« 【JR西】ちょこっと撮り歩き | トップページ | 雨の日に写した初夏のお花たち(^.^) (その1) »

2015.05.24

京都一周トレイル北山コースを歩く(鷹峯~二ノ瀬)

5月の歩こう会は、4月が雨で流れたのでGWにつづいて17日に北山を歩いてきました。

今回は、京都一周トレイルの鷹峯~二ノ瀬です。
*
201505_kyoto_trail01
出発は、佛教大学前バス停から。ここから鷹峯まではバス道路を歩きます。格子戸に虫子窓の旧家の前に今宮神社の祭礼の準備が進んでいました。
*
201505_kyoto_trail02
鷹峯の光悦寺の参道。青葉もみじが美しいです。この日は時間がないので、門前で頭を下げて通過します。
*
201505_kyoto_trail10
光悦寺の先が、いよいよハイキングコースのスタート地点、写真の地図で、青線で塗ってあるのが歩いたコースです。

京見峠までは、新旧の道がありますが、この日は旧道を選択。
*
201505_kyoto_trail03
長坂越えの入口です。その昔は若狭・丹波と京の都を結ぶ鯖街道の終点として栄えたといわれます。今は新道がひらかれてひっそりとしています。
*
201505_kyoto_trail04
山道に入ると、予想に反して(笑) 急坂がつづき一気に汗をかきます。北山杉の中を歩くこと30分足らずで、峠の茶屋に着きました。
今は店じまいしてますが、雰囲気は昔のまま。
*
201505_kyoto_trail05
京見峠の名は、丹波から上ってきた旅人がはじめて京の町を見下ろしたところから付けられています。標高446m。

一時、不法投棄が問題になり峠の周りに植林されてしまい眺望が失われていたのですが、ゴミ問題は解決したのか、今はまた市内が一望できるようになってました。

峠には、高雄方面に向かうトレイルの山道、杉坂と氷室に向かう車道が交差しています。今回は氷室方面に向かいます。
*
201505_kyoto_trail06
標高480mの長坂峠を越えると一気に下り坂になり、氷室の集落に入ってきます。

氷室は平安の昔、京のみやこの近郊の山里に冬場に氷を貯蔵しておいたところです。夏(旧暦6月15日/太陽暦では7月中・下旬)に宮中に氷を献上するならわしでした。

枕草子にも「あてなるもの。削り氷にあまづら 入れて、新しき金鋺に入れたる。」とでてますね。

管理人の家の近くの叡電宝ケ池駅の裏山にも上高野氷室町という地名が残っており、愛宕郡小野氷室跡とされています。

栗栖野氷室跡とされるところへも行ってみましたが、何の変哲もない(笑)窪地で、今の気候では夏どころか春先までも天然氷を貯蔵するのは難しそうです。昔の京都はもっと寒かったんでしょうねえ。
*
201505_kyoto_trail07
氷室神社です。北山杉の古木の上から初夏の陽気が降りそぞぎ神秘的な雰囲気でした。

社殿には、
「夏ながら秋風たちぬ氷室山 ここにぞ冬を残すと思えば」
(藤原定家) の和歌が書いてありました。
*
201505_kyoto_trail08
氷室までは車道を歩いてきましたが、ここからは、本格的な山道になります。

小峠を越えると、盗人谷というちょっと恐ろしい(笑)名前の渓谷を下っていきます。
*
201505_kyoto_trail09
絵に書いたような という表現がピッタリの丸木橋がありました。
この付近は、コースの中間に当るので二ノ瀬方面からのグループとひんぱんにすれ違います。

同じトレイルのコースでも、ほとんど人の通らない比叡山の行者道とはえらい違いです(^^ゞ
*
201505_kyoto_trail11
山幸橋で、一旦車道にでます。ここでしばらく車道を歩く大岩コースとまた山道になる向山コースに分かれます。今回は向山コースを選択し、写真の発電所の前を通って、向山の尾根を登ります。

ちなみにこの洛北発電所は、最大出力450kw,常時出力200kwだとか。
*
201505_kyoto_trail12
向山への登りは、思ったよりもキツくてちょっとバテました(^^ゞ
それでも20分ほどで山頂の展望台に到着。(標高426m)

開けている方向が南東側なので京都市内のパノラマは望めず東山の斜面が見えるだけでした。でも空気の澄んだ日には遠く生駒山まで望めるのだとか。
*
201505_kyoto_trail13
最後のポイントの夜泣峠につきました。ここからは二ノ瀬に向って下るだけ。自然と足も速くなります(^^ゞ
*
201505_kyoto_trail14
ハイキングコースの入口からちょうど3時間で二ノ瀬駅に到着しました。電車の後ろがいま登ってきた向山です。

アプローチ区間も入れて、15km、25,000歩ほどの森林浴コースでした。
*
(次回は、雨の日のお花のシリーズを)

*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 【JR西】ちょこっと撮り歩き | トップページ | 雨の日に写した初夏のお花たち(^.^) (その1) »

コメント

健康的でいいですね
私は不健康(^_^;)
さすがに今日は休肝日にしました( ̄▽ ̄)

>> 音姫さんへ

週末は、えらく盛り上がったみたいですね
森林浴の後のおビールも、また爽やかでええですよ

たまには、こちらにもご一緒しませんか\(~o~)/

氷室神社。とても神々しいです。
おごそかな気持ちになります。
2枚目の、参道のお写真も素敵ですね。

日本の美しさを、こんなに近くで味わえるなんて、京都は奥が深いですね。
ちなみに、鷹峯というとと皿天丼と見間違えた血天井の源光庵を思い出します^^;

>> ホシノさんへ

こんにちは。

氷室神社は、北山杉に囲まれた谷間にひっそりと鎮座
されてました。苔生したような社殿が印象的でした。

2枚目の光悦寺は、秋の紅葉の頃がいちばん美しいですが、
初夏の新緑のころもいいですね。

>> キハ58さんへ

こんばんは。

京都市内は盆地なので、里山のハイキングコースだけはいっぱいあります(笑)

源光庵は、四角い迷いの窓と丸い悟りの窓も見ものですね。
達磨大師の屏風が印象に残ってます。

京都盆地を作る山々を数日または数カ月かけてでも、ぐるっと一周してみたいねと、昔、友人とよく話していました。

しかし、このトレイルコースを見ると…ぐるっと一周はとても無理。

京都盆地、侮りがたしですね。

>> 笠井君へ

おはようございます。
京都トレイルのコースは、全長70Kあまりだそうなので、一日10Km
歩けば、1週間で走破できそうですね。

実際は、5~7区間くらいに分けて順に歩いておられる方が多いです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都一周トレイル北山コースを歩く(鷹峯~二ノ瀬):

« 【JR西】ちょこっと撮り歩き | トップページ | 雨の日に写した初夏のお花たち(^.^) (その1) »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ