« 京の冬の散歩 北野天満宮の梅 | トップページ | 京の冬の散歩 ギャラリー見て歩き(その2) »

2015.02.12

京の冬の散歩 ギャラリー見て歩き(その1)

こんにちは。

「芸術の秋」などといわれて、アート鑑賞は秋が良いようにいわれますが、意外と年度末を控えた2月、3月も学生さんの卒業・進級展やサークル活動の締めくくりの発表会などがあって、ギャラリーも賑わいます。

散歩の途中に見せてもらってきた展示会の感想を数行ずつですが、備忘録的に書いておきます。
*
Siranai02
Siranai01
伊藤存、中村裕太個展「知らない都市」 
会場: kara-S/つくるビル
会期: 2月1日~8日 

作家のひとり中村裕太さんの展示会に、去年の夏に寄せてもらった縁でいってきました。
伊藤さんは、刺繍(写真1枚目)や立体造形を使って、中村さんはタイル片と古い絵葉書(写真2枚目)を使って、知ってるけど知らない都市を見せてくれます。 古絵葉書の写真と、現在の現地の変わりように驚かされました。
*
Rinpa
琳派400年記念「新鋭選抜展」
会場:京都文化博物館
会期:1月24日~2月8日

今年の京都観光のキーワードのひとつ「琳派400年」のオープニングイベントのひとつです。琳派といえば、和の伝統文化そのものといった感じですが、若手作家のみなさんは、和様を意識しながらも、自分の感性で多様な作品を造り上げておられます。
なかには、「これが琳派?」って、作品もありますが、じっくり鑑賞すると江戸の香りが漂ってきますhappy01

写真は、伊藤若冲の鸚鵡図とそれをイメージしてつくられた巨大オウムのバルーンcoldsweats01
迫力ありました。
*
Usagi
もうりひとみ個展「うさぎはうたがうたいたい」
会場:同時代ギャラリー
会期:2月3日~8日

DMを写真を見れば、解説は不要(笑)ですが、底冷えの寒い日なのに、絵をみていると心の中からぽかぽか感が湧き上がってくるような展示でした。絵本の原画展です。
京都文化博物館の帰りにふらっと立ち寄ったのですが、ひとめでファンになりました。また次の個展を心待ちにしたい作家さんが増えましたcoldsweats01
*
Koheji
コヘジ(ザ・コヘジ)作品展「Koheji Ⅲ」
会場:同時代ギャラリー
会期:会期:2月3日~8日

ギャラリーのとなりの会場では、コヘジさんの展示をやってました。ポップでカラフルな筆使いは、なにか60年代のアメリカ映画をみてる感じtがしました。
どこかで見たなぁ?と、思ったら、毎日通勤で通る京阪祇園四条駅前で、即興のストリート・アートを描いてたひとでした(^^♪
*
(続く)
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 京の冬の散歩 北野天満宮の梅 | トップページ | 京の冬の散歩 ギャラリー見て歩き(その2) »

コメント

伊藤若冲はいいですよね~。
私は大好きです。
ずいぶん海外に流出してしまっているけれど、
鮮烈な色づかいや大胆な構図などもハッとします。
その伊藤若冲の鸚鵡をイメージしたバルーン、ユニークですね。

>> ホシノさんへ

おはようございます。

若冲は最近、人気急上昇中upですね。
琳派400年にあわせて、里帰り展でも企画してくれると良いのですが。

このあとは、錦市場の近くにある伊藤家の菩提寺にいって、若冲と若冲の
弟の伊藤白歳の絵も見てきました。

秋には、京博で「琳派」展があります。いまから楽しみです。
もう一年間有効のパスポートを買っちゃいましたcoldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69436/61121092

この記事へのトラックバック一覧です: 京の冬の散歩 ギャラリー見て歩き(その1):

« 京の冬の散歩 北野天満宮の梅 | トップページ | 京の冬の散歩 ギャラリー見て歩き(その2) »

フォト

夏の終わり

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ