« 【梅小路】新緑とSLを撮影 | トップページ | 大田神社のカキツバタと上御霊神社のイチハツ »

2015.05.05

【梅小路】初夏の花とチンチン電車を撮影

GWも本番に入りました。連日もう真夏になったような日差しですが 春の長雨で写せなかった時期を取り戻すべく(笑)、精力的な出歩いております。

2日は、開園20周年を迎えた梅小路公園にSLとチンチン電車の初夏の情景を写し取ってきました。
*
Kyoto_siden05
チンチン電車には、でっかいヘッドマークが付いてます。

でも、もう開園して20年も経つんですね。長いことSL館と旧のチンチン電車の線路と朱雀の庭くらいしかなかったのが、水族館や市電広場ができて、京都鉄道博物館の新設も進んで、大勢の人が訪れるようになりました。

比較的不便だった足の便も、山陰線の新駅の設置も決まって、飛躍的に良くなりそうです。
*
Sl_steam33
20年前の写真が出てきました。SLの横は山陰線に特設された「緑化フェア梅小路駅」です。まだ単線でキハ58系が写っているのが懐かしいですね。
*
Kyoto_siden06
初夏の陽気をあびて、花壇も花盛り。線路の仕切りにはつつじの花が続き、
*
Kyoto_siden07
色とりどりのポピーが風にゆれ、
*
Kyoto_siden08
その他、何種類もの草花が電車を飾ってます。

これがほんとの花電車 ですね。
*
Kyoto_siden09
市電2000形もパンジーに囲まれてうれしそう。
*
Kyoto_siden11
市電広場には、鯉のぼりも泳いでます。こちらは開設一周年です。
*
Kyoto_siden10
市電広場の計画が発表された時は、「貴重な産業遺産である京都市電を売店や喫茶として使うなんてもってのほか」という声が上がりました。

わたしも1年後にはボロボロになってるのでは
と、危惧してましたが、意外と丁寧に使われてみたところはキレイな外観・内装を保っていて、ホッとしてます
*
Kyoto_siden12
市電の展示館では、当時の写真や資料の展示されてます。
*
Kyoto_siden13
おもわず「懐かしい!」の声がもれてしまいます。

右下の13番の電車で高校へ通ってました。もう40年も前になりました。
*
Kyoto_siden15
停留所に掲げられてた「急行通過」の表示。よく残ったものです。
*
Kyoto_siden14
トロバスの停留所の表示です。トロバスは、昭和44年(1969)に廃止されたので、あまり覚えてませんが、一度だけ乗った記憶があります。

この前、松尾大社に行った時に、松尾橋のバス停に当時の架線柱がまだ残っていて、感動(笑)しました。
*
Kyoto_siden16
あっというまに、この日の運転と展示は終わり(16時まで)、電車は車庫に入ってしまいました。
*
Kyoto_siden17
懐かしい写真を見て、帰り道は市電北野線の走っていた西洞院通りを歩いて見ました。(バスはN電の代行の50系統) 当時のままの建物も一部ですが残っていたりします。
*
(次回は、カキツバタとイチハツをお届けします)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 【梅小路】新緑とSLを撮影 | トップページ | 大田神社のカキツバタと上御霊神社のイチハツ »

コメント

おはようございます。

自分もGWはこのイベントに行く予定にしていたのですが・・・。
あいにくの体調で・・・

でも、なかっちょさんが出向いたリポートで、行った気分になれました

ありがとうございますm(__)m。

お天気もいいし 電車と花の写真がめっちゃきれい(o^-^o)

おはようございます。

トロリーバスという言葉が懐かしく、私は30分かけて徒歩で四条中学に通学していたのですが、その頃
梅津(松尾橋)まで四条通をトロリーバスが走っていたように思うのですが…
記憶違いかも
もう何十年も前のことですから
市電とかトロリーバスは懐かしい響きです。

>> 京阪快急3000さんへ

こんにちは。

体調はまだ思わしくありませんか、お大事にしてくださいね。
公園のイベントは、GWまでのようですけど、GWが終わってからのほうが
人が少なくて、撮影しやすいかもしれませんよ。

鉄博に展示予定の車両もしばらくは、屋外に留置のようですから
落ち着かれたらぜひ行ってみてください。

>> 音姫さんへ

今年のGWは、天気に恵まれてどこも人でいっぱいですね。
春の長雨で写せなかったのを、モリモリと取り戻してます

>> ナビさんへ

こんにちは。

トロバスは、電車のようなバスのような不思議な(笑)乗り物でしたね。
チンチン電車は、まだ各地で活躍してますが、トロバスは立山黒部
アルペンルートでしか乗れないので、気楽に写しに行くわけには

こんにちは なかっちょさん 

ちんちん電車も、よく見ればなかなか風格がありますね。

学生時代四条通から百万遍まで(最初は西院、のち河原町から)、ノンビリ乗って通っていたことを思い出しますが、廃止してよかったのかどうか?

全国でまだ活躍をしていることを思えば、一寸先走りすぎたきらいが確かに感じられますね。狭い日本、なぜ急ぐの精神がもっとあれば、また違ったjことでしょうね。

>> プロフユキさんへ

おはようございます。

市電が廃止されたころは、まだまだ世の中は経済的効率最優先!
と思われていた時代ですから、狭い京都の道路の真ん中をふさぐ
市電は、非効率な乗り物とされたんでしょうね。

さいきんは、路面電車も見なおされて来て、京都でも復活の話が
でてますが、費用の面ひとつをとってもなかなか難しそうです

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【梅小路】初夏の花とチンチン電車を撮影:

« 【梅小路】新緑とSLを撮影 | トップページ | 大田神社のカキツバタと上御霊神社のイチハツ »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ