« きさいちハイキングコースを歩いてきました。(後編) | トップページ | 東山花灯路「サンドアートパフォーマンス」 in 知恩院 »

2015.03.07

橿原考古博物館の藤ノ木古墳の副葬品を見てきました

奈良県立橿原考古学研究所付属博物館に特別展「大和の豪族たちと藤ノ木古墳」を見に行ってきました。
*
Tanbabashi03
啓蟄も過ぎ、梅が見ごろになってきたので、晴れなら京阪沿線の梅林を回ろうと思っていたのですが、朝から雨模様rain それで、急遽、橿考研と大阪のギャラリー巡りに切り替えました。

ネットで時刻を調べていると大和八木までは、「しまかぜ」に乗れそう。ラッキーと丹波橋駅まで来たのですが、特急券売り場には「満席」の表示がwobbly

週末では、やはり人気列車の切符は取れませんね。また次の機会に譲りましょう(^^ゞ
*
Saidaiji02
乗り換え時間に、大和西大寺駅のエキナカショップをのぞいて見ました。とても改札内とは思えない、店舗の充実ぶり。「やさいの駅」という八百屋さんまでありましたcoldsweats01
*
201502kasihara01
畝傍御陵前に着きました。大和棟と呼ばれる奈良県に多い民家建築を模した駅舎がここのウリです。
*
201502kasihara02
まずは、神武天皇陵に参ります。

ちょうど秋篠宮佳子さまが、成年の報告に来られたところで、大勢の見物人が道路に並んでました。写真は撮れませんでしたが、お姿をチラッと見れましたhappy01
*
201502kasihara04
博物館では、イメージキャラのイワミン君が迎えてくれます。奈良県磯城郡三宅町の石見(いわみ)遺跡から出土した椅子に座る男性の埴輪をモデルとしているので、この名がつけられたのだそうです。

さっそく入場しましょう。
*
201502kasihara09
まず目に付くのは、レプリカですが金銅製の金ぴかshine の靴。
もし純金なら、いくら位するものでしょうねぇ(笑)
*
201502kasihara07
続いて、馬飾りや、鞍といった、装飾品の数々。 金銀や瑠璃・玻璃・珊瑚・鼈甲・瑪瑙・翡翠 etc..... と、貴金属宝石売り場みたいです(笑)
*
201502kasihara05
装身具はもちろんですが、馬飾りが多いのが目に付きました。

古代の豪族の王様も、自家用車(乗馬)をせっせと磨きたてていたみたいですね(^^♪
*
201502kasihara10
もちろん、常設展示品も充実しています。

日本史の教科書にでてくる有名な遺跡の出土品がごろごろしてます。お願いするとボランティアの解説員の説明を聞きながら、知識を深めることもできます。

歴史好きの方はもちろんですが、古代史に興味のある方は、ぜひ観覧されることをお勧めします。
*
201502kasihara11
体験コーナーで、複製された銅鐸を鳴らすことができます。澄んだ高い「カァ~ン」という音がでました。

お寺の鐘のようにゴ~ンという「重い低音」とばかり思ってたので以外でしたね。
*
(続く) (次回は、大阪のギャラリー巡りです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« きさいちハイキングコースを歩いてきました。(後編) | トップページ | 東山花灯路「サンドアートパフォーマンス」 in 知恩院 »

コメント

こんばんは。
藤の木古墳の副葬品は素晴らしいですね。
金色の靴のデザインは、現代でも通用しますねconfident
銅鐸は鐘だったのですか・・・てっきり置物だとばかり思ってました(^^;
装飾品の数々も見事ですし、
良いものを見せて頂きありがとうございました。

きらびやかさと素朴さの共存が素晴らしいですね!

>> ナルコユリさんへ

こんにちは。この古墳が発見された時は、「未盗掘の古墳に、古代の装飾品多数」と
ニュースになりましたが、やはりすばらしい宝物ばかりですね。

たしかに、装飾品のデザインは現代でも通用するような繊細なものばかり
です。古代の人のセンスに感服しますね。

銅鐸の用途には、いろいろと説があって、置物として眺めたという説も
ありますし、実用品として鳴らしてつかったという説もあります。

あまり詮索せず、古代のロマンのひとつとして置いておきましょうhappy01

>> キハ58さんへ

こんにちは。

古代のひとは、今のようにアクセクせずにゆったりと流れる時間の中で
生活していたので、このような芸術品を生み出せたんでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69436/61246563

この記事へのトラックバック一覧です: 橿原考古博物館の藤ノ木古墳の副葬品を見てきました:

« きさいちハイキングコースを歩いてきました。(後編) | トップページ | 東山花灯路「サンドアートパフォーマンス」 in 知恩院 »

フォト

ススキ

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ