« 橿原考古博物館の藤ノ木古墳の副葬品を見てきました | トップページ | グループ展「真田抜け穴」&牧田紗季個展「耳鳴りの間」 »

2015.03.08

東山花灯路「サンドアートパフォーマンス」 in 知恩院

今夜 (3/8)は、東山花灯路のイベント「サンドアートパフォーマンス」 in 知恩院を見物してきました。
*
201503hanatouro01

このイベントは、「サンドアートパフォーマンス サンドアートパフォーマーグループ「SILT」の協力で、国宝の知恩院三門を背景としてスクリーンにライブで繰り広げられるサンドアートを投影。京都ならではの光と影の美しい演出する。」
というものです。

たまたまSILTのメンバーのひとり夜乃雛月(ヨルノヒナヅキ)さんの個展を大阪の亜蛮人で見せていただいた縁でご招待いただきました。

詳しくは、SILTの公式HPへ

http://www.otomeru.com/silt/
*

201503hanatouro02
残念ながら、初日(3/7) は雨。実演は中止になり、ビデオ上演になりました。

でも、ライトアップされた大三門を背景に、大型スクリーンに砂絵で次々と琳派のモチーフが浮かび上がってくるのに、観客から感嘆の声がもれてました。
*
201503hanatouro03
傘が邪魔で、スクリーンの下半分が見えてませんが、想像力を働かせて、絵を鑑賞しましょう(笑)
*
201503hanatouro06
そして、翌日の夕刻。雨もあがりすこし雲はありますが、夕日が西山に沈み、いよいよライトアップのはじまりです。(高台寺からみた八坂の塔)
*
201503hanatouro08
これが舞台となる、2面の大型スクリーンです。画面の間に4人の演者がたって、砂絵を作っていきます。

4名の競演と2台スクリーンの同時投影は、世界初の試みだそうです。どんなパフォーマンスが飛び出すか、興味津々です。
*
201503hanatouro09
まず幕開けは、「琳派 四百年」の文字が砂に浮かび上がります。
*
201503hanatouro10
続いて、おなじみの風神・雷神図の登場。臨場感を出すためにパフォーマーの手の動きを入れています。
*
201503hanatouro11
とても、砂の上に指だけで描かれた絵とは思えませんね。メンバーのみなさんは合宿して練習されたと、うかがいましたが、熟練の技量 ですねぇ。
*
201503hanatouro12
風神・雷神図は、仕上がるや否や、また手でかき混ぜて消されてしまい。観客から「あぁ~、もったいない」のため息が・・・・・

ここまでは、女性2名の演技でしたが、ここから4名同時の作画になり、杜若屏風図が、華やかに仕上がっていきます。
*
201503hanatouro13
続いては、京都らしい情景が描かれていきます。左は八坂の塔、右は京町屋でしょうか?
*
201503hanatouro14
真剣な表情で、演技をつづける四人のメンバーのみなさん。大舞台で、初の試みでもあり、緊張されるでしょうねぇ。
*
201503hanatouro15
ほぼ完成した、八坂道の情景。
*
201503hanatouro16
これは、最後のパフォーマンスの花吹雪の様子です。華やかですねぇ
*
201503hanatouro17

最後に、舞台を終えて挨拶されるSILTのメンバーのみなさん。

お疲れ様でした。ほんとうに感動しました。ありがとうございました。

京都での公演は、3月14、15日の夜もあります。
お近くの方・京都大好き の方は、花灯路のライトアッフとあわせて、ぜひご覧になってください。
詳しくは、SILTの公式HP・花灯路の公式HPへ

http://www.otomeru.com/silt/
http://www.hanatouro.jp/



*
(次回は、大阪のギャラリー巡りの続きです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 橿原考古博物館の藤ノ木古墳の副葬品を見てきました | トップページ | グループ展「真田抜け穴」&牧田紗季個展「耳鳴りの間」 »

コメント

わぁぁぁすばらしいですね~
私もぜひ、見てみたいです~
消されてしまう砂のアートだから、一つ一つ瞬きしないで
しっかりその瞬間の芸術を楽しみたいですね~
最初、知恩院のお庭の砂でアートをするのかと
ドキドキしましたがこんな素敵なライトアップとパフォーマンスで・・・
今までのなかっちょさんの記事を拝見していても思いましたが
京都の方って、古い物を大切にしているだけではなく、
新しいものとの融合も上手に試みていますよね~
私の中の京都のイメージが、ずいぶんと変わりました

こんばんは♪
本当に素敵ですね~
テレビでは見たことありますけれど
目の前にして見れるなんて本当羨ましいです(*'▽')
そばで見ると感動ものですよね♪いいなぁ

砂に手で描いたん
すごいですね~
まさしく芸術やわ (・∀・)イイ!

知恩院のライトアップもきれい

凄い!
このようなアート?パフォーマンスを初めて知りました
砂と指だけでこんなアートが出来てしまうんですね
写真だけでもワクワクドキドキですが、実際に現場で見てるともっと凄いのでしょうね

>> mik さんへ

こんにちは。

このパフォーマンスには、わたしも感動しましたね。砂の上に
サラサラと絵が描かれるのと、出来た途端に消されちゃうはかなさ。

 もともと京都はどんどん新しいものを取り入れるのを良し、
としてきたんですけど、最近は古いものにしがみついている(笑)
イメージがありますね。

SILTの公演は、全国を回られているのでもしかしたら静岡でも
見られるかもしれませんよ。

http://www.otomeru.com/silt/  ←詳しくは、公式HPへ

>> na nori さんへ

こんにちは。

やっはり生で見るのは迫力が違いますね。しかも大画面だし。
今週末も公園があります。夜のイベントですけど、もし都合が
つけば、京都までお出で下さい。

詳しくは、花灯路のHPへ
http://www.hanatouro.jp/

>> 音姫さんへ

こんにちは。

画用紙に下手な絵もかけない人間からみたら、砂絵なんて
ほんとに神業ですね(^^)

今週末もあるので、おデートで京都にお出で下さい。
祇園の美味しいお店も待ってますよ

>> けいあんさんへ

こんにちは。

本当にすごいですねぇ。砂絵というと純粋芸術か宗教芸術として
取り上げられる場合が多いのですけど、SILTの皆さんはこれを
パフォーマンスに仕立て上げられてます。

全国で公演されてるので、もしかしたら北海道でも見られる機会が
あるかもしれませんね

詳しくは、公式HPへ → http://www.otomeru.com/silt/

パフォーマンス、なかなか迫力ありますね。
アートな気分にひたれました!
加えて、4枚目の夕景が印象的です^^/

>> キハ58さんへ

こんばんは。

ちいさな砂絵はときどき見ることがありますが、大画面で見るのは
迫力ありました。

夕暮れの祇園の様子は、のちほどアップする予定ですので
また見てくださいね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東山花灯路「サンドアートパフォーマンス」 in 知恩院:

« 橿原考古博物館の藤ノ木古墳の副葬品を見てきました | トップページ | グループ展「真田抜け穴」&牧田紗季個展「耳鳴りの間」 »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ