« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月に作成された記事

2015.02.26

成安大日本画展と京造大写真展を見る & 個展開催のお知らせ

京都の寺町三条商店街付近には、ギャラリーや博物館などがたくさんあるので、フラっと気に入った展示を見に立ち寄ってます。

その中から2つ紹介します。
*
201502sotuten13
ひとつ目は、成安造形大日本画コースの女の子の3人展「たどる」です。

三人とも、なかなかシックな色使いで、ユニークなモチーフ、たとえば「石ころ」とか「椰子の樹の根っこ」とか「ミジンコ」とか(笑) を絵にしてます。

でも、対象はよく捉えられてデッサンもしっかりしてるし、やや暗めのトーンながら陰鬱にはならずカラッと仕上げていて、個人的には好みの作品でした。

ポートフォリオを見せてもらいながら、いろいろと話をしているうちに、長居してしまいました(^^ゞ
*
201502sotuten14
ふたつ目は、京造の銀塩写真倶楽部の展示です。
その名のとおり、銀塩(フィルム)写真にこだわった作品展です。しかも学生さんではなく、社会人として通信教育で写真を学んだ方々のOB展で、職業も住所もバラバラなのだとか。

このデジタル全盛時代にあえてフィルム写真を追求するには、ある程度のお金が掛かります。作家さんにそのことをいうと「もう趣味を通り越して道楽ですワハハ」との答えが。

でも、フィルムの暖かみのある発色は、やっぱりいいですねぇ。「昭和の色」とでもいいましょうか。

管理人は、貧乏人なので(笑)、アンチークカメラもコダクロームも使う余裕がありませんが、せめて画像フソトでは、フィルム時代の発色に似せて現像するように調整してます。

前にも書きましたが、埃かぶってる親父のカメラをオーバーホールして、トライ-Xでも入れて、SLか田舎電車でも撮影したいなぁ。
*
Line01
*
ここからは、これから開催予定の個展のお知らせです。

個人的にネット友達の作家さんが大阪で3月上旬に個展を開かれます。DMを頂きましたので、転載して宣伝させてもらいます。

牧田さんは、日本画の技法を使い、抑えた色使いでちょっと陰鬱な表情の女性を多く描かれています。

橘ぽんさんとjaccさんは、『色をテーマに、描きました。 初めての二人展。それぞれが描く色をお楽しみください。』とのメッセージを寄せられてます。

ギャラリーへの行き方など、詳しいことはHPをご覧ください。ご来場をお待ちしてます。特に関西在住の絵のお好きな方、よろしく
*
Makita01_2
☆☆☆  牧田紗季 個展「耳鳴りの間」 ☆☆☆

会期 3月6日(金)~10日(火)
   13:00~20:00  ※最終日は18:00まで

会場 アートスペース 亜蛮人
〒556-0005 大阪府大阪市浪速区日本橋4-17-15
Tel.090-8209-7868
http://www.aband.jp/
*
Tachibana01
☆☆ 橘ぽん&jacc 二人展「色物辞展(しょくぶつじてん)」 ☆☆

会期 3月8日(日)~14日(土)
   12:0~19:00 ※最終日は16:00まで ※水曜休廊

会場 ギャラリーそら
〒542-0012 大阪市中央区谷町6丁目4-28
Tel.06-6767-4006
http://www.art-sora.com/
*
(次回は、歩こう会ネタの予定)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.02.25

京都精華大 卒業・進級展2015 (人文学卒展・銅版画進級展)

京都精華大の卒業・進級展示「セイカウィーク2015」を見てきました。

岡崎から川端二条のギャラリー「UNITE’」で開催の版画コース銅版画ゼミ3回生の進級展「伏線」へ移動します。
*
201502sotuten11
前に、五条新町のつくるビルでやってた「知らない都市」の当番をやってた学生さんから招待されてやってきました。

あまり銅版画のことは知らないので、作品のモチーフや作成中のエピソードなどを教えてもらいながら見てきました。
*
201502sotuten06
招待してくれた男子学生さんの作品。「CompositionVI」

単純にみえて、線の太さや重なり具合を非常に計算されて彫られているのでしょう。
*
201502sotuten05
これは、在廊当番の女子学生さんの作品です。

「何に見えますか?」と聞かれて、「イルカかクジラですか?」と答えました。

じつは、人間の太ももなんだそうです 銅版画の作品はあまり見たことがないので良く知らないのですが、面白く感じました。

ほかにも、ゼミ生と指導の先生の作品が展示してありました。カフェギャラリーで、お茶しながら美術鑑賞できます。また別の展示会にも足を運んで見たくなりました。
詳しくは、ギャラリーのHPへ http://www.unite-kyoto.jp/
*
201502sotuten12
川端二条から四条烏丸までバスで移動して、Kara-sの人文学部の卒展を見ます。

人文科学や社会科学は、管理人の専攻分野ですので、ゲージュツよりは好きだったりします。こじんまりした展示ですが、毎年面白いテーマを選んで研究発表があるので楽しみです。
*
201502sotuten07
これは「炭焼き」という展示。ただの木炭ではなく、野菜やくだもの、木の実なんかをそのままの形で炭にした飾り炭です。

左の方に写ってる折り紙を炭にしたのなんか燃えやすい紙をどうやって灰にせずに炭化できるんでしょう?

テレビでみたことはありますが、実物ははじめてみました。最初は粘土細工に見えました
*
201502sotuten08
「こんなんが、卒論になんの」と、思っちゃいますけど、いたって真面目な取り組みなのだとか。

それにしても、下着を糸に戻してまた織り上げて服に仕立てる手間には脱帽です(笑)
*
(続く) (次回は、成安造形大の日本画展と京都造形大の写真展です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.02.24

京都精華大 卒業・進級展2015 (京都市美術館)

京都精華大の卒業・進級展示「セイカウィーク2015」を見てきました。

全体の感想は、ことしの卒業生のレベルは高い! 下級生もなかなかやりよる。 と、好印象です。

作品のモチーフもシンプルなものが多くて、直球勝負! ですかね。
*
201502sotuten01
気に入った作品は、ぜんぶ紹介したいのですが、ページ数の制約もあるので、特に印象に残ったものを何点か載せときます。なお作家さんの名前は個人情報なので省略してます。
*
201502sotuten02
ススキの穂で造った「クジャク」です。白は胡粉のようなものを塗りつけてあります。

「ひとが通る風圧でも粉が飛んで、掃除が大変です」とは、当番の学生さんの弁。
*
201502sotuten04
テキスタイルの作品「蓄積」

遠目には、厚塗りの油絵みたいに見えますが、古着を染めて何着も階層的に積み重ねたもの。

洋服を立体造形のように仕上げたところに、面白さを感じます。手間かかったんでしょうねぇ
*
201502sotuten03
日本画の作品「その先に」

個人的な趣味で選んだ(笑)、電車シリーズの作品。
たぶんスケッチされたのは、下の写真の駅でしょう。ここは著名な日本画家の先生もモチーフにされてる有名な場所なんですよ。
*
201502sotuten10_2
ペイント加工写真「嵐電宇多野駅」 2014.04.04.撮影
*
(続く) (次回は、人文学部の展示です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.02.22

京の冬の散歩 北野天満宮から西陣をぶらぶら(その2)

息子の高校合格のお礼参りのあとに、ぶらぶらと西陣の街を歩いてきました。
*
201502nishijin08
北野の天神さんの北門をでて、平野神社に参ります。さすがに桜の名所だけあって、真冬でも咲く「十月桜」が満開になってます。

淡い桜色がいいですねぇ。
*
201502nishijin09
黄色のロウバイも咲いてます。ほのかに甘い香りがします。

他には、スイセンなどが咲いてました。
*
201502nishijin10
上七軒の花街を抜けて、千本釈迦堂へ。受験のためとはいえ(笑)、すこし日本史や古典に興味を持ち出した息子に、京都で一番古いとされる本堂のことや、おかめさんの伝説をひとくさり。

なかなか部活で土日も学校へいくことの多かった息子とひさしぶりにいろいろしゃべりながら男同士の散歩はいいもんですね
*
201502nishijin11
オカメ桜もシダレザクラも御衣黄桜もまだ葉っぱもでてませんが、大好きな八重椿が一輪だけ咲いてくれてました。

この花を撮り出して、もう5回目の春を迎えようとしてます。
*
201502nishijin14
本隆寺や雨宝院も回って見ましたが、まだめぼしい花は咲いてなくて、白峰神宮まで来ました。

ここは、蹴鞠の神様で、今は球技全般の技量向上祈願で有名です。JリーグやWカップの選手の奉納ボールにまじって、マンガ「キャプテン翼」の作者の奉納されたボールもありました。
*
201502nishijin13
息子が志望校を選んだ理由が、「俺は、軟式テニスがやりたいんで、京都で強いテニス部のある学校へ行きたいんや
と、いうもの

天神さんより、熱心に(^^ゞ
「レギュラーに成れます様に、インターハイに出れますように」と祈っておりました。
*
201502nishijin12
大宮五辻ふきんのとあるお家の玄関です。

お休みなのか裏返された暖簾に、青竹の花活け、お馬さんのシールの張られた郵便受けと、心憎い演出に思わずシャッターを切りました。
*
(次回は、ギャラリー巡りの続きです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.02.21

京の冬の散歩 北野天満宮から西陣をぶらぶら(その1)

皆さまのおかげを持ちまして、息子もなんとか第一志望の高校に合格することができました。

そうそうにお祝いのメッセージをいただきました方々には、改めてお礼申し上げます。

合格祈願をお願いしていた、北野の天神様にも、お礼参りに行ってきました。
*
201502nishijin03
春のような陽気の境内は、すでに進路を決めてお礼に来ている子、これから頑張る子、梅見を楽しむ人と、賑わってます。
*
201502nishijin01
まだ、紅梅・白梅とも、ちらほら咲きで、つぼみ堅しの枝も多いです。
*
201502nishijin04
梅は、桜や桃とちがって、満開よりは咲き始めのほうが、風情がありますねぇ。
*
201502nishijin05
もちろん、よく咲いている枝は華やかで良いです。
*
201502nishijin02
逆光に透かしてみました。 なかなかいいかんじ
*
201502nishijin06
回廊に吊り下げられた灯籠です。金ぴかなので、最近になって奉納されたものかと思ったら
*
201502nishijin07
なんと、幕末の年号を見つけてびっくり

ざっと、150年くらい前のものです。さすがに天神様はすごいです。
*
(続く) (さらに、お花を探して待ちを歩きます)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.02.18

【叡電】神様はじめました&幸腹グラフィティ アニメ電車 (その2)

2月15日の夕暮れから夜にかけて叡電に「アナログフィッシュ」&「大塚いちお」ライブ・トレインというイベント電車が走りました。

「神様はじめまして」のアニメコラボ電車の車内外のラッピングの詳細とあわせて写してきました。
*
721_0112
夜のアニメ・トレイン (18:32頃)

日が暮れてから、「幸腹グラフティ」号と貸切の「こもれび」号、赤きららにオレンジきららと役者が揃いましたが、手持ちではまともな写真は撮れないので、いろいろと遊んでみました。
:
721_0113
「神様はじめました」の車内のイラスト  (17:30頃) 下見で出町柳へ移動中に撮影。
*
721_0114
ちょうど警報機が真ん中に写り込んでくれました。狙った訳じゃないのに
*
903_0194
だんだんと暮れてきました。イベント列車の通過は、18:40なので、もう真っ暗でしょう。(18:00頃) 一乗寺駅
*
724_0143
あっという間に、真っ暗になりました。もう走行写真は無理ですね。
(18:10頃) 一乗寺2号踏切
*
815_0163
ダメ元で、イベント列車の回送車を撮ってみました。やっぱり駄目でした(^^ゞ (18:12頃) 修学院~一乗寺間
*
Syusyako45
モノクロ撮影が定番の「夜の車庫」 (18:15頃)

夜の運行と切り替わる時間帯なので、けっこう頻繁に入出庫があります。
*
712_77
「幸腹グラフィティ」の電車をみつめる少年。 (18:25頃) 修学院駅
*
721_0115
ふたたび1枚目の写真に戻って、「神様」の扉付近のラッピングです。 (18:32頃)

この後、鞍馬行きの定期列車、そしてライブ列車と続きました。
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.02.17

【叡電】「アナログフィッシュ」&「大塚いちお」ライブ・トレイン

2月15日の夕暮れから夜にかけて叡電に「アナログフィッシュ」&「大塚いちお」ライブ・トレインというイベント電車が走りました。

「神様はじめまして」のアニメコラボ電車の車内外のラッピングの詳細とあわせて写してきました。
*
815_0161
修学院駅に到着したライブ・トレイン。これから夜の鞍馬へ向います。
*
815_0162
定期列車の続行でしたが、修学院で時間調整で2分ほど止ってくれたので、ゆっくり撮影できました。

願わくば、ライト消して欲しかった
*
815_0164
一両目の車内の様子。
*
815_0166
二両目の車内の様子。

どちらも、ホームからも車内の♪ノリノリ の雰囲気が伝わってきました。
*
Syugakuin26
アニメ電車もいいですけど、ちょっとおとな向けのイベントはうれしいですね。

(続く)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.02.15

【叡電】神様はじめました&幸腹グラフィティ アニメ電車 (その1)

昨日(2/14)から、叡電のTVアニメコラボ電車の新バージョン、「神様はじめました」のラッピング電車が走り始めました。
*
721_0108
初日、先月から走り出してる「幸腹グラフィティ」の電車と並ぶシーンが見られました。 (元田中駅)

この写真をツイッターに投稿すると、さっそく叡電さんの公式アカウントに拾ってもらって、さらに大勢の方からRTやお気に入りをいただきました。ありがとうございますm(__)m

https://twitter.com/nakkacho901 ← フォローしてください。
*
721_0109
この後、一旦出町柳までいってコラボグッズなどを見て、再び元田中に戻って、次の並びを今度は反対側から撮影しました。

前後で、HMのデザインは違います。
:
721_0111
走ってる電車を写したのを引伸ばしてるので、ちょっと小さいですが、HMのデザインです。 (神様はじめました)
*
712_76
幸腹グラフィティ
*
721_0110
側面を写してみましたが、後ろのイラストが電柱にかかって

内部のデザインは、また次回に。
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.02.14

京の冬の散歩 ギャラリー見て歩き(その2)

こんにちは。

「芸術の秋」などといわれて、アート鑑賞は秋が良いようにいわれますが、意外と年度末を控えた2月、3月も学生さんの卒業・進級展やサークル活動の締めくくりの発表会などがあって、ギャラリーも賑わいます。

散歩の途中に見せてもらってきた展示会の感想を数行ずつですが、備忘録的に書いておきます。
*
Kyogei
京都市立芸大卒業・進級展
会場:京都市美術館
会期:2月11日~15日

市立芸大の卒展は、いままで行った事がないので、見てきました。
はっきり言って、やっぱりレベルは高かった。明治13年以来130年余りの伝統と、文化勲章受賞者や芸術院会員を輩出してきた卒業生の層の厚さはダテじゃないね。
自分のような絵のシロートにも、デッサン力、表現力の違いはすぐにわかる。1年生の作品でも、プロ並みかそれ以上の仕上がりのも並んでるし

でも、ちょっとケチつけるとすると(笑)、逆に官学のアカデミックというかトラディショナルというのか、形にはまった表現にも見受けられる。もうちょっと冒険してもええんちゃうかなぁ
*
Manga
就活のためのマンガ履歴書展 京都造形芸大マンガ学科
会場:ギャラリーミント
会期:2月10日~15日

これは、11日の朝の新聞に紹介記事が載ってたので、市立芸大展とあわせていきました。
履歴書をマンガで書く! なかなか面白い企画ですね。やっぱりこの方面で仕事を見つけるつもりなら、自分の実力をビジュアルに見せたいし、企業の担当者もマニュアル化された経歴書は見飽きてるでしょうから、お互いにメリットあるんじゃない(^^♪

会場では、学生さん2人からいろいろとアドバイスを求められまして、絵は専門ではないと断わったうえで、自分の体験談をレクチャーしてあげました。就活生さん、頑張ってくださいね。
*
Reseika
京都精華大映像インスタレーション展「Re:」
会場:元立誠小学校
会期:2月6日~11日

これは、毎年見に行ってる精華大の学生さんの進級展のひとつです。映像コースの作品なので、教室を真っ暗にしたり、薄暗くした中で光と影と音と色彩で作られた作品をいろいろと仕掛けてくれてました。光センサーに反応する仕掛けが特にお気に入りかな(^^♪

それと学生さんの下宿の部屋をそのまま持ってきたような(笑)、ごちゃごちゃした展示が面白かったなぁ。
*
Ritumei
立命館大学写真研究会 卒展
会場:ギャリエヤマシタ
会期:2月10日~15日

今や、写真といえばデジカメ万能時代ですが、半分くらいは銀塩写真(フィルム撮影)の作品でした。もうフィルムカメラを手放して7・8年になりますが、またフィルムで撮影してみたくなりました。

その中で、自分の就活の行動を通行人に頼んでインスタントカメラで写してもらった組写真を出してる女の子がいました。「すごいバイタリティやなぁ」と、感心した次第

大学の写真サークルの展示会の案内は、他にも貰ったので、また行けたら紹介します。
*
(次回は、叡電ネタの予定)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.02.12

京の冬の散歩 ギャラリー見て歩き(その1)

こんにちは。

「芸術の秋」などといわれて、アート鑑賞は秋が良いようにいわれますが、意外と年度末を控えた2月、3月も学生さんの卒業・進級展やサークル活動の締めくくりの発表会などがあって、ギャラリーも賑わいます。

散歩の途中に見せてもらってきた展示会の感想を数行ずつですが、備忘録的に書いておきます。
*
Siranai02
Siranai01
伊藤存、中村裕太個展「知らない都市」 
会場: kara-S/つくるビル
会期: 2月1日~8日 

作家のひとり中村裕太さんの展示会に、去年の夏に寄せてもらった縁でいってきました。
伊藤さんは、刺繍(写真1枚目)や立体造形を使って、中村さんはタイル片と古い絵葉書(写真2枚目)を使って、知ってるけど知らない都市を見せてくれます。 古絵葉書の写真と、現在の現地の変わりように驚かされました。
*
Rinpa
琳派400年記念「新鋭選抜展」
会場:京都文化博物館
会期:1月24日~2月8日

今年の京都観光のキーワードのひとつ「琳派400年」のオープニングイベントのひとつです。琳派といえば、和の伝統文化そのものといった感じですが、若手作家のみなさんは、和様を意識しながらも、自分の感性で多様な作品を造り上げておられます。
なかには、「これが琳派?」って、作品もありますが、じっくり鑑賞すると江戸の香りが漂ってきます

写真は、伊藤若冲の鸚鵡図とそれをイメージしてつくられた巨大オウムのバルーン
迫力ありました。
*
Usagi
もうりひとみ個展「うさぎはうたがうたいたい」
会場:同時代ギャラリー
会期:2月3日~8日

DMを写真を見れば、解説は不要(笑)ですが、底冷えの寒い日なのに、絵をみていると心の中からぽかぽか感が湧き上がってくるような展示でした。絵本の原画展です。
京都文化博物館の帰りにふらっと立ち寄ったのですが、ひとめでファンになりました。また次の個展を心待ちにしたい作家さんが増えました
*
Koheji
コヘジ(ザ・コヘジ)作品展「Koheji Ⅲ」
会場:同時代ギャラリー
会期:会期:2月3日~8日

ギャラリーのとなりの会場では、コヘジさんの展示をやってました。ポップでカラフルな筆使いは、なにか60年代のアメリカ映画をみてる感じtがしました。
どこかで見たなぁ?と、思ったら、毎日通勤で通る京阪祇園四条駅前で、即興のストリート・アートを描いてたひとでした(^^♪
*
(続く)
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.02.11

京の冬の散歩 北野天満宮の梅

息子の受験の合格祈願に北野の天神さんに参ってきました。
*
201502kitano01
境内の梅は、3分咲きといったところ。雨のためか香りもほとんどしません。
*
201502kitano02
ウシさんにも、道真公にお取次ぎ願えるように頼んどきます(^^ゞ
*
201502kitano03
本殿の白梅。

息子は、「まずは滑り止めやし」とか言ってますが、やはり真剣に頭を下げてお願いしてました。

「人事を尽くして天命を待つ」 ではありませんが、天神様、実力が出し切れるようにお願いいたしますm(__)m
*
201502kitano04
混まないうちにと、朝一番に行ったので、まだ梅園は閉まってました。

次は、満開の晴天のときに、合格のお礼参りに来たいものです。
*
201502kitano05
菅原道真没後1100年の記念植樹「雲龍梅」

(次回は、ギャラリーを見て歩きます)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.02.09

京の冬の散歩道 雪の赤山禅院の羅漢様

2月1日は、京都市内では朝のうち少しですが降雪がありました。融けないうちに、ちかくのお寺さんへ撮影に出て見ました。
*
201502syugakuin16
お隣の羅漢様も、雪に埋もれておられます。
*
201502syugakuin17
(羅)何や! おまえ、この寒いのにまた来たんか(-_-メ)

(な)お邪魔しまして、すんません m(__)m
*
201502syugakuin18
(羅)ごちゃごちゃ言うとらんと、さっさと雪かきせえ!!

(な)さっそくに(^_^)
*
201502syugakuin19
まあまあ羅漢さん、せっかく来はったんやし、そんなに怒らんと写真とらせたげと、お地蔵様が取りなしてくださいました
*
201502syugakuin20
お地蔵様のそばには、はやくも馬酔木が蕾をつけてました。

この写真の翌々日はお節分でした。もう春はそこまで来てるようです
*
(続く) (次回は、街歩きネタです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.02.08

京の冬の散歩道 雪の赤山禅院の観音様

2月1日は、京都市内では朝のうち少しですが降雪がありました。融けないうちに、ちかくのお寺さんへ撮影に出て見ました。
*
201502syugakuin08
禅華院をでて、修学院離宮の前を通って、赤山禅院に来ました。さすがに、雪の朝でもお参りの方がみえます。私のようにカメラを持ったひとも
*
201502syugakuin09
モノトーンになった境内は、静かです。お坊さんの読経の声だけが響いています。
*
201502syugakuin10
ローソクの灯りを透かして、地蔵堂から弁天堂を見ています。
寒い時は、明かりが何よりですね(^_^)
*
201502syugakuin11
寒桜も、雪に震えています。
*
201502syugakuin12
裏の三十三観音さまに回ってみました。

雪明りに青白くなって並んでおられます。
*
201502syugakuin13
三面六臂の観音様

一心に何を祈っておられるのでしょう。
*
201502syugakuin14
十一面観音様

雪の衣が、意外とお似合いです(^^)
*
201502syugakuin15
(続く)
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.02.06

京の冬の散歩道 洛北の小さな禅寺の雪のお庭

2月1日は、京都市内では朝のうち少しですが降雪がありました。融けないうちに、ちかくのお寺さんへ撮影に出て見ました。
*
201502syugakuin01
向ったのは、毎度おなじみ(笑)の、禅華院と赤山禅院です。修学院離宮の中茶屋と上茶屋をむすぶ回廊も雪に埋もれてます。

かろうじて背後の修学院山は山頂まで見えてますが、比叡山は雪雲にとざされてぜんぜん見えません。
:
201502syugakuin02
お寺の山門には、涅槃絵の掲示が出てました。3月15日に法要を行う寺が多いですが、ここは2月なんですね。いつも前庭だけで失礼してますが、庫裏の拝観ができるようなので、また寄ってみたいです。
*
201502syugakuin03
粉雪が激しく降ってました。カメラをぬらさないように注意しながら撮影です。
*
201502syugakuin04
玄関に、長靴が揃えてあるのがいかにも雪の朝らしかったです。
*
201502syugakuin06
境内の石仏さまも、寒さに震え上がっておられるようでした。

白菊に白雪ではちょっと引き立ちませんね。色菊なら良かったのに(^^ゞ
*
201502syugakuin07
すこし引いて、色花を加えてみました。仏様の頭の上には、木の枝が張り出していて、あまり雪は降ってきません。たまにバサッと積もった雪が落ちてきて、びっくりすることがありますが
*
201502syugakuin05
弁天さまの板碑の前の冷凍カーネーション
*
(続く) (次回は、赤山禅院です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.02.05

【梅小路】京都鉄博入り車両とチンチン電車

2月1日は、「梅小路に、京都鉄博入りする車両がボツボツ集められている。」とネットに出てるので見に行ってきました。
*
Umekouji30
いました。いました。チンチン電車の軌道の外側の空き地に、モハ80系湘南電車、ナハネ20系寝台車、500系新幹線が置いてあります。
*
Umekouji31
広告看板が目障り(失礼)ですけど、おそらく40年ぶりくらいの京都市電と湘南電車の顔合わせ。

互いに、「久しぶりですねぇ。伏見線の高倉陸橋ですれ違って以来でしょうか? まさかこんなところで再びお目にかかれるとは」 とか、お話してそうです。
*
Umekouji32
チンチン電車でもN電は、直接に東海道本線の線路が見えるところを走っていなかったので、これは初顔合わせかも(^^♪
*
Umekouji33
でも、かなり古い電車どうしなのであまり違和感ないですね(^^ゞ
*
Umekouji34
懐かしい電車たちに出会った帰り道で、ポイントにカンテラの火が入っているのを見つけました。最近は電熱式が多いですが、まだ直火焚きのところもあるんですね。

これも、冬ならではの1枚です。
*
(次回は、洛北の雪の散歩道です)
:
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.02.03

【梅小路】ことしの花と鉄道の撮り始めはC62で

2月1日は、出町柳で節分おばけ電車を見送った後、「京都鉄道博物館入りする車両が、交通博物館からどんどん送られてきている。」と、ネットに出ているので見に行って見ました。
*
Umekouji21
まずは、今日のスチーム号を撮影。C622号機が走っています。
機関士さんは、気さくに見物の親子連れに手を振ってくれてます。
私にも、ちょっと挨拶してくださいました。ありがとうございます。
*
Umekouji22
シロクニの面構えのアップ。スワローマークは特急つぱめ号を牽いた栄光の証し
*
Umekouji23
一本目は、発車ぎりぎりでゆっくり撮影場所を選ぶ時間もなかったのですが、線路脇を歩くと、早くも白梅がチラホラ咲き
*
Umekouji24
紅梅も、一輪だけですが開いてます。さっそくアングルを決めて、今年の「花と鉄道」の第一号の撮影準備です。
:
Umekouji25
冬なので、よく蒸気が立ちます。入替運転なのにドレーンを切って迫力満点。本線の列車みたい
*
Umekouji26
数少ない、紅白の梅の花と機関車をひとつの画面に入れるのに苦労しました。

ちょっと画像が荒れましたが、まぁ仕方ないでしょう
*
Umekouji27
白い煙を残して、SLは行ってしまいました。

それでは、鉄道博物館入りの車両のほうへ行ってみましょう。
*
(続く) (次回は、チンチン電車と保存車両の並びです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.02.02

【叡電】節分おばけ電車

2015年も、一ケ月が過ぎて、はや2月となりました。1日は、雪が降ったり、いろいろとイベントを見たりと駆け回った(笑)一日でしたが、まずは叡電のおばけ電車から
*
811_0126
「おばけ電車」といっても、嵐電などでやってる「納涼、恐怖の妖怪電車」 とは、ちがってお節分の風習のひとつです。

昔は、節分の日は、陰(冬)から陽(春)に季節の移り変わる日で、このような区切りの日には、魔物が地上に現れて悪さをするので、男性が女装したり、ご婦人が幼女の髪型をしたり、若い女の人が既婚者のなりをしたりと仮装して、魔物の目を眩ませて、難を逃れるという習俗がありました。

だんだんすたれてきましたが、さいきん復活もみられ、叡電沿線では、京都精華大の真下研究室のみなさんが仮装して、電車で貴船までいき、貴船神社へ節分のパレードを奉納することが、数年前から恒例になってます。
*
201502obake01
改札口に集合した、おばけのみなさん。鬼やきつねや天狗のお面も見えますね。
*
201502obake05
新撰組もいました(^^♪
*
201502obake02
男装の麗人? 宝塚みたい
*
201502obake03
このペールは牛若丸でしょうか?
*
201502obake04
私は、都合で出町柳でお見送りになったのですが、このあと貴船口に向う車内では、朗読劇が演じられたり、貴船神社の参道の仮装パレードや、神社の境内での演舞などのイベントが繰り広げられたそうです。

学生さんも先生方も寒い中、お疲れ様でした。
*
(次回は、梅小路公園ネタです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

フォト
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ