« 京の梅雨晴れの散歩 蓮の寺「大蓮寺」(その2) | トップページ | 京の梅雨晴れの散歩 岡崎から神楽岡へ »

2015.06.30

京の梅雨晴れの散歩 新洞学区の寺町のあじさい寺

大蓮寺のある一帯は新洞学区と呼ばれるのですが、この南北を二条と三条通り、東西を川端と東山通りに囲まれた地域は、大小50以上のお寺さんの集まった寺町でもあります。

その中からたまたまアジサイが目に付いたお寺を3か寺ほど参らせていただきました。
*
201506sakyo14
最初は、大蓮寺のお向かいの専稱寺さん。よく手入されたお庭に庭木や四季の草花が寄せ植えしてあります。

いまはアジサイが見ごろ。お花に囲まれて石仏さまがひっそりと座っておられました。
*
201506sakyo15
井戸の水盤にはホテイアオイも浮かんでいます。金魚かメダカを飼っておられるのかとのぞいて見ましたが、水草だけのようです。
*
201506sakyo16
次は、お隣の正念寺さんへ。

ここは、お花はありませんでしたが、庫裏にさがった風鈴が涼やかな音を奏でておりました。
*
201506_2dannou01
最後は、三条京阪前のだん王さんへ。

このお寺は、江戸初期からつづく名刹ですが、今は境内の大半が保育所になっています。平日に行くと子供たちの歓声で賑やかです。
*
201506_2dannou02
参道を中心に、いろんな種類のアジサイが植えてあります。
*
201506_2dannou03
菊の花のようなのや
*
201506_2dannou04
ピンクのガクアジサイや
*
201506_2dannou08
星くずが集まったようなカシワバアジサイが咲いてました。
*
201506_2dannou05
園児を見守るお地蔵様に送られて、山門を出ますと、三条大橋の交差点です。
*
201506_2dannou07
明治37年(1904)開店から創業110年の歴史を誇る駅前食堂「篠田屋さん」があります。

昭和いや明治の味(笑)が楽しめます。
*
(続く) (続いて、黒谷さんから真如堂へ向います)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 京の梅雨晴れの散歩 蓮の寺「大蓮寺」(その2) | トップページ | 京の梅雨晴れの散歩 岡崎から神楽岡へ »

コメント

苔むした石仏とアジサイが風情ありますね。
カシワバアジサイは、母が好きで、実家の庭に植えてたのに
大震災後の東京電力原発の放射能問題で除染作業で昨年
刈られてしまい、嘆いていました。

>> ホシノさんへ

こんにちは。

石仏さまは、庭木がのびてまるで山寺のような雰囲気になっているところに
おらました。お寺さんとしても動かすのは大変だし、庭木も切りたくないで
困ってらるのかも

実家のカシワバアジサイは、残念なことになりましたね。土を入替えたら
また植えられるのでしょうか。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京の梅雨晴れの散歩 新洞学区の寺町のあじさい寺:

« 京の梅雨晴れの散歩 蓮の寺「大蓮寺」(その2) | トップページ | 京の梅雨晴れの散歩 岡崎から神楽岡へ »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ