« 京阪沿線花見撮影会 ハイライト版(^^) | トップページ | 京阪沿線花見撮影会(その2) 祇園白川から知恩院へ »

2015.04.06

京阪沿線花見撮影会(その1) 出町寺町の本満寺

4月4日に「ことしの花見撮影は今日一日が勝負だ」とばかりに、朝から日の暮れまで京阪沿線の桜の名所を回ってきました。

最初は、出町寺町の本満寺のしだれ桜へ行ったのですが・・・・・
*
2014041demachi_sakura03
なんと、もう終わってました 

気を取り直して(笑)、境内を見渡すと一面の桜小雪の絨毯です。
*
2014041demachi_sakura01
石畳や植え込みが隠れるほど散り敷いています。
*
2014041demachi_sakura04
石灯籠も鹿の子模様に
*
2014041demachi_sakura02
塔頭の白壁には、「おじさん。このお寺のしだれさくらは早咲き君だけじゃないよ。」と、紅しだれが手招きしてくれてます。
*
2014041demachi_sakura05
舞妓さんの花簪のような薄ピンクの花びらに見送られて、京阪で祇園へ移動します。
:
(続く) (次回は、祇園白川です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 京阪沿線花見撮影会 ハイライト版(^^) | トップページ | 京阪沿線花見撮影会(その2) 祇園白川から知恩院へ »

コメント

もうこんなに散っているのですね。
はなびらの絨毯。

こちらは昨日、用事であちこち行ったら
ずいぶん咲いていました
移動中の車中から見たので
写真は撮れませんでしたが。

花見山もそう遠くないので
行けたらいいなと思っています。

>なかっちょさんへ

こんにちは。
「舞妓さんの花簪」。
この「簪」が読めなくて、
思わず漢和辞典で調べました。
何と!「かんざし」でした。
写真見て分からんのか!
お叱りごもっともです!
ちょっと想像したものが別物でした!
恥ずかしい限りです!

果たして、あの桜は見送ってくれたのでしょうか?
「ねえ、なかっちょさん、もうちょっといはらへんの?」
では無かったのか!

>> ホシノさん へ

こんにちは。
このお寺のしだれ桜は、特に早咲きで例年3月下旬には満開になります。
そのぶん散るのも早いです。

でも、散り果てたところへやってきたおかげで、このお庭の別な美しさを
見ることができて、良かったと思ってます。

福島の桜も咲き出しましたか。引越しの後片付けの手を止めて、
お花見も良い気晴らしになりそうですね。

>> 播州太郎さん へ

こんにちは。

簪(かんざし)は、難しい感じですねぇ(笑) ワープロが
勝手に変換してくれますが、書けと言われたら、ちょっと無理かも(^^ゞ

可憐な桜の精が呼び止めてくれるとウレシイですが、樹にも選ぶ
権利があるのを、自覚してますから

>なかっちょさんへ
こんばんは。

また、ご謙遜を!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京阪沿線花見撮影会(その1) 出町寺町の本満寺:

« 京阪沿線花見撮影会 ハイライト版(^^) | トップページ | 京阪沿線花見撮影会(その2) 祇園白川から知恩院へ »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ