« 京の晩秋の散歩 比叡山麓のもみじ狩り(その2、八瀬) | トップページ | 京の晩秋の散歩 嵯峨野のかかしコンクール »

2014.12.06

京の晩秋の散歩 比叡山麓のもみじ狩り(その3、円通寺)

12月に入って、一気に寒くなってきました。街路樹もどんどん葉を落として、通路を埋め尽くしてます。

洛北の晩秋の散歩の締めくくりは、名庭園、円通寺の借景の庭を訪ねます。
*
201111hataeda01
八瀬から、バスと徒歩で、一気に岩倉幡枝町へ移動します。

有名なところは行かないつもりでしたが(笑)、円通寺(正しくは、圓通寺と書きます)の借景の比叡山が夕日に照らされるのは押さえておきたかったのです。

バス停を降りたところで、ひと筋道を間違って小山の上に上がってしまいました。そこにひとつお寺を見つけました。専修寺と書かれています。門前の生垣を突き破って、真っ赤なもみじが顔を出しているのが面白いので入って見ました。
*
201111hataeda02
そこには、こんな思いもかけない情景がありました。

岩倉は知られざる石仏の里で、道端などにちいさなお堂を作って、何体もの石仏さまが並んでおられるのを見かけますが、ここもそのひとつでした。

屋根に落ち葉がたまって、日本昔話の世界みたいですね。
*
201111hataeda03
歩きだからこそ、見つけられた情景ですが、きっとお地蔵様が写してほしくて、わざと道を間違えさせたのだと思ってます
*
201111hataeda04
今度は、間違えずに歩いて、無事に円通寺に着きました。八瀬では曇りがちで気をもんでいたのですが、岩倉では晴れました。ラッキー!!
*
201111hataeda05
順番に前に進んで、まずは石庭と真っ赤なもみじを。続いて....
*
201111hataeda06
すこし霞んでますが、夕日を浴びる比叡山です。
*
201111hataeda07
山に露出をあわすと、庭は黒くつぶれ、庭にあわすと、山は逆に白飛び と、なかなか納得のいく色合いにならず4時半の閉門まで1時間ちかくも粘りました(^^ゞ

でも、1時間以上は座ってるらしいかたも何人も居られます。借景のお庭は、本来、自然の移ろいをじっと座って楽しむものなんでしょうね。
*
201411umabashi01
最後に、家の近所から見た比叡山と高野川の桜もみじを。
この馬橋の上からが一番きれいに見えるように思います。
*
201411umabashi02
円通寺のある岩倉の里山(中ほど)と水井山・横高山(大原の里山)
*
201411umabashi03
ひとつ上の写真の手前の森の夕焼けです。
もみじ3連休は、無事に終わりました。3日間とも晴れで良かったです。

次回は、晩秋の散歩の最終回、嵯峨野めぐりです。
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 京の晩秋の散歩 比叡山麓のもみじ狩り(その2、八瀬) | トップページ | 京の晩秋の散歩 嵯峨野のかかしコンクール »

コメント

>なかっちょさんへ
ブラボー!
さすが、なかちょさん!
見事なものですね!
紅色が素敵ですね!
石仏とのコントラスト最高!
粘った甲斐ありのワンショットですね!
色んな名所に行けて羨まし限りです!
いよいよ寒くなってきましたよ~!

>> 播州太郎さんへ

こんにちは。寒くなってきましたねぇ。
この写真を撮った、11月の下旬はすこし暖かい日が続いたので、
体が気温の変化に追いつきません(^^ゞ

だいたい自然は、一年ごとに良い年とそうでない年を繰り返すようで
今年は当たり年と見込んで、円通寺に行きました。
いつもはひとのすくない朝一番に撮りに行くのですが、お坊さんから
「借景の庭は、夕暮れ時が一番すばらしい。」と教えてもらって、
2年越しでチャンスを待ってました。

待ったかいがありました。

播州太郎さんも、年末公演などでお忙しいですか。
口上でしゃべられる機会が多いと思いますが、風邪などひかれませんように。

円通寺のお庭大好きです。
デジカメもってから行っていないのですが、柱、樹、そして比叡山、全てを写されていて素晴らしいです。
粘られたかいがありましたね。人間の視覚って、素晴らしいと実感します。
坂道、お疲れ様でした!

>> キハ58さんへ

去年は、お寺の前まではいったのですが、あまりお庭も山も色つきが
イマイチで、結局そのまま帰りました。

今年は、リベンジできて良かったです。
時間を気にせず、いつでも好きなときに行けるところにこんな名園が
いっぱいあるところに住んでるのを感謝しないといけませんね。

今度は、雪が降った朝に行きたいところですが、うまく休みの日に
降ってくれるかなぁ

何体もの石仏さまが並んでいるお写真、
紅葉の赤と石仏さまの赤いよだれかけの色彩のハーモニーが
素敵ですね。
暗い室内と色彩豊かなお庭との対比が浮世絵の手法のように美しい
お写真も印象的です。
すばらしい夕日も、こんなすてきな瞬間にめぐりあえた喜びに
感謝したくなりますね。

>> ホシノさんへ

こんにちは。
石仏さまのお寺は、いままで気がつかなかったのが不思議なくらいです。
まだまだ身近なところにも、「あなたの知らない世界」が
待っててくれているという証拠ですね。
これからも、いろいろと発見していきたいと思います。

円通寺のお座敷とお庭の対比は、いわゆる「額縁」と入れる手法で
これを使うと、ちょっとプロ写真家にでもなったような気分が味わえます
ただし、素人の悲しさで、この2・3枚をものにするのに、ずいぶんと
手間と時間がかかりました。

それでも、2年越しでナットクの写真が撮れてうれしかったです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京の晩秋の散歩 比叡山麓のもみじ狩り(その3、円通寺):

« 京の晩秋の散歩 比叡山麓のもみじ狩り(その2、八瀬) | トップページ | 京の晩秋の散歩 嵯峨野のかかしコンクール »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ