« 【叡電】叡山本線・鋼索線開業90周年イベント始まる | トップページ | 京の早春の散歩 建仁寺摩利支天堂にて »

2015.03.24

京の早春の散歩 京博から建仁寺へ

京都国立博物館の春の特別展「天野山金剛寺の名宝」と「ひな祭り展」を見に行ってきました。
*
201503higashiyama15
金剛寺の展示は、有名な重文「日月山水図屏風」や国宝「延喜式神名帳」、重文「楠氏文書」が出てました。

写真の山水図は、一度見たいと思ってたんですけどわざわざ河内長野の山奥(失礼)まで行かなくても、向こうからやって来てくださって大助かりです(笑)

室町時代のものですが、彩色もきれいに残ってて感動しました。
楠氏文書では、なんと楠正成の自筆の手紙もありましたよ。楠公さんが一気に身近なひとになります。

その他、いろいろの寺宝が並んでて福眼です
*
201503higashiyama16
雛祭り展は、写真の真ん中の雛御殿の立派さに圧倒されます。
ひな御殿に、男雛女雛が並んですわり、回りを女官や公家や召使の人形が取り囲んでます。

最近は、段飾りがほとんどで御殿雛はほとんど見られませんが、地方の旧家なら飾っているところがあるのかな。
*
201503higashiyama02
展示を見てから、中庭を散策しました。満開の梅の花に飾られた旧館です。威厳がありますねぇ。
*
201503higashiyama03
こちらは、紅梅が似合う菩薩像
*
201503higashiyama05
透かし彫りの飛天。おおきな灯籠の各面を飾っています。
*
201503higashiyama04
こんな細かい細工ができるなんて。昔の職人さんの腕はすごいですねぇ。
*
201503higashiyama09
博物館を出て、大和大路を建仁寺へ向います。これはお寺の南大門の近くに咲いてた白椿。清楚な感じが好きです。
*
201503higashiyama10
塔頭の白壁にはえる紅梅。春を感じますねぇ。
*
(続く) (次回も、祇園の散策を続けます)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 【叡電】叡山本線・鋼索線開業90周年イベント始まる | トップページ | 京の早春の散歩 建仁寺摩利支天堂にて »

コメント

紅梅、いいなあ、素敵です。
都内は、鳥獣戯画を待ちきれない人多数です。高山寺で観たのですが、博物館で観賞すると、どんな感じになるのか気になるのですが、メガ混みそうなので・・・どうしようかなってところです。

こんばんは
雛御殿ですか?初めて見た気がします。
こちらでは段飾りやつるし雛くらいかな~
さすが京都旧家、名家のお蔵さんには
きっと今も大切にしまわれてるんでしょうね~
この雛御殿は、どのくらいの大きさなんですか?
左側の立ち雛様?も、お着物や髪型が普段見ているものと
違って、素敵ですね~

>> キハ58さんへ

こんばんは。京博の外庭は広くて仏像や遺跡が置いてあるのですが、あまり
見て歩く人がいないのがモッタイナイですね。

鳥獣戯画の東京展は、いよいよはじまりですか。わたしはわざわざ雨の日を
選んで、それでも開館の1時間以上前から並んで、トップグループで入場
しました。

おかけで、ゆっくりじっくりと鑑賞できました。クリーニングされて、煤けてたのが
見違えるほどきれいになってますよ。

>> mik さんへ

こんにちは。

最初は、「ひな祭りなんて、女の子の見る物」と思ってたんですが
展示品のすごさには、おどろきました。

雛御殿は、高さが70センチ、幅も90センチ、奥行き40センチと、
大型のテレビくらいの大きさですね。写真には、御殿しか写っていませんが、
よこに離れ座敷があって廊下でつながっています。

江戸中期から明治時代に作られたものが多く、100~200年は
経っているものばかりでした。

ちび君 晩ごはん中…
足跡だけ残して行きます

>> 音姫さんへ

おはようございます、
だいぶん、お疲れモードですね

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京の早春の散歩 京博から建仁寺へ:

« 【叡電】叡山本線・鋼索線開業90周年イベント始まる | トップページ | 京の早春の散歩 建仁寺摩利支天堂にて »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ