« 京都精華大 卒業・進級展2015 (人文学卒展・銅版画進級展) | トップページ | きさいちハイキングコースを歩いてきました。(前編) »

2015.02.26

成安大日本画展と京造大写真展を見る & 個展開催のお知らせ

京都の寺町三条商店街付近には、ギャラリーや博物館などがたくさんあるので、フラっと気に入った展示を見に立ち寄ってます。

その中から2つ紹介します。
*
201502sotuten13
ひとつ目は、成安造形大日本画コースの女の子の3人展「たどる」です。

三人とも、なかなかシックな色使いで、ユニークなモチーフ、たとえば「石ころ」とか「椰子の樹の根っこ」とか「ミジンコ」とか(笑) を絵にしてます。

でも、対象はよく捉えられてデッサンもしっかりしてるし、やや暗めのトーンながら陰鬱にはならずカラッと仕上げていて、個人的には好みの作品でした。

ポートフォリオを見せてもらいながら、いろいろと話をしているうちに、長居してしまいました(^^ゞ
*
201502sotuten14
ふたつ目は、京造の銀塩写真倶楽部の展示です。
その名のとおり、銀塩(フィルム)写真にこだわった作品展です。しかも学生さんではなく、社会人として通信教育で写真を学んだ方々のOB展で、職業も住所もバラバラなのだとか。

このデジタル全盛時代にあえてフィルム写真を追求するには、ある程度のお金が掛かります。作家さんにそのことをいうと「もう趣味を通り越して道楽ですワハハcoldsweats01」との答えが。

でも、フィルムの暖かみのある発色は、やっぱりいいですねぇ。「昭和の色」とでもいいましょうか。

管理人は、貧乏人なので(笑)、アンチークカメラもコダクロームも使う余裕がありませんが、せめて画像フソトでは、フィルム時代の発色に似せて現像するように調整してます。

前にも書きましたが、埃かぶってる親父のカメラをオーバーホールして、トライ-Xでも入れて、SLか田舎電車でも撮影したいなぁ。
*
Line01
*
ここからは、これから開催予定の個展のお知らせです。

個人的にネット友達の作家さんが大阪で3月上旬に個展を開かれます。DMを頂きましたので、転載して宣伝させてもらいます。

牧田さんは、日本画の技法を使い、抑えた色使いでちょっと陰鬱な表情の女性を多く描かれています。

橘ぽんさんとjaccさんは、『色をテーマに、描きました。 初めての二人展。それぞれが描く色をお楽しみください。』とのメッセージを寄せられてます。

ギャラリーへの行き方など、詳しいことはHPをご覧ください。ご来場をお待ちしてます。特に関西在住の絵のお好きな方、よろしくart
*
Makita01_2
☆☆☆  牧田紗季 個展「耳鳴りの間」 ☆☆☆

会期 3月6日(金)~10日(火)
   13:00~20:00  ※最終日は18:00まで

会場 アートスペース 亜蛮人
〒556-0005 大阪府大阪市浪速区日本橋4-17-15
Tel.090-8209-7868
http://www.aband.jp/
*
Tachibana01
☆☆ 橘ぽん&jacc 二人展「色物辞展(しょくぶつじてん)」 ☆☆

会期 3月8日(日)~14日(土)
   12:0~19:00 ※最終日は16:00まで ※水曜休廊

会場 ギャラリーそら
〒542-0012 大阪市中央区谷町6丁目4-28
Tel.06-6767-4006
http://www.art-sora.com/
*
(次回は、歩こう会ネタの予定)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 京都精華大 卒業・進級展2015 (人文学卒展・銅版画進級展) | トップページ | きさいちハイキングコースを歩いてきました。(前編) »

コメント

それぞれの活動、みんながんばっていますね。
ホシノもがんばろう~っという気持ちになります☆
引越しのどたばたが一段落したら
4月以降、
またここにも顔を出しますのでよろしくお願いします。

≫なかっちょさんへ
こんにちは。
いや~ご無沙汰いたしました。
こちらに来ましてから、
忙しかったもので。
と言っても、
大変でございます。
少し時間ができましたので、
生きてますよ~。
のお便りです。
コダクローム、トライX、懐かしい響きです~。
こんなところで目にするとは。

>> ホシノさんへ

こんばんは。
しばしのお別れですね。

引越しも、そのあとの新生活もいろいろと大変かと思いますが
頑張ってくださいね。

また来られる日を楽しみに待ってます。

>> 播州太郎さんへ

こんばんは。

沖縄巡業は、いかがですか。貴ブログを拝見させていただくと
なかなか好評のようで、良かったです。

話は変わりますが、あのコダック社は倒産し、富士フイルムもサクラフィルム
も無くなってしまう日が来るなんて、思ってもみませんでした。
技術革新は、まさに諸刃の剣ですねconfident

≫なかっちょさんへ
おはようございます。
コメントありがとうございます。

そーですよね。
コダックのコダクロームなんて、高嶺の花でした。
でも、憧れて使った事はあります。
普通のフィルムではなく、
色の階層みたいにでこぼこしていたのが印象的で、
ネガフィルムでは出せない鮮やかな色合いと出会えた感動が、
今も思い出されます。
初めて買ったミノルタカメラも
いつの間にか、ソニーが買収したとかで、
残念でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69436/61180877

この記事へのトラックバック一覧です: 成安大日本画展と京造大写真展を見る & 個展開催のお知らせ:

« 京都精華大 卒業・進級展2015 (人文学卒展・銅版画進級展) | トップページ | きさいちハイキングコースを歩いてきました。(前編) »

フォト

夏の終わり

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ