« 京阪沿線花見撮影会(その1) 出町寺町の本満寺 | トップページ | 京阪沿線花見撮影会(その3) 円山公園から八坂神社へ »

2015.04.07

京阪沿線花見撮影会(その2) 祇園白川から知恩院へ

4月4日に「ことしの花見撮影は今日一日が勝負だ」とばかりに、朝から日の暮れまで京阪沿線の桜の名所を回ってきました。

出町の本満寺を出て、京阪三条駅から、祇園白川に向います。
*
2014042sirakawa_sakura01
時間は、まだ8時半。花街の朝は遅いので、普段の休日なら誰もいませんが、この日はすでに大勢の観光客が歩いてました。
*
2014042sirakawa_sakura02
いつもは、だまって通りすぎる、吉井勇の「かにかくに 祇園はこひし 寝るときも枕のしたを 水のながるる」の碑にも足を止めざるを得ないでしょう
*
2014042sirakawa_sakura03
糸桜。

ぽつぽつ咲いてるのがいいですねぇ。
*
2014042sirakawa_sakura04
巽橋からの眺め。

静かな春の朝の風情を写し取ったつもりですが、いかがでしょうか(^^ゞ。
*
2014042sirakawa_sakura05
いつも、この付近でエサをあさっているアオサギ君も、観光客の多さに恐れをなしたのか(笑)、見かけませんでした。
*
201503higashiyama12
お彼岸のお墓参りの帰りにみた、アオサギ君 (3/21)
*
2014043chionin_sakura06
祇園白川から東山通りを渡り、春の花壇のうつくしい参道を通って、知恩院さんへお参りします。

参道には、ミツマタ、ユキヤナギとレンギョウ、ヤマブキ、右下の花の名前がわかりません? だれか教えてm(__)m
*
2014043chionin_sakura01
修理が終わって、威容をあらわした山門を満開の桜が飾ります。
*
2014043chionin_sakura02
山門から本堂までは、急な石段が続きます。向こう側にも白い桜が待ってくれてますね。
:
2014043chionin_sakura03
この手水鉢とさくらをからめた構図は、みんな撮影してました。特に外国から来られた観光客には珍しいのか人気です(^_^)v

石の水盤に彫られた銘によれば、寛永八年(1631)に奉納されたもので、もう400年近くも参拝者の手を清めているようです。
*
2014043chionin_sakura04
御室の桜のように、樹高がひくく、根っこからすぐに枝がでて花が咲いているような桜がありました。
*
2014043chionin_sakura05
有名な大釣鐘堂の下の池にせり出した桜の花が、池に映ってました。
*
(続く) (次回は、円山公園を通り抜けます。)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 京阪沿線花見撮影会(その1) 出町寺町の本満寺 | トップページ | 京阪沿線花見撮影会(その3) 円山公園から八坂神社へ »

コメント

とても風流ですね☆
それも素敵ですが
特に最初の1枚と
最後の1枚がとても風情があり素敵です。

おはようございます。

この記事中のどこの桜もきれいで良いですね。

やはり、京都は外国人も含め、観光客が多いですね。
本当に素敵なところですから・・・。

昨年、母の田舎に行って、30数年ぶりにあった母の姉も、「元気なうちに京都を観光してみたい」と言っていましたよ。

こんにちは~
どれも風情があって素敵です。
朝から勝負をかけた甲斐がありましたね。
4枚目静けさを感じます。
お好み焼の看板にそそられますが^^

こんばんは^^
昨夜、夫は大阪事務所時代の集まりがあり
特に熱心に京都詣でをした当時の次長と共に
やっぱり、桜の背景は京都でなくちゃ!という話でもりあがったそうです
帰宅して、また行きたいね~ってしみじみ語りあいましたよ

>> ホシノさんへ

こんにちは。

この日は、まだ人の少ないうちにと、思って出かけたんですが
9時前ににして、どこもいっぱいのひとでびっくりしました。

それでも、ひとの途切れる瞬間をねらって写真を撮ってきました。
風情を感じてもらってうれしいです。

>> 京阪快急3000さんへ

こんばんは。

桜は、一斉にパッと咲きだすので、「こんなにも桜が植えてあったんだ。」
と、びっくりしますね。

京都に限らず、地元に住んでると、あまりその良さがわからなくて
逆に、観光客のかたに教えられることはよくあるみたいです

ぜひ伯母さんを京都へご招待してあげてくださいね。

>> 舞。さんへ

こんばんは。

例年、電車と桜の写真を撮りまくっているうちに、花見シーズンが
終わってしまうの繰り返し(笑) だったので、今年は、有名花見スポットに
出かけてみることにしました。

ことしに入ってから、祇園・清水周辺でロケハンを繰り返してきたので、スムーズに
ポイントも移動できました。

人や車の途切れる瞬間に、サッと撮って、パッと逃げるの繰り返しです
出きれば、三脚たててじっくり、ゆっくり撮りたい所ですが、祇園界隈では不可能ですね

>> ターコイズ さんへ

こんばんは。

梅田の熊本県の大阪事務所には、いったことありませんが、
船場のローソンのくまもと物産コーナーには、年に何回かくまモンが
来てくれるので、よく写真撮りに行ってます。

熊本も、また行きたいなぁ。新幹線なら新大阪から3時間ちょっと。
阿蘇山も天草もSL人吉号でも、日帰り圏ですね

>なかっちょさんへ
こんにちは。
朝から精力的に丸一日、
お疲れ様です!
やはり元気ですね!
私は、エネルギーが無くて。
きっかけがないといけませんね。

なるほど、写真を見ていて「んっ?」
と感じたのですが、
何かしらと思っていたら、
そうか、早朝だったのですね。
それだったらうなずける。
と言っても、何の事やら分かりませんね。
ゴメンナサイ。

>> 播州太郎さんへ

こんにちは。

この日は良い天気でしたが、この写真を撮った時間帯はまだうす曇で
町なかにも陽は差していませんでした。

むしろ落ち着いた花街の風情を写し取るには、曇りのほうが
良かったようです。

答えになってますか(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京阪沿線花見撮影会(その2) 祇園白川から知恩院へ:

« 京阪沿線花見撮影会(その1) 出町寺町の本満寺 | トップページ | 京阪沿線花見撮影会(その3) 円山公園から八坂神社へ »

フォト
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ