« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月に作成された記事

2015.05.30

【京阪】御殿山駅付近でちょい撮り

24日に枚方の市民の森公園にハナショウブを見に行ってきました。行く途中にたまたま楠葉駅にトーマスの8000系が急行運用に入るために待機しているのが見えたので、御殿山駅近くの黒田川沿いで撮影してみました。
*
8008_07
まずは先行の特急で試し撮り。2階建て車を架線柱が切ってしまいました。もうすこし引き付けて撮ったほうが良いようですが、手前には信号機器箱が邪魔してて苦しい
*
8010_12
立ち位置をすこし右にずらして、トーマス号はなんとかクリアー
*
8010_13
急行しか止らない駅で待ってた家族連れは、「トーマスが来た!」と大喜びだったでしょうね。
*
8002_03
ちなみに上り電車の後打ちでは、きれいに編成が収まりました。

この後、楠葉駅にもどって市民の森へ向いました。
*
(続く) (次回は、ハナショウブとスイレンの花をお届けします)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.05.29

【叡電】初夏の花シリーズ2015 (第4回:ツツジ・オニタビラコ・テッセン)

初夏の花シリーズの第4回目は、散歩の途中にたまたま花が咲いていたのでちょっと撮った(^^) 山野草や雑草化したお花です。
*
903_0200
ヤマツツジ この付近の里山には4月下旬から5月下旬くらいまで薄ピンクのヤマツツジが咲きます。ヤマフジとともに新緑の里山に良いアクセントになってくれます。(スマホで撮影)
*
901_0238
これは、二軒茶屋駅のホームの外れの崖に咲いてるのをコンデジで写したもの。上の一枚とともにアングルに苦労しましたが、こんな時は小型軽量のスマホやコンデジの出番ですね(^^♪
*
811_0132
同じく二軒茶屋駅の鞍馬方のオニタビラコ? の群生。
キク科の野草は帰化植物も含めて種類が多いので特定するのに苦労します。もし違ってたら教えてくださいね。
*
901_0237
黄色と赤のコントラストがGood!
*
721_0116
これは、テッセンですが近くのお家で栽培されてた種が線路脇のフェンスになかば野生化して巻きついてます。
*
901_0239
毎年、今頃に花開くので車窓からチェックして写してます。
*
(次回は、京阪ネタです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.05.27

雨の日に写した初夏のお花たち(^.^) (その2)

5月に入ってからは、週末も良い天気の日が多くてありがたいです。

でもアヤメやカキツバタ、バラの撮影には、くもりや小雨の日のほうが好都合だったりするので、わざと雨の日に出かけてます。

メインのお花の合間に写した季節のお花たちもそのまま枯らしては申し訳ないので(笑)、順にアップしていきますね。
*
201505_5kamogawa07
ムラサキツメクサの葉っぱ
(鴨川公園)
*
201505_6kamigoryou02
シラン
(天寧寺)
*
201505_6kamigoryou03
ツツジ
(天寧寺)
*
201505_6kamigoryou04
藤の葉っぱ
(上御霊神社)
*
201505_7teramachi01
シャクヤク
(本満寺)
*
201505_7teramachi04
シロショウブ
(本満寺)
*
201505_7teramachi05
雨上がりの草花は露に光って、五月晴れのもととはまた違った表情を見せてくれますね。

ぼちぼち梅雨入りの話題の聞かれる季節になってきました。次はアジサイをメインに初夏の花にカメラを向けてみたいと思ってます。
*
(次回は、叡電ネタです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.05.26

雨の日に写した初夏のお花たち(^.^) (その1)

5月に入ってからは、週末も良い天気の日が多くてありがたいです。

でもアヤメやカキツバタ、バラの撮影には、くもりや小雨の日のほうが好都合だったりするので、わざと雨の日に出かけてます。

メインのお花の合間に写した季節のお花たちもそのまま枯らしては申し訳ないので(笑)、順にアップしていきますね。
*
201505_1midorogaike05
ツツジ
(宝ケ池球技場内)
*
201505_1midorogaike04
タニウツギ
(宝ケ池公園)
*
201505_2ohta_jinjya05
南天の葉
(大田神社)
*
201505_4kamigamo01
ならの小川
(上賀茂神社)
*
201505_4kamigamo04
クスノキの葉っぱ
(上賀茂神社)
*
201505_5kamogawa03
キショウブの葉っぱ
(賀茂川の土手)
*
201505_5kamogawa04
クローバー
(賀茂川の土手)
*
201505_5kamogawa06
ムラサキツメクサ
(賀茂川の土手)
*
201505_5kamogawa05
雨降りで鴨川公園は開店休業状態(笑)でしたけど、一面のクローバーの広場を独り占めして走り回ってきました。

帰ったら、靴もズボンも泥だらけで、「お父さんは、こども見たいなことしはって」と、家人に怒られてしまいました
*
(続く) +
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.05.24

京都一周トレイル北山コースを歩く(鷹峯~二ノ瀬)

5月の歩こう会は、4月が雨で流れたのでGWにつづいて17日に北山を歩いてきました。

今回は、京都一周トレイルの鷹峯~二ノ瀬です。
*
201505_kyoto_trail01
出発は、佛教大学前バス停から。ここから鷹峯まではバス道路を歩きます。格子戸に虫子窓の旧家の前に今宮神社の祭礼の準備が進んでいました。
*
201505_kyoto_trail02
鷹峯の光悦寺の参道。青葉もみじが美しいです。この日は時間がないので、門前で頭を下げて通過します。
*
201505_kyoto_trail10
光悦寺の先が、いよいよハイキングコースのスタート地点、写真の地図で、青線で塗ってあるのが歩いたコースです。

京見峠までは、新旧の道がありますが、この日は旧道を選択。
*
201505_kyoto_trail03
長坂越えの入口です。その昔は若狭・丹波と京の都を結ぶ鯖街道の終点として栄えたといわれます。今は新道がひらかれてひっそりとしています。
*
201505_kyoto_trail04
山道に入ると、予想に反して(笑) 急坂がつづき一気に汗をかきます。北山杉の中を歩くこと30分足らずで、峠の茶屋に着きました。
今は店じまいしてますが、雰囲気は昔のまま。
*
201505_kyoto_trail05
京見峠の名は、丹波から上ってきた旅人がはじめて京の町を見下ろしたところから付けられています。標高446m。

一時、不法投棄が問題になり峠の周りに植林されてしまい眺望が失われていたのですが、ゴミ問題は解決したのか、今はまた市内が一望できるようになってました。

峠には、高雄方面に向かうトレイルの山道、杉坂と氷室に向かう車道が交差しています。今回は氷室方面に向かいます。
*
201505_kyoto_trail06
標高480mの長坂峠を越えると一気に下り坂になり、氷室の集落に入ってきます。

氷室は平安の昔、京のみやこの近郊の山里に冬場に氷を貯蔵しておいたところです。夏(旧暦6月15日/太陽暦では7月中・下旬)に宮中に氷を献上するならわしでした。

枕草子にも「あてなるもの。削り氷にあまづら 入れて、新しき金鋺に入れたる。」とでてますね。

管理人の家の近くの叡電宝ケ池駅の裏山にも上高野氷室町という地名が残っており、愛宕郡小野氷室跡とされています。

栗栖野氷室跡とされるところへも行ってみましたが、何の変哲もない(笑)窪地で、今の気候では夏どころか春先までも天然氷を貯蔵するのは難しそうです。昔の京都はもっと寒かったんでしょうねえ。
*
201505_kyoto_trail07
氷室神社です。北山杉の古木の上から初夏の陽気が降りそぞぎ神秘的な雰囲気でした。

社殿には、
「夏ながら秋風たちぬ氷室山 ここにぞ冬を残すと思えば」
(藤原定家) の和歌が書いてありました。
*
201505_kyoto_trail08
氷室までは車道を歩いてきましたが、ここからは、本格的な山道になります。

小峠を越えると、盗人谷というちょっと恐ろしい(笑)名前の渓谷を下っていきます。
*
201505_kyoto_trail09
絵に書いたような という表現がピッタリの丸木橋がありました。
この付近は、コースの中間に当るので二ノ瀬方面からのグループとひんぱんにすれ違います。

同じトレイルのコースでも、ほとんど人の通らない比叡山の行者道とはえらい違いです(^^ゞ
*
201505_kyoto_trail11
山幸橋で、一旦車道にでます。ここでしばらく車道を歩く大岩コースとまた山道になる向山コースに分かれます。今回は向山コースを選択し、写真の発電所の前を通って、向山の尾根を登ります。

ちなみにこの洛北発電所は、最大出力450kw,常時出力200kwだとか。
*
201505_kyoto_trail12
向山への登りは、思ったよりもキツくてちょっとバテました(^^ゞ
それでも20分ほどで山頂の展望台に到着。(標高426m)

開けている方向が南東側なので京都市内のパノラマは望めず東山の斜面が見えるだけでした。でも空気の澄んだ日には遠く生駒山まで望めるのだとか。
*
201505_kyoto_trail13
最後のポイントの夜泣峠につきました。ここからは二ノ瀬に向って下るだけ。自然と足も速くなります(^^ゞ
*
201505_kyoto_trail14
ハイキングコースの入口からちょうど3時間で二ノ瀬駅に到着しました。電車の後ろがいま登ってきた向山です。

アプローチ区間も入れて、15km、25,000歩ほどの森林浴コースでした。
*
(次回は、雨の日のお花のシリーズを)

*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.05.23

【JR西】ちょこっと撮り歩き

鉄道写真撮影が目的ではないのですが、やはり線路の近くを通ったり移動で乗ったりすると、ちょこっと写したくなるのが人情ですね(笑)

ここしばらくに撮り溜めたのを、すこしUpしときます。
*
Honmachi57
5月2日に梅小路に行く前に、ちょこっと本町跨線橋へ寄りました。

5074レ 東京貨タ行き EF66-111
*
Honmachi58
1058レ 越谷貨タ行き EF210-164
*
Honmachi59
引き上げ線での時間待ちのスーパーはくと7号。

鳥取県出身の漫画家、谷口ジロー氏の作品を装飾したイラスト列車です。
*
Honmachi60
一週間後の5月10日の本町跨線橋を行く、5074レ

EF66-101 100番台のトップナンバー。
*
Honmachi61
1058レ EF210-142
*
Honmachi62
新緑の季節にふさわしい(笑) 抹茶色の117系 近江今津行き1822M

その昔、ぶどう色(茶色)一色の70系急電(快速)を「茶坊主」と、当時の鉄道ファンは呼んだそうですが、これは平成の茶坊主ですな
*
Tennouji01
続いて、大阪環状線です。

これは、4月29日の夕方に阪堺電車を見に行ったついでに写したもの。いよいよ環状線にも新車の導入が決まって、103系も落日のようです。
+
Tenma01
これは、5月9日に中崎町のギャラリーに行った帰りの天満駅で見たイラスト電車。
*
Tenma02
窓ガラスにまで、ペイントしてあるのは凄いですね
*
Tenma04
天満駅のガード下では、こんな楽しいイラストも。

「環状線改造Project」のお知らせ。
*
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.05.21

中之島公園でバラを撮ってみる (その3)

大阪の中之島公園のバラ園が見ごろになったとテレビのニュースにも出てたので見に行ってきました。
*
201505nakanoshima21
文章1
201505nakanoshima22
文章2
201505nakanoshima23
難波橋のたもとまで来て、また天神橋方面に折り返します。
*
201505nakanoshima24
文章4
201505nakanoshima25
文章5
201505nakanoshima27
文章1
201505nakanoshima28
文章2
201505nakanoshima29
バラを撮るのは、難しかったです。バラの撮り方だけで一冊の本になってますし、バラを求めて世界中を飛び回られてるプロカメラマンもおられます。

やはり我流はだめですね。ちょっと参考書を読んで、上手い人の作品を見て、秋バラまでにすこし練習してみます
*
201505nakanoshima30
土佐堀川では、水上バスのうえで水上結婚式が開かれてました

バラの花にも祝福されて、お幸せにネ
*
(次回は、JRネタです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.05.20

中之島公園でバラを撮ってみる (その2)

9日は、大阪の中之島公園のバラ園が見ごろになったとテレビのニュースにも出てたので見に行ってきました。
*
201505nakanoshima12
その名も「ばらぞの橋」をわたって天神橋寄りから難波橋寄りへ移動します。
*
201505nakanoshima11
**
201505nakanoshima13
文章3
201505nakanoshima14
201505nakanoshima15
文章5
201505nakanoshima16
文章1
201505nakanoshima17
文章2
文章3
201505nakanoshima19
文章4
201505nakanoshima20
文章5
(続く)
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.05.18

中之島公園でバラを撮ってみる (その1)

GW以降は、比較的よい天気が続いているので、4月の春の長雨のブランクを取り戻すべく(笑) 精力的に出歩いてます。

大阪の中之島公園のバラ園が見ごろになったとテレビのニュースにも出てたので見に行ってきました。
*
201505nakanoshima01
中之島公園のバラは、なんと310品種、3700株もあるのだとか、その約一割の(笑)30品種ほど写してみました。

実は、「バラを本気で撮るのは非常に難しい」と、聞いているので今まで敬遠してました。それで、どんな撮り方が良いのかもわからないので、植物図鑑的に、お花のアップばかりで撮ってます。

それと、たくさんある品種の説明もまったく出来ませんので、名札を添えておきますね。

バラ撮りの達人クラスの方には笑われそうな仕上がりとは思いますが ご覧下さい。
*
201505nakanoshima02
*
201505nakanoshima03
文章3
201505nakanoshima04
4文章
201505nakanoshima05
文章5
201505nakanoshima06
文章1
201505nakanoshima07
文章2
201505nakanoshima08
文章3
201505nakanoshima09
文章4
201505nakanoshima10
文章5
(続く)
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.05.17

梅田・茶屋町のダンボール製のチンチン電車とSL

大阪梅田の茶屋町地区一体で開かれている、チャリウッド2015というイベントの展示のダンボール製のチンチン電車とSLを見てきました。
*
201505chayamachi01
「阪急北野線34形36号路面電車」です。ダンポール製とはいえ、実物大で、かなり細部まで作りこまれています。
*
201505chayamachi02
車内には、立ち入れません。
*
201505chayamachi03
木製車体の羽目板や、台車・線路まで作られています。
*
201505chayamachi04
現役当時の写真も展示されています。

残念ながらでは、昨日と今日の(5/16,17)のみの展示の予定だそうです。また、どこかに飾って欲しいですね。
*
201505chayamachi05
続いて、ダンポール製のD51です。
:
201505chayamachi06
旧国鉄では、1161号機まで作られているので、その次の番号を割り当てているのでしょうね。
*
201505chayamachi07
炭水車(テンダー)部分も作られてますが、展示場所の都合で本体のみの展示になったそうです。
*
201505chayamachi08
「鉄道省 長崎工場」製とは、遊びゴコロも載せてますね
:
201505chayamachi09
足回りも本物そっくり、精巧な出来栄えに感心します。
:
201505chayamachi10p
Q&A形式で、模型の概要が掲示されてます。

こちらも、今日までの展示です。

次回は、中之島公園のバラ園に行きます。
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.05.15

【叡電】初夏の花シリーズ2015 (第3回:清流とシャガの花)

花とえーでんシリーズの5月初夏号の第3便は、鞍馬川の清流とシャガの花電車にご乗車ください。
*
801_0124
初夏の北山を彩るシャガの花は美しいのですが、やや日陰を好む性質があり、電車とあわせて写せるところは少ないのです(^^ゞ

この写真も、無理やり一画面に収めてみましたが、やっぱり電車が白飛びしてしまいました
*
811_0130
貴船口の鉄橋の下に群生地がありました。

地面に這いつくばってなんとか写せましたが、しんどかった(笑)
*
811_0131
河原に降りてみます。さすがにまだ水は冷たいですが、気持ちよかったです。
*
801_0125
すこし上を向くと、新緑の見えます。さらに上には第1便で紹介した、ヤマフジの滝があるのですが、さすがに一画面には入りませんでした(^.^)
*
Kibuneguchi12
轟々と流れ落ちる滝の音で、電車のやってくる音も消されがち
*
Kibuneguchi09
岩肌にへばりつくシャガの花。

これと電車を合わせようといろいろと試してみましたが、叶いませんでした
*
903_0199
『おまけ』

オレンジきららが写っていませんが、この日は「比叡山きらら」の運用に入って、11時台から鞍馬線に回ったからです。

この写真は、5月2日の撮影ですが、やはり比叡山きららの送り込みで車庫を出発するオレンジきららです。
*
  (次回は、中之島公園のバラです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.05.14

【叡電】初夏の花シリーズ2015 (第2回:青葉もみじ)

花とえーでんシリーズの5月初夏号の第2便は、さいきん人気急上昇 中の青葉もみじ電車にご乗車ください。
*
811_0129
2・3年前から、各地で青葉もみじを見るのが流行りだし、叡電でも叡山線に「新緑・比叡山きらら」号を運転したり、もみじのトンネル区間で徐行運転したりしてサービスに努めています。

朝日をあびて輝く新緑のトンネルを走るのは、本当に気持ちがいいですね。
*
802_0119
これも定番アングルですが、四季折々の背景をバックに定点撮影するのは、けっして飽きませんね(笑)
*
901_0235
叡電の電車は、白っぽい車体がベースの車が多いので、自然の風景の中に埋まってしまいがちですが、やはり真っ赤なきらら号は浮き立ちます
*
901_0236
ちょっとお顔を枝が隠してしまいました。もうすこしかがめばよかったかな(^^ゞ
*
Kibuneguchi13
緑と朱色のコントラストが強烈
*
Kibuneguchi11
足元は、青葉もみじの鹿の子模様に
*
Kibuneguchi16
そして、晩秋にはこうなります........ 

(2013.11.24)
*
Kibuneguchi14
*
あらたうと青葉若葉の日の光 (芭蕉  奥の細道より)
*
(続く) (次回は、鞍馬川の清流電車です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.05.13

【叡電】初夏の花シリーズ2015 (第1回:ヤマフジ)

叡電ファンの皆様、お待たせしました

花とえーでんのシリーズは、4月の桜号が天候不順と年度初めの繁忙期で完全に運休になってしまいましたが、GWに撮影した鞍馬山の新緑に咲くお花から5月初夏号として運転再開いたします。

まずは、ヤマフジからご乗車ください。
*
901_0234
撮影は、5月5日の子供の日。特記以外は鞍馬~貴船口、および貴船口駅周辺。

11時から村祭りが始まるので朝8時前に鞍馬に向いましたが、もう観光客が乗っているのにはびっくりしました。鞍馬寺も貴船神社も9時にならないと開門しないし、バスもケーブルもまだ動いてないし、どうして時間をツブすんでしょうね(^^)

写真のポイントは、4月に右手の桜並木とあわせて撮りに来ることが多いのですが、もう葉桜になって電車にかげを落としています。
*
811_0128
鞍馬山は、北山杉の植林地が多くてあまり花が咲かないのですが、この時期は藤紫が彩ってくれます。

山間部で、鞍馬側の先頭車に真正面から光の当るポイントや時間帯は少ないのですが、朝早き来て正解でした。

叡電ハトマークも誇らしげに新緑の帯を巻いた電車が登ってきました。
*
813_0113
はるかに貴船口駅が見えるポイントに、みごとなヤマフジの滝(^^♪ がありました。

やってきたのは、お待ちかね藤色の帯を巻いた813+814号です。
*
813_0114
定番のアングルですが、新緑の貴船山に点々と紫のドット柄が置かれているのはこの時期だけのお楽しみですね。
*
802_0118
すこしアップにしてみました。

今度は、桜色の帯の電車が来ました。
*
Kibuneguchi15
さらに枝に近づいてみました。 藤棚とはちがって野生の藤の花です。豪快に咲いてます
*
Kibuneguchi10
足元をみると、藤の鹿の子模様。神社の参道ですが踏むのがモッタイナイ(^^♪
*
802_0120
最後は、市原~二ノ瀬間の「もみじのトンネル」の出口付近になる鉄橋です。

橋脚の下から藤の花をめでるアングルを発見できました
*
(続く) (次回は、青葉もみじ電車をお届けします)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.05.11

【京阪】比叡山の帰りに、大津線をチョコッと撮影

5月6日の比叡登山の帰り道に、ちょこっとだけ京阪石坂線を写してきました。

重たいので、デジイチは持っていかず、コンデジ&スマホ撮りですので、画質はそれなりです
*
705_03
近江神宮前~南滋賀間の郵便局で、またまた丸ポストを見つけたので、「ふれあい号」のイラスト電車(705+706)と合わせてみました。
617_04
同じ場所で、石山寺行きの「ちはやふる」のイラスト電車(617+618)をヤグルマギクとともに。

ちょっと邪魔な電線が写りこんでしまいました(^^ゞ
*
707_02
浜大津駅では、「和歌山国体ボート競技」のPR電車を撮影。

でも、わざわざびわ湖まで競技しに来なくても、和歌山県には漕艇場ってないのかなぁ? ← 素朴な疑問??
*
811_02
京津線の811Fの編成には、琵琶湖疏水の観光ポスターが貼ってありました。
*
811_03
本線の3000系にも貼ってあるけど、マトモな写真は初めて撮れた。
*
(次回は、叡電ネタです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.05.10

新緑の比叡山横断登山

GW最終日の5月6日は、ひさしぶりに比叡山を横断登山してきました。
*
201505hieizan01
出発点の叡電修学院駅前付近から見た比叡山です。標高848.3m 写真に見えるピークは四明岳(838m)です。この付近は標高85mくらいなので、760mほども上ることになります

コースタイムは、5キロで2時間半くらい(休憩なし)です。
*
201505hieizan02
水呑対陣跡の展望台です。標高380mくらい。経過タイム40分ほど。
*
201505hieizan03
ケーブル比叡駅の展望台からの京都市内の眺めです。
標高690m、経過タイム1時間10分ほど。
*
201505hieizan04
駅の待合室では、叡山ケーブル開業90周年記念の写真展が開かれています。
*
201505hieizan05
なかには見たことのないような工事中や開業試験中の貴重な写真もありました。
*
201505hieizan06s
昭和5年の車両設計変更申請書です。「京都電燈株式會社」(京福電気鉄道の前身)の社名が時代を感じさせます。

(クリックすると拡大して文字が読みやすくなります)
*
201505hieizan07
写真展で一服して、また行者道を大比叡の山頂を目指します。

写真は、「やどり地蔵さま」。名前の由来は願を掛けると子どもが宿ると事から宿る地蔵が「やどり地蔵」になったと云われます。
*
201505hieizan08
ようやく山頂のガーデンミュージアム比叡につきました。ここまで休憩込みで1時間40分でした。

10時の開園までまだ20分ほどありますが、すでにドライブウェイを自家用車やバスでやってきた観光客が始まるのを待ってました。
*
201505hieizan09
山頂の駐車場から5分ほど歩くとピークの大比叡に到着です。
歩数は、ちょうど10,000歩ほどでした。

良い運動になりました ここからは、延暦寺の境内を抜けて坂本まで一気に下ります

一等三角点の標柱にお賽銭?が置いてあるのは、なにかのオマジナイ 去年はなかったような......
*
201505hieizan10
延暦寺に着きました。境内には八重ですがまだ桜が咲き誇っています。下界とは10日から2週間くらい遅いですね。
しだれざくらも、ほぼ散りかけですが、すこし花が残ってました。
+
201505hieizan12
戒壇院には、シャクナゲが見ごろになってます。
*
201505hieizan13
樹齢数百年(?)の杉の古木とヤマツツジの競演。
お山は、遅い春と初夏が同居してますね
*
201505hieizan14
延暦寺の正門、文殊楼から見下ろした根本中堂。

ここから本坂を坂本まで下ります。
*
201505hieizan15
標高300mくらいのところからみたびわ湖。もやがかかってるのか写真写りがよくありません(^^ゞ
*
201505hieizan16
穴太積みの町、坂本の日吉大社の前に着きました。根本中堂(標高670m)から130m程度の門前まで標高差550mほどの標高差を35分ほどで滑り降りました 
(ちなみにケーブルでは所要12分です)
*
201505hieizan17
ちょうどお昼になったので、参道の新緑の木陰でお弁当にしました。

運動した後のは、美味しい。
*
201505hieizan18
老舗の蕎麦屋さん「鶴喜そば」 創業三百年の伝統を誇ります。

お昼時はもちろん混んでますが、すこし遅めに行くとゆったりと食事ができます。できれば奥の間か二階のお座敷で味わいたいところです。
*
201505hieizan19
そば屋さんの向かいには、こんな古い商家も残っています。
*
201505hieizan20
食後の腹ごなしに、坂本から近江神宮まで5キロほど歩きました。さすがにここから山中越えで京都まで歩いて戻る気力はないので(笑)、京阪で帰ります。
*
613_05
近江神宮前から地下鉄三条京阪まで、510円も掛かりました。初乗り加算があるとはいえ、わずか11キロの行程にちょっと高い

地下鉄と大津線の一日乗車券1100円を買えば区間によっては、往復するだけで元が取れるよ
*
(続く) (次回は、帰り道の京阪大津線の小ネタです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.05.09

雨の日に写した春のお花たち(^.^) 花見の頃編(その2)

今年の春は、特に雨が多かったですね。
電車とカメラとお散歩の大好きな管理人は、毎週末の を怨んで、天を呪ってました

それでも、最近はスマホのカメラの性能も上がって、傘をさしながらの片手撮りでもなかなかの画像が得られるようになってきました。

散歩の途中の手なぐさみスナップばかりで、しかも季節外れになっちゃってますが、ご笑覧ください。
*
201504haru_hana06
松ヶ崎浄水場前にて
*
201504haru_hana07
相国寺にて
*
201504haru_hana08
相国寺にて
*
201504haru_hana09
下鴨神社の糺の森にて。
*
201504haru_hana01
馬橋から高野川土手の桜並木越しに比叡山を望む。

これが、晴天なら orz......
この日の夜に、春の嵐の土砂降りになって、今年の花見は終わりました
*
Bdline1
*
また、雨や忙しくて、記事の書けないときに載せます
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.05.08

【阪堺】ちょこっと撮り歩き

GW中も、4月29日の昭和の日、5月3日の憲法記念日と休日出勤したのですが、早めに切り上げて、帰り鉄で阪堺電車をちょこっと撮ってきました。
*
Hankai0082
まずは、29日の夕暮れの阿倍野~松虫間。

阿倍野筋から専用軌道に入るところ。線路脇のわずかな敷地に地元の方が鉢植えなどで花を育てておられます。
*
Hankai0083
つつじが満開でした。さらに東天下茶屋駅までぶらついて戻ります。
*
Hankai0084
つづいて、3日の午後の帝塚山界隈。この日は地下鉄の天下茶屋駅から聖天坂駅を通って東天下茶屋駅にでて線路沿いに住吉まで歩きました。2日に分けてですが、上町線の全線を走破しました
*
Hankai0085
丸ポストにアーチ型の玄関が似合う、帝塚山郵便局前で一枚。
:
Hankai0087
神ノ木駅で南海高野線をオーバークロスして、一気に台地を下ります。この急勾配区間は、上町線のハイライトかも
*
Hankai0089
坂を下り終えたところに、テッセンが咲いてました。ちょうど同じ色の電車がやってきてラッキー!
*
Hankai0088
こちらは坂を上っていく、雲の電車。最近は広告電車が増えて、シンプルな塗装の電車はあまり見かけなくなりました。
*
Hankai0090
さすがに、住吉の交差点は撮影ポイントだけあって、何人かカメラマンの方がおられます。

その中で、ぐうぜん地元のファンの方と再開しました。南海本線のネタ車の時間つぶしに来られたのだとか。

その方のお話では、モ161形は堺トラムの増備で、たまに貸切で走る以外はほとんど出番が無いそうです。これから暑くなると夏休み状態になるので、見れるのは非常に難しくなりそうなのだとか
*
Hankai0091
こんな看板を見つけました(^^)
*
(次回は、新緑の比叡山に登ります)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.05.07

大田神社のカキツバタと上御霊神社のイチハツ

5月4日は、雨になりました。でも小雨なので大田神社のカキツバタと上御霊神社のイチハツを写しに行ってきました。
*
201505_1midorogaike01
まずは、深泥池に寄ります。 ここにも天然記念物に指定されたカキツバタが生えています。
*
201505_1midorogaike02
大田神社のように群生はしていませんが、白い花が数株づつ咲いています。雨にぬれていい感じ。
*
201505_1midorogaike03
真ん中の葉っぱは、ミツカシワ。沼に浮いているのはジュンサイです。
*
201505_2ohta_jinjya01
大田神社に着きました。今年は去年より1週間近くもはやく見ごろになったようです。

でも、花の数は、去年のほうが多かったような(^^)

※ 花が少ないのは、鹿が食い散らしたためだと新聞にでてます。困ったものです 記事のアドレス↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150507-00000005-kyt-l26
*
201505_2ohta_jinjya02
やはりアヤメ類は、しずくのついているほうが風情がありますね。

小雨模様でしたが、それなりの見物客がありました。
*
201505_2ohta_jinjya03
この沢は、撮影ポイントが限られているので毎年おなじような構図になっちゃうのが苦しいところ(^^ゞ

でも、ワンパターンもまた良きかなですが。
*
201505_5kamogawa01
上賀茂から鞍馬口へは、加茂川の土手を通っていきます。川原にキショウブが生えています。
*
201505_5kamogawa02
この花は、その色彩からか曇りより五月晴れのもと、青く澄んだ水辺のほうが似合うような気がしますね。
*
201505_6kamigoryou05
上御霊神社のイチハツは、残念ながらピークを過ぎてました(^^ゞ

まだ元気な花も多かったですが、外堀は雑草が生えて見苦しくなってます。
*
201505_6kamigoryou06
何とか、群性しているところを見つけて一枚。

週末ごとの散歩では、なかなか自然を相手にピークを撮り続けるのはむつかしいですね
*
201505_6kamigoryou07
この他にも、みちみち目に付いた草花を撮影しています。また、機会があればアップしていきたいと思います。
*
(次回は、阪堺電車ネタです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.05.05

【梅小路】初夏の花とチンチン電車を撮影

GWも本番に入りました。連日もう真夏になったような日差しですが 春の長雨で写せなかった時期を取り戻すべく(笑)、精力的な出歩いております。

2日は、開園20周年を迎えた梅小路公園にSLとチンチン電車の初夏の情景を写し取ってきました。
*
Kyoto_siden05
チンチン電車には、でっかいヘッドマークが付いてます。

でも、もう開園して20年も経つんですね。長いことSL館と旧のチンチン電車の線路と朱雀の庭くらいしかなかったのが、水族館や市電広場ができて、京都鉄道博物館の新設も進んで、大勢の人が訪れるようになりました。

比較的不便だった足の便も、山陰線の新駅の設置も決まって、飛躍的に良くなりそうです。
*
Sl_steam33
20年前の写真が出てきました。SLの横は山陰線に特設された「緑化フェア梅小路駅」です。まだ単線でキハ58系が写っているのが懐かしいですね。
*
Kyoto_siden06
初夏の陽気をあびて、花壇も花盛り。線路の仕切りにはつつじの花が続き、
*
Kyoto_siden07
色とりどりのポピーが風にゆれ、
*
Kyoto_siden08
その他、何種類もの草花が電車を飾ってます。

これがほんとの花電車 ですね。
*
Kyoto_siden09
市電2000形もパンジーに囲まれてうれしそう。
*
Kyoto_siden11
市電広場には、鯉のぼりも泳いでます。こちらは開設一周年です。
*
Kyoto_siden10
市電広場の計画が発表された時は、「貴重な産業遺産である京都市電を売店や喫茶として使うなんてもってのほか」という声が上がりました。

わたしも1年後にはボロボロになってるのでは
と、危惧してましたが、意外と丁寧に使われてみたところはキレイな外観・内装を保っていて、ホッとしてます
*
Kyoto_siden12
市電の展示館では、当時の写真や資料の展示されてます。
*
Kyoto_siden13
おもわず「懐かしい!」の声がもれてしまいます。

右下の13番の電車で高校へ通ってました。もう40年も前になりました。
*
Kyoto_siden15
停留所に掲げられてた「急行通過」の表示。よく残ったものです。
*
Kyoto_siden14
トロバスの停留所の表示です。トロバスは、昭和44年(1969)に廃止されたので、あまり覚えてませんが、一度だけ乗った記憶があります。

この前、松尾大社に行った時に、松尾橋のバス停に当時の架線柱がまだ残っていて、感動(笑)しました。
*
Kyoto_siden16
あっというまに、この日の運転と展示は終わり(16時まで)、電車は車庫に入ってしまいました。
*
Kyoto_siden17
懐かしい写真を見て、帰り道は市電北野線の走っていた西洞院通りを歩いて見ました。(バスはN電の代行の50系統) 当時のままの建物も一部ですが残っていたりします。
*
(次回は、カキツバタとイチハツをお届けします)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.05.04

【梅小路】新緑とSLを撮影

GWも本番に入りました。連日もう真夏になったような日差しですが 春の長雨で写せなかった時期を取り戻すべく(笑)、精力的に出歩いております。

2日は、開園20周年を迎えた梅小路公園にSLとチンチン電車の初夏の情景を写し取ってきました。
*
Umekouji35_2
この日の機関車は、C622号機です。

まずは、若葉を入れて、オーソドックスに一枚。
*
Umekouji36
夏場は、ドレーンを切っても蒸気が白く吹き出さないので、ちょっと迫力に欠けますね

やっぱり寒いけど、真っ黒なSLは、真っ白な冬場が似合います。
*
Umekouji38
若葉の雲形に縁取られた機関車も、なかなかGood

でも、大柄なシロクニよりは、貴婦人と呼ばれるスリムなシゴナナかポニーと可愛がられた小型のシゴロクのほうが、より似合うような(^^♪
*
Umekouji39
新緑を翔ぶスワローマーク。

いまの季節にピッタリの画題ですね。これを狙ってこの日はやってきたので、上手く取れてホッとしました
*
Umekouji40
ちょっと虫食いの葉もありますけど、爽やかな写真になりました。
*
Umekouji41
キショウブともあわせてみました。

黒と黄色でタイガースカラー(笑)
*
Umekouji42
これからの時期は、火を使うSLの運転は大変でしょうねぇ。
機関士さん、子供たちのために頑張ってくださいね。
*
Umekouji43
子供たちの歓声と石炭のススのにおいを残して、SLが行ってしまた後は、チンチン電車に回ります。
*
(続く) (次回は、チンチン電車と市電資料館の話題です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.05.01

岡崎桜回廊十石舟めぐり

4月25日のお散歩の続きです。

松尾大社を出たあとは、嵐電・地下鉄と乗り継いで岡崎公園にやってきました。みやこメッセで開催の水彩画展「京を描く」を見るためです。
*
201504okazaki05
この展示会は、京洛文化サロンというグループの発表会です。主に京都市内北部をメインに市内や近郊の風景画が水彩で描かれています。

いつも散歩したり買い物に行ったりする街角も絵になるとまた違った趣きです。

中には、一枚譲っていただいて部屋に飾らせて貰いたいと思うような作品もありました。
*
201504okazaki01
帰り道の疏水べりを歩いていると、一本だけ遅咲きの八重桜が花びらというより花弁ごと風に散らせているのを見ることができました。
*
201504okazaki02
八重桜って、こんなふうにポトッて落ちるんですね。知りませんでした。椿みたい。
*
201504okazaki03
ちょうど十石舟が通りかかりました。ちょっと遅めの花見舟を写せてラッキー
*
201504okazaki04
舟を追いかけて、疏水を下っていくと、夷川ダムでUターンして、西日を浴びながら戻ってきました。

この情景、とても京都市内とは思えませんね。どこかの水郷みたい

嵐山にいた時、まぢかでみていた愛宕山がビルの向こうに頭をだしてました。

ようやく週末に晴れ間が戻ってきて、鉄道に寺社にアートにと、いろいろ楽しめた一日でした。
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ