« 【叡電】初夏の花シリーズ2015 (第3回:清流とシャガの花) | トップページ | 中之島公園でバラを撮ってみる (その1) »

2015.05.17

梅田・茶屋町のダンボール製のチンチン電車とSL

大阪梅田の茶屋町地区一体で開かれている、チャリウッド2015というイベントの展示のダンボール製のチンチン電車とSLを見てきました。
*
201505chayamachi01
「阪急北野線34形36号路面電車」です。ダンポール製とはいえ、実物大で、かなり細部まで作りこまれています。
*
201505chayamachi02
車内には、立ち入れません。
*
201505chayamachi03
木製車体の羽目板や、台車・線路まで作られています。
*
201505chayamachi04
現役当時の写真も展示されています。

残念ながらでは、昨日と今日の(5/16,17)のみの展示の予定だそうです。また、どこかに飾って欲しいですね。
*
201505chayamachi05
続いて、ダンポール製のD51です。
:
201505chayamachi06
旧国鉄では、1161号機まで作られているので、その次の番号を割り当てているのでしょうね。
*
201505chayamachi07
炭水車(テンダー)部分も作られてますが、展示場所の都合で本体のみの展示になったそうです。
*
201505chayamachi08
「鉄道省 長崎工場」製とは、遊びゴコロも載せてますね
:
201505chayamachi09
足回りも本物そっくり、精巧な出来栄えに感心します。
:
201505chayamachi10p
Q&A形式で、模型の概要が掲示されてます。

こちらも、今日までの展示です。

次回は、中之島公園のバラ園に行きます。
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 【叡電】初夏の花シリーズ2015 (第3回:清流とシャガの花) | トップページ | 中之島公園でバラを撮ってみる (その1) »

コメント

こんにちは

うっかり木でできてるのかと
勘違いしてしまいそうなくらい、
精巧にできてますね!
DIYの家具もきちんと作られない私には、
このような作品が人業とは
信じられません

こんばんは。

梅田の茶屋町で、こんなユニークな展示をしていたのですね。

どちらも段ボール製というのが、温もりがあって、気に入りましたよ。

>> slowmotion さんへ

こんにちは。

わたしも、模型やプラモデルはぜんぜん手をだしたことがありません。
SLの製作期間10ヶ月、チンチン電車のほうは大急ぎで作られた
そうですけど、すごいですねぇ。

製作者の方は設計士さんだそうで、建物の模型なども手がけられる
ので、このような細かいお仕事に慣れておられるのでしょう。

>> 京阪快急3000さんへ

こんにちは。

阪急のレールフェスタの記事をネットで調べていて偶然に見つけて
行ってきました。

駅弁の販売や、クイズ大会や、子供向けの電車ごっこなど楽しい
イベントをやってましたよ。

その段ボールのおじさん この前TVでやってた・・・
奥さんが ポンとお金を出したとか
内助の功 奥さんのおかげで 自分の好きな事出来るんですよね

バラ園 ターコイズさんが喜びそう(*^ー゚)bグッジョブ!!

>> 音姫さんへ

おはようございます。

そうなんですか、ぜんぜん知らなかったなぁ。

ええ奥さんもって旦那さんもシアワセ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅田・茶屋町のダンボール製のチンチン電車とSL:

« 【叡電】初夏の花シリーズ2015 (第3回:清流とシャガの花) | トップページ | 中之島公園でバラを撮ってみる (その1) »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ