« 唐櫃越から竹の径を散策してきました。(後編) | トップページ | 【京都市電】ダブル成人式(^^)(40年前)の烏丸線 »

2015.01.30

京の冬の散歩 夕暮れの下鴨神社参道

17,18日は風もなく、絶好の散歩日和でしたが、お腹の風邪(ウィルス性胃腸炎)でダウンしてしまい、土曜日は一日寝込んでました。日曜には平熱になりましたが、午後までは家でゆっくりして、夕方に近くの下鴨神社へちょっとだけ散歩に行ってきました。
*
201501shimogamo01
冬場は、5時閉門のはずなのに4時半をすぎてもまだまだ大勢のお参りです。

すこし前までは、初詣やお祭りの時期を除いては、お参りの人もチラホラで、「いくら千数百年の由緒あるお宮さんといっても、下鴨村の鎮守さまやないの」
と、いうのが地元民の受け止め方でした。

それが、世界遺産に登録され、縁結びとか美人になれるとかのパワー・スポットとして喧伝され、やれ方丈記の800年とか、第34回遷宮とか、急にマスコミでも取り上げられ、人気急上昇になりました。
*
201501shimogamo02
これは、昨年の秋にちかくの京都造形芸大の学生さんによって作成奉納された「八咫烏(やたがらす)」のオブジェです。夜になると行灯のように火を入れて光らせることができるそうです。

三本足のカラスは、今ではサッカーチームのシンボルマークのように思われてますが(笑)、下鴨神社では、祭神の賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)の化身とされています。

それにしても、「カラス=黒い」という先入観を打ち破った、極彩色の極楽鳥のようなデザインには、驚かされますね
*
201501shimogamo03
こちらは、パワースポットに掛けられた色とりどりの色紙。お願い事が書かれてあるようなので、読めないようにボカしてます(^^)

これだけたくさんあると、神様も読まれるだけでも大変では
*
201501shimogamo04
ふたば葵の提灯に火が入りました。急に糺の森も静かになったように感じます。
*
201501shimogamo05
御手洗川(みたらしがわ)の鴨のつがい。

橋の上に立つと、エサをねだって寄ってきました

ゴメンネ何ももってないんだよm(__)m
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 唐櫃越から竹の径を散策してきました。(後編) | トップページ | 【京都市電】ダブル成人式(^^)(40年前)の烏丸線 »

コメント

胃腸風邪ですか・・・
体力おちてる時にお出掛けしたら インフルもらいますよ
もう大丈夫かな(^_^;)

カラフルなやたがらす すごいね
御手洗川の鴨は ねぎ背負ってない? ( ´艸`)プププ

>なかっちょさんへ
こんばんは。
八咫烏、熊野本宮にもありましたよ。
サムライジャパンのユニフォームと共に。
でも、下賀茂神社は確かに、
上賀茂神社と違い、
何か民衆というか庶民というか、
そんな雰囲気と勢い、思い、
が集積している!
と感じる神社でしたね。
人々が集まるのも当然かな、
と思ったものでした。

こんばんは~
八咫烏のオブジェ、すばらしいですね
迫力があって素敵です
きっと、行灯のように火の入った八咫烏も
幻想的でしょうね~見てみたい気がします(* ̄ー ̄*)ふふふっ

>> 音姫さんへ

こんばんは。

下痢に発熱が来たときは、「いよいよインフルか」ってあわてて
お医者さんへ行きましたけど、「お腹のかぜ。家で寝とき
のひと言でお仕舞い。

鴨神社のお使い(?)のカモを食べたら罰が当たりますよ(^.^)

>> 播州太郎さんへ

こんばんは。

たしかに、下鴨神社のほうが、町なかにあって庶民的かもしれませんね。
江戸時代から明治の頃までは、糺の森は四条川原とならぶ京都の町衆の
行楽地で、今も残る下鴨茶寮をはじめとする料理屋さんや茶店が
並んでいたそうです。

おそらく、見世物小屋もあって、参拝者に芸をみせていたのでしょう。

その跡地は、明治になって松竹の映画撮影所になりました。ここでは
たくさんのチャンバラ映画や喜劇映画が作成されたと聞きます。

今は、静かな高級住宅街の印象の下鴨地区ですが、昔は庶民の熱気で
熱かったみたいですねぇ。

>> mik さんへ

こんばんは。

八咫烏のオブジェに灯がともらないかと、しばらく待ってたんですけど
普通の日は、点さないみたいですね。

夜間拝観のあるときを狙って行ってみます。

こういう人出。
あった方がいいんでしようか。

回復なされてなによりです。

いろとりどりのお願い事。
こうして見るときれいですね~
巫女さんの衣裳の色彩にハッとします。

なかっちょさんに寄ってくるつがいの鴨も
かわいらしいです

>> 笠井君へ

まあ、例えは悪いけど、
「イワシの頭も信心から」
ともいうしねぇ(^.^)

>> ホシノさんへ

こんにちは。
もうぜんぜん大丈夫です。

下鴨神社に限りませんが、神社の朱色と白とちょっと緑のお社は
カラフルですね。
モノトーンなお寺と好対照です。

こんばんは。
体調はいかがですか?
お話にあった下鴨神社ですね・・世界遺産に登録されるほどの
立派な神社ですね・・八咫烏のオブジェも素敵ですね。
八咫烏のオブジェに火を入れられたら、どの様な感じなのでしょう。(火の鳥みたいですかね) 火が入った八咫烏も見てみたいです。
貴重な写真をありがとうです。

>> クミリンさんへ

こんばんは。お気づかいありがとうございます。もう大丈夫です。

下鴨神社は、町なかにもかかわらず非常に大きなお宮さまです。
参道の一の鳥居から本殿まで10分は歩きますね。(バス停ふたつ分くらい)

火の入った「八咫烏の行灯」の写真は、探してみましたけど見つかりません
でした。でもきっと火の鳥のような幻想的な姿を見せてくれるんで
しょうねぇ。

京都は、今夜は雪になりました。明日は雪見撮影が出来るかも
しれません(^.^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京の冬の散歩 夕暮れの下鴨神社参道:

« 唐櫃越から竹の径を散策してきました。(後編) | トップページ | 【京都市電】ダブル成人式(^^)(40年前)の烏丸線 »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ