« 【叡電】春の花シリーズ2015 梅の花 | トップページ | 京の早春の散歩 京博から建仁寺へ »

2015.03.22

【叡電】叡山本線・鋼索線開業90周年イベント始まる

叡山電鉄叡山本線、京福電鉄叡山鋼索線が、大正14(1925)に開業して、今年で90周年になります。

両社では、いろいろとイベントが企画されているようですが、まずは3月21日のオープニングイベントを見に八瀬へ行ってきました。
*
901_0232
せっかくなので、この日から今シーズンの運転が始まった「比叡山きらら」に乗っていきます。

いつもは、撮り鉄なので今日は乗り鉄で(笑) でも、運転台にささやかなHMがついてるだけで、車内はいつもと一緒(当たり前か)
*
Yase29
改札口で、乗車記念のポストカードを貰いました。開業当時の八瀬駅とデナ1形電車です。この八瀬駅の駅舎は、90年を経た今もほとんどそのまま使われてます。
*
722_0107
鉄骨木造の屋根に覆われたホームに、記念HMをつけたデオ722が到着しました。
*
722_0108
ヘッドマークのアップ。 9の文字は、ケーブルの巻上げ滑車とロープを、0の二重の輪は叡山線と鋼索線を、電車は初代のケーブルカーとデナ1形をイメージしています。
*
Yase27
ホームでは、「開業からのあゆみ展」をやってます。
*
Yase28p
なつかしい写真も展示されています。クリックするとすこし拡大しますが、著作権の関係もあるので、大写しは控えています。
*
Yase_cable34
ケーブル八瀬駅にも回って見ました。満開の紅梅・白梅に見送られて、ケーブルカーが比叡山に向って登っていきました。

ここでもポストカードを配ってましたが、切符を買わないともらえませんでした(^^ゞ
*
Yase_cable35
延暦寺執行 小堀光實大僧正の書が飾られてます。「まごころをつくす」と読むのでしょうか。
*
722_0110
90周年事業の一環として、ペンキが塗りなおされて鮮やかな朱色が蘇った三宅八幡駅に到着する、デオ722号
*
801_0123
記念ヘッドマークは、鞍馬線系統では、デオ801+851につけられています。
*
(続く) (しばらくは、叡電ネタと街歩きネタを交互にお届けします。次回は、祇園・東山散策のつづきです。)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 【叡電】春の花シリーズ2015 梅の花 | トップページ | 京の早春の散歩 京博から建仁寺へ »

コメント

>なかっちょさんへ
おはようございます!
叡電を愛するなかっちょさんが、
よ~く分かります!
ところで、
ぶしつけな質問なんですが、
デオ722、デオ801の「デオ」とは、
どういう意味があるのでしょうか?
国鉄だったら、サハ、クハ、とかありましたよね。
最近はローマ字が入る車種もありますよね。

紅梅、白梅に見送られて、
次はいよいよ、
「さ・く・ら」なんでしょうか?
手ぐすね引いてたりして...。

>> 播州太郎さんへ

おはようございます。

叡山電車は、わたしの鉄道趣味の原点ですし、毎日お世話になる電車
でもあるので、いつまでも仲良くしていきたいと思ってます。

さて、叡電の形式ですが、「デ」は電車の意味でこれはわかりやすいですよね。
「オ」は、大型のオ、「ナ」は中型(なかがた)のナとされています。
旧国鉄、JRの客車の重さによる区分けと似ているようですが
まったくおなじではないようです。

今年は、桜のシーズン中の土日が実質2回くらいしかなさそうなので、
忙しい撮影会になりそうですcoldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69436/61321967

この記事へのトラックバック一覧です: 【叡電】叡山本線・鋼索線開業90周年イベント始まる:

« 【叡電】春の花シリーズ2015 梅の花 | トップページ | 京の早春の散歩 京博から建仁寺へ »

フォト

叡山ケーブル

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ