« 京の梅雨晴れの散歩 智積院の蓮池 | トップページ | 安斎肇陶画展「Romantik Boyz」見てきました。 »

2015.07.10

京の梅雨晴れの散歩 智積院のキキョウ

京都のキキョウの名所というと、寺町の盧山寺と東福寺塔頭の天得院が有名ですが、智積院もたくさんのキキョウが植えられています。
*
2015072chisyakuin07
金堂への参道にそって、キキョウが植えられています。

株の数はかなり多いですが、一ヶ所に寄せ植えされているのではないので、ボリューム感がなく、ちょっと損してる(笑)感じ。
*
2015072chisyakuin08
参道の横は苔庭が続き、その奥に塀でへだてられて講堂と名勝の庭園、そして長谷川等伯の障壁画を飾る宝物館などがあります。
*
2015072chisyakuin09
単調なので、アップにしたり、バックに木々をいれたりしてちょっとは変化つけてみました
*
2015072chisyakuin10
*
2015072chisyakuin11
ほぼ一列に植えてあるのでこのアングルで撮るのは苦労します。みなさん、石畳に座り込んだり、竹垣の中に顔を突っ込んだりして写してました
*
2015072chisyakuin12
咲き始めのつぼみ。
*
2015072chisyakuin13
入口の案内所の水盤に緋メダカが飼ってありました。

ブルー一色の参道に、ちょっとしたアクセントでした。
*
(次回も、街歩きの話題をお伝えしましょう)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 京の梅雨晴れの散歩 智積院の蓮池 | トップページ | 安斎肇陶画展「Romantik Boyz」見てきました。 »

コメント

キキョウって、名前の響きがとてもいいな~
写真の花の色、とてもいいですね。
我が家でも彼方こちらと咲いています。
若かりし遠い昔々、生け花習の時(男性ですが!)このキキョウだ大好きで花器にゴチャゴチャに入れると、師匠から「いくら好きな花でも、やたら多く生けると花同士が譲り合ってしまいます」なんて言われた事を思い出します。
藪の中にポツンと咲いている桔梗が大好きです。

ききょうの花言葉・・・永遠の愛
その紫が絶妙にいいね(≧∇≦)

>> さわがにさんへ

こんにちは。写真を見ていただきましてありがとうございます。

このお寺のキキョウは、濃いブルーで、バックの緑の苔庭とよくマッチ
してました。

藪の中の一本だけの桔梗ですか。
そうですね、キキョウはあまりたくさん植えたり、活けたりせずに、
その清楚な趣を楽しむのが良いのかもしれませんね。

>> 音姫さんへ

永遠の愛.......ですか

花束にして、白馬の王子さまが届けてくれるかも

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京の梅雨晴れの散歩 智積院のキキョウ:

« 京の梅雨晴れの散歩 智積院の蓮池 | トップページ | 安斎肇陶画展「Romantik Boyz」見てきました。 »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ