« 祇園祭曳きぞめを写す 函谷鉾 | トップページ | 「月が水面にゆれるとき」展 in @KCUA »

2015.07.19

祇園祭 宵山を写す

宵山は、15・16日と連続で見に行ってきました。

15日は、めちゃくちゃ人が多くて、写真を撮るのもやっとやっと

あんまりアングルなどを考えてる余裕も無く、いいな と思ったところで、バシャバシャとシャッターを切ってきました。
*
201507gion_matsuri29
15日の四条通の夕焼け。これをバックに山鉾の写真を撮りたかったのですが・・・・・
*
201507gion_matsuri30
四条烏丸付近は、もうひとで一杯で、カメラをゆっくり構える余裕も無し

綾小路通りに逃げて、芦刈山と夕焼けを。
*
201507gion_matsuri31
伯牙山と夕焼け。
*
201507gion_matsuri32
暮れ行く空に浮かび上がる、綾傘鉾。 飛天のデザインが優雅です。
*
201507gion_matsuri33
鉾建て、曳きぞめを見物した鶏鉾も、夕闇に輝きだしました。
*
201507gion_matsuri34
月鉾。 この夜に見た中では、いちばん優雅に感じました。
*
201507gion_matsuri35
曳きぞめで、実際に引かせてもらった菊水鉾。狭い室町通はひとで溢れて、熱気ムンムンです
*
201507gion_matsuri36
山伏山の会所。 御神体が祭られています。

以上、15日の宵々山でした。


翌16日は、台風接近で前日と打って変わって例年の半分以下の人出。ゆっくりと見て回れました。

でも、台風対策で行事が中止になったり、提灯や飾りが取り外されたりと、ちょっとさみしい お祭りになってました。
*
201507gion_matsuri38
この日の一番の見ものは、舞妓さんの屏風祭見物。

祇園祭の柄の帯ですねぇ。バックの立派な屏風もすばらしいです。なかなか見れないので、感激しました。
*
201507gion_matsuri37
帰り道に、浴衣の女の子が料理屋さんの前を通りかかったので、一枚。
*
  (次回は、ギャラリー巡りです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 祇園祭曳きぞめを写す 函谷鉾 | トップページ | 「月が水面にゆれるとき」展 in @KCUA »

コメント

夜の提灯がやっぱりいいね
殿方ですね、、、舞妓さんには目がいきますか(・∀・)ニヤニヤ

舞妓さんの屏風祭見物・・・こういうの見られるんですか。
素晴らしい~!

>> 音姫さんへ

こんばんは。

そら、男やったら一度は舞妓さんを座敷に呼んでお酌して欲しいわなぁ。

>> キハ58さんへ

こんばんは。

京都に住んでても、本物の舞妓さんをみる機会はあまり無いのですよ。

祇園町をひと晩中うろうろしてれば、どこかで行き会うでしょうけど

たまたま屏風祭が終わって、帰り支度に立ち上がられたところを
写すことができました。ラッキー! でした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 祇園祭 宵山を写す:

« 祇園祭曳きぞめを写す 函谷鉾 | トップページ | 「月が水面にゆれるとき」展 in @KCUA »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ