写真館は10周年を迎えました。 »

コメント

なんて健気なあじさいでしょう。
あじさいは長く花をつけてそのままドライフラワーのように茶色くなっていたりしますが
このあじさいは
季節を間違えて咲いたのでしょうか。
1枚目も構図もとても上手ですね。
ほのかな色彩とバックのモノトーンが素敵。

>なかっちょさんへ
紫陽花まだありましたか。
ホシノさんの言う通り、花をつけたままドライフラワーになっていきますものね。
小細工っていろいろありますよね。
綺麗に写真に収めるために、わざわざ霧吹きで濡らすなんて事もすると聞いた事があります。
ドラマティックな秋の様そうの後、さて、冬の美しさをどう撮影するのか?
なかっちょさん!楽しみにしています(@_@)!

>> ホシノさんへ

急に寒くなったり、また暖かくなったりしたので、梅雨時とまちがえて
咲いたんでしょうね。いちめん枯れ葉色なのに、ここだけ色がありました。

三重塔は、真向かいに休憩所があって、ここのベンチに腰をかけて
写真を撮ると、だれでもきれいにとれるようになっているんですよ。
記念撮影スポットですね

>> 播州太郎さんへ

こんにちは。

お花の上のは、偶然にしては出来すぎてるので、取り除いて
写そうかとも思いましたが、あそび心に感じて、そのまま写して見ました。

冬場は、雪景色や年末年始の華やかさをのぞくと、なかなか写したいもの
を見つけにくいですね。

寒いですが、家でゴロゴロせずに、ネタを探して歩き回りたいと思ってます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京の師走の散歩 ふたたび真如堂へ:

« 京の師走の散歩 家庭裁判所の一般公開を見学 | トップページ | 線路際のピンぼけ写真館は10周年を迎えました。 »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ