« 雨の日に写した春のお花たち(^.^) 花見の頃編(その2) | トップページ | 【京阪】比叡山の帰りに、大津線をチョコッと撮影 »

2015.05.10

新緑の比叡山横断登山

GW最終日の5月6日は、ひさしぶりに比叡山を横断登山してきました。
*
201505hieizan01
出発点の叡電修学院駅前付近から見た比叡山です。標高848.3m 写真に見えるピークは四明岳(838m)です。この付近は標高85mくらいなので、760mほども上ることになります

コースタイムは、5キロで2時間半くらい(休憩なし)です。
*
201505hieizan02
水呑対陣跡の展望台です。標高380mくらい。経過タイム40分ほど。
*
201505hieizan03
ケーブル比叡駅の展望台からの京都市内の眺めです。
標高690m、経過タイム1時間10分ほど。
*
201505hieizan04
駅の待合室では、叡山ケーブル開業90周年記念の写真展が開かれています。
*
201505hieizan05
なかには見たことのないような工事中や開業試験中の貴重な写真もありました。
*
201505hieizan06s
昭和5年の車両設計変更申請書です。「京都電燈株式會社」(京福電気鉄道の前身)の社名が時代を感じさせます。

(クリックすると拡大して文字が読みやすくなります)
*
201505hieizan07
写真展で一服して、また行者道を大比叡の山頂を目指します。

写真は、「やどり地蔵さま」。名前の由来は願を掛けると子どもが宿ると事から宿る地蔵が「やどり地蔵」になったと云われます。
*
201505hieizan08
ようやく山頂のガーデンミュージアム比叡につきました。ここまで休憩込みで1時間40分でした。

10時の開園までまだ20分ほどありますが、すでにドライブウェイを自家用車やバスでやってきた観光客が始まるのを待ってました。
*
201505hieizan09
山頂の駐車場から5分ほど歩くとピークの大比叡に到着です。
歩数は、ちょうど10,000歩ほどでした。

良い運動になりました ここからは、延暦寺の境内を抜けて坂本まで一気に下ります

一等三角点の標柱にお賽銭?が置いてあるのは、なにかのオマジナイ 去年はなかったような......
*
201505hieizan10
延暦寺に着きました。境内には八重ですがまだ桜が咲き誇っています。下界とは10日から2週間くらい遅いですね。
しだれざくらも、ほぼ散りかけですが、すこし花が残ってました。
+
201505hieizan12
戒壇院には、シャクナゲが見ごろになってます。
*
201505hieizan13
樹齢数百年(?)の杉の古木とヤマツツジの競演。
お山は、遅い春と初夏が同居してますね
*
201505hieizan14
延暦寺の正門、文殊楼から見下ろした根本中堂。

ここから本坂を坂本まで下ります。
*
201505hieizan15
標高300mくらいのところからみたびわ湖。もやがかかってるのか写真写りがよくありません(^^ゞ
*
201505hieizan16
穴太積みの町、坂本の日吉大社の前に着きました。根本中堂(標高670m)から130m程度の門前まで標高差550mほどの標高差を35分ほどで滑り降りました 
(ちなみにケーブルでは所要12分です)
*
201505hieizan17
ちょうどお昼になったので、参道の新緑の木陰でお弁当にしました。

運動した後のは、美味しい。
*
201505hieizan18
老舗の蕎麦屋さん「鶴喜そば」 創業三百年の伝統を誇ります。

お昼時はもちろん混んでますが、すこし遅めに行くとゆったりと食事ができます。できれば奥の間か二階のお座敷で味わいたいところです。
*
201505hieizan19
そば屋さんの向かいには、こんな古い商家も残っています。
*
201505hieizan20
食後の腹ごなしに、坂本から近江神宮まで5キロほど歩きました。さすがにここから山中越えで京都まで歩いて戻る気力はないので(笑)、京阪で帰ります。
*
613_05
近江神宮前から地下鉄三条京阪まで、510円も掛かりました。初乗り加算があるとはいえ、わずか11キロの行程にちょっと高い

地下鉄と大津線の一日乗車券1100円を買えば区間によっては、往復するだけで元が取れるよ
*
(続く) (次回は、帰り道の京阪大津線の小ネタです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 雨の日に写した春のお花たち(^.^) 花見の頃編(その2) | トップページ | 【京阪】比叡山の帰りに、大津線をチョコッと撮影 »

コメント

こんにちは。

比叡山を横断登山されたとのことで・・・。

見物された写真もバッチリ

お疲れ様でした。

比叡山・・・父親が眠ってます。。。
私の代わりにお参りしてくれて 有難う(笑)

>> 京阪快急3000さんへ

こんばんは。

山を登って、下りるのは、普段の散歩の成果があって、そんなに疲れる
こともなかったですが、次の日は筋肉痛で、階段の上り下りがつらかったです(^^ゞ

>> 音姫さんへ

うちの親父も一周忌なので、供養をお願いしてきました。

一緒に新緑の比叡を山歩きさせてもらいました。
浜大津駅からの京津線、ダイナミックな併用起動ですね!

>> キハ58さんへ

おはようございます。

ご一緒くださいましてありがとうございます(^^)

京津線は、地下鉄になったり、急こう配を走る登山電車になったり
路面電車になったりと、楽しいですねぇ。
浜大津付近には、いつも電車にカメラを向けてる人が
おられます。

修学院道・音羽川からの比叡山、懐かしい景色です。

「比叡四明、明け行く空の、光映え、漂う歴史~」と、高校の校歌で歌っていたけれど、でも、「大比叡山頂」は実際に「立った」ことがありません。

四明岳との「標高10m」差なんだって?

滋賀県側から車で延暦寺が複数回。
エイデン側からケーブル、ロープウェイが複数回。
だけど、848mの地点に立ったことはないぞ。

どうやって行くん?


>> 笠井君へ

こんばんは。

比叡山は、四明岳のほうが、山頂遊園地なんかがあって知られてますけど、
大比叡の三角点は、山頂の駐車場から遊園地とは反対の作業道路
(一般車は通行禁止、ハイカーは通れます)をすこし登っていくと、あります。

まわりは、テレビや電話のアンテナや貯水施設に囲まれてぜんぜん見晴らしは
効きません。あまり一等三角点を制覇した感激もありませんね(^^)
でも、やっぱり歩いてここまで来た満足感は味わえました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新緑の比叡山横断登山:

« 雨の日に写した春のお花たち(^.^) 花見の頃編(その2) | トップページ | 【京阪】比叡山の帰りに、大津線をチョコッと撮影 »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ