« 京阪沿線花見撮影会(その7) 伏見の酒蔵と運河を歩く | トップページ | 漫画家の小島功さんをしのんで、黄桜カッパカントリーへ »

2015.04.17

京阪沿線花見撮影会(その8) 夕暮れの東寺の五重塔

4月4日に「ことしの花見撮影は今日一日が勝負だ」とばかりに、朝から日の暮れまで京阪沿線の桜の名所を回ってきました。

最後は、ここに決めていた夕暮れの東寺にやってきました。天気予報では夕方まで持ちそうでしたが、かなり雲が厚くなってきて夕日の照りは期待できそうもありません
*
2014046touji_sakura01
まずは、五重塔をアップで。やっぱり京都のランドマークだけあって見ごたえ十分です。

ここも、いつもは拝観料をケチって(笑)、柵の外から撮影してますが、あまりタダ見すると、弘法さんの罰があたりそうなので、この日はお賽銭を出して本堂に入ってみました。
*
2014046touji_sakura02
満開のソメイヨシノのともに。
*
2014046touji_sakura03
次は、紅しだれの向こうにから。
*
2014046touji_sakura04
瓢箪池に映る逆さ五重塔。この構図をネットで見つけて自分も写してみたかったのです(^^ゞ
*
2014046touji_sakura05
本堂(金堂・講堂)にお参りします。金堂の中には、本尊の薬師三尊と十二神将、講堂には大日如来を中心に、21体の仏像が立体曼荼羅を構成して、真言密教の世界を体現しています。

窓の外には、甍の波を背景に満開の桜。いつまでも見ていたい情景です。
*
2014046touji_sakura06
金堂と講堂の間からは、花の衣をまとったような五重塔が。空模様はイマイチでしたが、いい日に撮影に行けて良かったです。
*
2014046touji_sakura07
京の桜番付があるならば、東の横綱の祇園しだれ桜と並び立つ、西の横綱の東寺の不二桜。

でも、2年続けて満開なれど曇り空での撮影でちょっとショック
*
2014046touji_sakura08
定番のアングルですが、わざと露出アンダーで撮ってみました。
*
2014046touji_sakura11 *
もし、晴天ならば、上の絵葉書のように撮れるのだそうです(^^♪
*
2014046touji_sakura09
すこし引いて、塔が目立つアングルで、もう一枚。
*
2014046touji_sakura10
最後は、花筏の蓮池に映る姿を撮って、今日の締めくくりと致しました。
:
Sakura_line
2014047kitaouji_sakura01
長い間、お付き合いくださいまして、ありがとうございました。

今年の桜は、雨にたたられて晴天の下で撮れたのはこの一日くらいでしたが、まあ満足できる写真はとれた様に思います。

花と電車の写真が、まったく撮れなかったのがちょっと残念ですが、また来年の桜の時期のお楽しみということで(笑)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 京阪沿線花見撮影会(その7) 伏見の酒蔵と運河を歩く | トップページ | 漫画家の小島功さんをしのんで、黄桜カッパカントリーへ »

コメント

おはようございます。

この日は1日、お疲れ様でした。
花見の記事、とても楽しめましたよ。

東寺は、近鉄京都線の車窓や本の写真などでしか見たことがないので、機会ができたらぜひ一度足を運びたいと思いました。

瓢箪池に映る逆さ五重塔。
素晴らしいですね。
やはり風情がありどれも素敵。
花筏の蓮池の1枚も、好きです。

懐かしい場所がいろいろ登場して楽しませていただきました。
ありがとうございました。 元気になってまた絶対京都には行きたいです

>> 京阪快急3000さん へ

こんばんは。

続けて見ていただきましてありがとうございました。

東寺は、梅小路公園や京都駅に近いので、一緒に回られると
効率が良いですよ。

>> ホシノ さん へ

こんばんは。

手前の蓮池は、真夏にハスの花が咲くときによく撮影に行くのですが、
五重塔の手前にも池があるのは知りませんでした。

京都は奥が深い(笑)です。

>> ターコイズさん へ

こんばんは。

いつも、コメントありがとうございます。
元気になられて、京都へお出でいただく日を楽しみにしております。

東寺は何度か行ったけど 桜の季節に行って無いわ、、、
見事な桜あるんやね~~
1度は見ておかないと
今年はもう遅いから 来年にでも

雨の中 デート??
私にもそんな時代もあったなぁ(*v.v)。

>> 音姫さんへ

こんばんは。

桜の季節は短いから、なかなか満開に合わしていくのは
たいへんですね。特に今年みたいに雨の多いときは

最後の写真、なかなかいいでしょ(笑)
バックの、鴨川の桜祭りは雨で延期になったけど、橋の上で、
通るひとを、次々に撮ってみました。このカップルは絵になったなあ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京阪沿線花見撮影会(その8) 夕暮れの東寺の五重塔:

« 京阪沿線花見撮影会(その7) 伏見の酒蔵と運河を歩く | トップページ | 漫画家の小島功さんをしのんで、黄桜カッパカントリーへ »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ