« 東山花灯路「サンドアートパフォーマンス」 in 知恩院 | トップページ | 京の早春の散歩 東山花灯路を八坂道から高台寺へ »

2015.03.10

グループ展「真田抜け穴」&牧田紗季個展「耳鳴りの間」

3月7日は、雨の中、奈良・大阪・京都のイベントを駆け足で回ってきました。

橿原考古博物館を出たところで、雨が本降りになってきました。できれば橿原神宮や藤原京跡も回りたかったのですが、すぐに近鉄で大阪へ移動します。
*
201502sanada01
まずは、環状線寺田町駅前のギャラリー「そらのまめ」さんと天王寺公園近くのギャラリー「Nano Galley」で 開催中の「戦国!真田抜け穴パラダイス」へ。

この展示は、たまたまネットで知り合った写真家さんから誘われてお邪魔しました。
*
201502sanada02
会場は、電車でひと駅、歩いても15~20分程度のところにある2会場に分かれているのですが、前半と後半で、展示が入れ替わります。

以前は、1日毎に会場を替え、「いつの間にか抜け穴を通って、作品が動いていた。」というコンセプトだったそうですが、さすがに面倒なのと、見る人も混乱するので(笑)、いまは一週間毎の展示替えだそうです。

「そらのまめ」さんは、もと町工場を改造したギャラリーでまだ造作も急ごしらえ(失礼)という感じですが、オーナーさんが作品や大阪に今も残る真田幸村の活躍の跡の話などをうかがいながら、楽しい時間をすごせました。

写真の左ふたつの絵は、京都在住の阿部夏希さんの作品で、京都の西京区の町並みが描かれてます。ちょうど1月の歩こう会で通ったところなので、記憶が鮮やかです。

わたしも大好きなスポットなので、画文集を頂いてきました。
*
201502sanada03
次は、Nano Galley さんへ移動。

誘ってくださった。写真家の Ogi さんのお城のモチーフの作品を拝見。 いろんなお城が貼り混ぜられて面白いです。
*
201502sanada04
このギャラリーは、ドアを開けると一面に七夕の笹の葉がちぎって振りまかれています。「最初は、土足で踏み込んでも良いのか?」と、驚きますが、笹のいい香りが漂って、すてきな演出です。

飛び込みでやってきた一見客(笑)にも、お茶をだしてもてなしていただきました。ありがとうございました。

3月12日まで
*
201502sanada05
最後は、日本橋の亜蛮人の牧田紗季さんの個展「耳鳴りの間」です。

会場に入ると、まずは巨大なパネルに圧倒されます。ひだりは作家さん本人ですが、大きさがわかりますよね。

ほかにも大作が3点ほどと、小品やドローイングなど20数点が展示してあります。

その多くが、この写真のような憂いを含んだ女性像がやや暗めの背景とともに描かれています。ギャラリーのオーナーさんは、「モディリアーニの描く人物像みたいだ。」と評されています。

わたしもなにか絵に吸い込まれるようで非常に惹かれます。


*
(続く) (次回は、京都へ戻って、東山花灯路を見ます)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 東山花灯路「サンドアートパフォーマンス」 in 知恩院 | トップページ | 京の早春の散歩 東山花灯路を八坂道から高台寺へ »

コメント

おはようございます。

こういった「アートの世界」って、作家さんたちの個性がにじみ出ていて奥が深く、ハマりだすと結構面白いものですね。

>> 京阪快急3000さんへ

おはようございます。

そうですね、アートの世界は奥が深いです。

こんばんは♬
今日は良い日差しで気持ちの良いお天気でしたけれど
もう既に雨が…それでも
春の気圧配置だそうです
いよいよ春ですねぇ✿

どの世界も興味深く直接かかわる事は少ないですけれども
こうして写真を見せて頂いていると
楽しいです(#^.^#)色々な写真で毎回癒されてますconfident

≫なかっちょさんへ
こんばんは。お久しぶりです。
やっぱり、なかっちょさんの、
意欲的な活動的なところがすごいです。
どうして、こんなに元気にめぐり歩けるかな~。
と、どうしても感心してしまうのでした。

こちらは、もうすっかり初夏?
でもないし、と言って、春でもないし。
ん~、表現できない。
寒い日もあるんですよ。
間もなく、そちらに帰還致します。
その節はよろしくお願いいたします。

>> na nori さんへ

こんばんは。お返事が大変遅くなりましてすみません。

今週は、真冬のようにさむくなったり、また暖かくなったりと
体調管理に気を使うような天気が続きましたね。

電車の世界オンリー(笑)だったのが、さいきん嗜好が変わったのか
文化や芸術の世界に目が向くようになってきました。

なかなか極めるのは難しいですけど、いろいろな方と知り合いに
なれて、楽しいですよ。

>> 播州太郎さんへ

こんばんは。
こちらこそ、ご返事が遅くなってすみません。

あちこち出歩くのは、健康のためでもあり、気分転換のためでもあり
ほんの少し、知識を広める(笑)ためでもあります。

沖縄はもう初夏の陽気も感じられますか。さすがに本土とは
気候がちがいますね。

また、お帰りになったら土産話を楽しみにしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69436/61248938

この記事へのトラックバック一覧です: グループ展「真田抜け穴」&牧田紗季個展「耳鳴りの間」:

« 東山花灯路「サンドアートパフォーマンス」 in 知恩院 | トップページ | 京の早春の散歩 東山花灯路を八坂道から高台寺へ »

フォト

夏の終わり

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ