« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月に作成された記事

2015.08.31

【梅小路】 夏の花壇をはしるチンチン電車

28日に、梅小路蒸気機関車館の閉館前の様子を撮影にいきました。

スチーム号の運転は午後2時までと早く終わったので、その後はチンチン電車を撮影しました。
*
Kyoto_siden20
この日は、風もあって涼しい日でしたが公園の花壇は、まだ夏の草花が彩っています。真っ赤なモミジアオイに。
*
Kyoto_siden21
色とりどりのヒャクニチソウ。
*
Kyoto_siden19
ピンクのヒルガオ。

これは、植えてあるのではなくて勝手に生えてる雑草なんでしょうね(^^)
*
Kyoto_siden22
これぞ、ホンマの「花電車」
*
Kyoto_siden23
ハギの花が早くも咲きだして、秋の訪れを告げています。
*
Kyoto_siden24
でも、まだまだ蒸し暑くて、ソフトクリームが飛ぶように売れてました
*
Kyoto_siden25
ようやく夏休みの繁忙期が終わって、運転士さんも車掌さんもすこし遅めの休暇を取られるのかな(^.^)
*
(次は、叡電ネタです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.08.30

【梅小路】さようなら梅小路蒸気機関車館

梅小路蒸気機関車館が、京都鉄道博物館のSLゾーンに生まれ変わるため、昭和47年の開館以来43年の歴史に幕を下ろし閉館しました。

最終日の前日に、ちょっとお別れしに行ってきました。
*
Slkan39
最終日が雨の予報のためか、一日前に最後の見学をというひとで、入場の長い列。「二時間待ち」と聞いて、早々に諦めて、玄関の写真を記念に写して、スチーム号の運転線へ。
*
Sl_steam36
最後のスチーム号の先頭は、8630号機。

お約束の(笑) 「花とSL」は、さるすべりのピンクの花。
*
Sl_steam38
そして、キバナコスモスとケイトウの花。
*
Sl_steam37
スチーム号も、いつになく大勢の見物客がいました。
*
Sl_steam40
偶然、EF65-1133号機との並びが撮れました。だんだん姿を消しつつある381系との並びも期待しましたが、こちらは287系でした。
*
Sl_steam39
この日のスチーム号は、最終便が早くて午後2時過ぎで終わり。

来春以降もスチーム号は京都鉄道博物館の施設のひとつとして運転が継続されるとは思いますが、しばしのお別れです。

新鉄道博物館のオープンを心待ちにいたしましょう。
*
Kyoto_tetsuhaku04
工事用の仕切り壁の向うでは、鉄道博物館の工事が着々と進んでいます。

C62-26と80系の1次車が並んで、弁天町の鉄道科学館を思い出します(笑)
*
(続く) (次回は、チンチン電車です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.08.27

【阪急】京トレインで大阪へ

ひさしぶりに阪急の京トレインに乗ってみました。
*
6354_05
京都着の列車は、インバウンド観光客で満員。ほとんどが中国と韓国からのお客さんのよう。 車内放送も日・英・韓・中の四ヶ国語に対応してます。
*
6354_06
6両編成で、一両ごとにことなった和柄の模様が描かれています。
*
6354_08
車内は、真ん中の2両が半個室タイプのクロスシート、その他は転換クロスシートです。

なかなか凝ったインテリアになってます。
*
6354_09
こちらは一人掛けのクロスシート。窓側にはテーブルも。
*
6354_10
桂川鉄橋を渡るところです。ここは撮影名所で、管理人も何度かここでこの電車を写しましたが、乗るのはデビュー直後以来2回目です。
*
6354_11
車掌さんは、女性の方でした。
*
6354_12
梅田に着きました。わずか45分のミニトリップでしたが、ふだん見慣れた景色もなにか違って見えました。
*
6354_13
これで、特別料金なしは安い!!
*
Kawaramachi03
《おまけ》

阪急河原町駅の新京極付近へでる階段に描かれた女の子の絵。「ことねちゃん」だそうです。
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.08.25

【叡電】真夏の花シリーズ2015 (第6回:夏の終わり)

8月も下旬となり、ようやく残暑も収まり、日中でも電車を撮影しようという気になってきました。

それでも真昼はまだ暑いので、夕暮れにフラッと宝ケ池駅付近を歩いて見ました。
*
813_0123
田んぼの稲もだいぶん実って、穂先はすこし垂れるようになってます。
*
721_0121_2
大きな夕陽が真正面に見えます。 肉眼でははっきりと輪郭を捉えられるのですが、レンズを通すもやっと光の玉のようになってしまいます。
*
815_0170
8月上旬にひまわりを写した田んぼにまた来ました。いよいよ夕陽は西山に沈むばかりになってます。
*
813_0122
夕陽は電車の屋根の位置にありますが、残念ながら山があってこれより下の位置には来てくれません。

開けた一面の田畑や長い鉄橋といったロケーションのない叡電撮影の泣き所ですね
*
811_0141
とうとう夕陽は沈んでしまいました。薄明かりで早や咲き出したコスモスを。
*
901_0245
最後に、ヒマワリをシルエットにして撮影を終えました。午後6時半前くらいです。

日足はどんどん短くなりますね。
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.08.23

京の真夏の散歩 お盆の比叡山

お盆のお供養のため、15日に比叡山に登ってきました。

夏は歩いて登ると暑さでバテるので 例年行きはケーブルで上がりお参りした後、ハイキングコースをユルユルと歩いて下っております。

歩いてて、「いいな」って思った情景を載せておきます。ただし読者の皆様には漠然としすぎてちょっと詰まらないと思いますが
*
201508hiei01
ロープウェイ比叡山頂駅から大原の里を見下ろす。
*
201508hiei02
ドライブウェイ山頂駐車場より琵琶湖と大津市街を見下ろす。
*
201508hiei04
昭和レトロな坂本ケーブル延暦寺駅改札付近
*
201508hiei05
同駅の二階ホール。今はギャラリーとして使われています。たまにイベントなどもあるよう。
*
201508hiei03
同駅の床タイル。長年の使用で傷んでますが、なかなかオシャレな感覚が見て取れました。
*
201508hiei06
帰りの瓜生山登山道をながれる清流。 真夏でも冷たく汗でぬれた顔を洗うとさっぱりしました(^^♪
*
815_0171
瓜生山から北白川に下る坂が急でバテましたが、根性で元田中まで歩きました。

元田中駅から見る比叡山。あんなところから歩いてきたとは我ながら感心します。歩行距離 約12Km 時間約5時間(休憩・参拝含)
*
(次回は、叡電ネタです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.08.22

京都府立植物園を写す

京都府立植物園に「パンテオン-神々の饗宴」を見に行ったときに、噴水広場ですこし撮影してみました。
*
201508syokubutuen16
さすがにこの猛暑では、来園者はすくなく炎天下の芝生広場などはだれもいません

噴水広場、家族づれがひと組、ふた組と涼んでいるくらい。
*
201508syokubutuen15
最近は、カンナの花を植えているのをあまり見かけなくなりましたが、ここにはたくさん咲いてました。
*
201508syokubutuen17
これはマリーゴールドかな。
*
201508syokubutuen18
枯れたヒマワリが、夏も終わりの近いことを教えてくれてますが、まだまだ残暑は続くんでしょうねぇ
*
(次回は、比叡山ハイキングです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.08.20

パンテオン-神々の饗宴 (ライトアップ編)

京都府立植物園の「パンテオン-神々の饗宴」ですが、いよいよ3体がそろい夜間にライトアップが始まったので翌日にまた見に行ってきました。
*
201508syokubutuen08
夜7時半ごろのすっかり暗くなった園内に、3体の神様が並びます。

昼間とは違った美しさを感じますね。
*
201508syokubutuen09
花の女神さま。 体内や手に持った花や冠に仕込まれたボールが発光する仕掛けになってるんですね。

幻想的でした。
*
201508syokubutuen10
立ち上がると、スカートの中の光の玉が水面に映って、またきれいです。
*
201508syokubutuen11
雷神は、ときどき雷鳴をイメージして激しく点滅発光します。スチール写真ではぼんやり光った感じにしか見えないのが残念(>_<)
*
201508syokubutuen12
風神は、ときどき口から激しく水を吐き出します。ほんの数秒ですが、水音が静かな池に響き渡ります。
*
201508syokubutuen13
上表の予定で、週末にライトアップが行われます。夕涼みをかねてご鑑賞ください。
*
(続く) (次回は、植物園のスナップです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.08.18

パンテオン-神々の饗宴 in 京都府立植物園

京都府立植物園に「パンテオン-神々の饗宴」という、屋外彫刻の展示を見に行ってきました。
*
201508syokubutuen01
*
201508syokubutuen02
琳派400年記念のイベントのひとつとして開催されるもので、手前の「雷神」が5月下旬から真ん中の「花の女神」像は7月下旬から公開されてましたが、いよいよ奥の風神が公開されることになり、3体そろいました。
*
201508syokubutuen03
花の女神「フローラ」です。 手に持ったり頭に載せたりしているのは、蓮の花でしょうか。

服の模様は、紅梅白梅図にみられる水流紋みたいですね。体の中には、色とりどりのカラーボールが詰まっているみたいです。
*
201508syokubutuen04
ときどき立ち上がります。まぶたを開き、両腕をすこし上げた姿勢になります。
*
201508syokubutuen05
「雷神-黒い太陽」です。
*
201508syokubutuen06
最後は、「風神」です。 撮影日(8/14)は、まだ仕上げの最中で足回りが取り付けられていません。

それでも、風袋を背負い、風を感じる風車をつけてなかなかユニークな造形ですね。
*
201508syokubutuen07
斜め後ろから見ると、女神の長い髪や風神の風袋が良くわかります。
*
(夜のライトアップへ続く)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.08.17

京都 五山の送り火 2015

今年は夕方にきつい雨が降り、点火時点でもパラパラと傘のいるようなあまり良いコンディションではありませんでした。
*
201508daimonji01
大文字 (出町柳駅付近)
*
201508daimonji02
妙法のうち「法」 (御蔭橋にて)
*
201508daimonji03
舟形 (葵橋にて)
*
721_0120
大文字と叡電 
自転車の兄ちゃんがスマホいじってるのが、今風ですね(笑)
*
(次回は、京都府立植物園の屋外彫刻です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.08.14

京都一周トレイル東山コースを歩く(清閑寺~粟田口)

夏休みになった11日、京都国立博物館で「仏法東漸」展を見た後、京都一周トレイル東山コースの今熊野~粟田口間を歩いてきました。
*
201508higashiyama11
清閑寺の石仏さまに見送られて、山道を登りだします。それほど急な登りではありませんが、尾根に出るまではひと汗かきます。
*
201508higashiyama12
15分ほどで、清水山の山頂に到着。 すこし広場になってますが、やはり展望はありません。
*
201508higashiyama13
清水山と華頂山(将軍塚)の鞍部の標識。ここからまた登り返します。

この付近でこのコースで初めて歩いている人とすれ違いました。まあこのクソ暑いのにハイキングする人は少ないわなぁ
*
201508higashiyama15
将軍塚の展望台に到着。標高216m。

ビュースポットですが、夏場は夜景を楽しみに来る所で、昼間はやはりひと少なし。
*
201508higashiyama17
将軍塚の駐車場にいたネコちゃん。暑さをさけて木陰でお昼寝中でしたが、エサを差し出すと、もう一匹出てきました。
*
201508higashiyama18
青蓮院の奥の院から粟田口は何度か歩いている道。お不動さまに一礼して、最終の下りコースへ。
*
201508higashiyama14
比叡山から鞍馬をとおって高雄に至るすこし厳しい北山コースに比べて、東山コースは山道といっても歩きやすくハイキング入門にお勧めです。

涼しくなったころに歩いてみてください。
*
201508higashiyama19
青蓮院の元三大師堂に着きました。ここで山道はおしまい。ちょっと休憩します。
*
201508higashiyama20
この日の終点、三条通りの粟田口神社です。コースはこの先、三条通を蹴上に向かい、日向大神宮からまた東山を大文字山に向って登っていきます。

このコースは、以前の歩こう会で歩いているので、これで伏見稲荷から比叡山までの24.5キロのうち、北白川~水呑対陣跡間の4キロを残すのみとなりました。

近日(9月頃に)、全コース走破したいです。
*
201508higashiyama21
三条京阪のだん王さんのさるすべりの花
*
(次回は、府立植物園の現代彫刻です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.08.13

京都一周トレイル東山コースを歩く(今熊野~清閑寺)

夏休みになった11日、京都国立博物館で「仏法東漸」展を見た後、京都一周トレイル東山コースの今熊野~粟田口間を歩いてきました。
*
201508higashiyama01
博物館の正門から三十三間堂の長い塀の横を通り、今熊野に向います。

晴天ですが風もあり日差しもすこし和らいで、ハイキング日和かも。
*
201508higashiyama02
途中、コンビニでお弁当を仕入れたりして今熊野観音寺の参道入口へ。ここが起点になります。
*
201508higashiyama03
観音寺へは、赤い橋を渡っていくのですが、今日は川に沿って下流へ。ここは紅葉の名所。晩秋は大勢の見物客で賑わいますが、この日は平日であってか静かでした。
*
201508higashiyama04
しばらく山沿いの道をいくと、しだれ桜が自然の屋根になった橋を渡ります。 春先の花見の時期に渡ってみたいですね

橋を渡ったところが前回エスケープした針神社です。ここからしばらく住宅地になります。
*
201508higashiyama05
いよいよ山道になります。京都女子大の裏山の阿弥陀ケ峯を登ります。

この山腹を東海道線と新幹線の東山トンネルが貫通しています。
*
201508higashiyama06
20分ほどの登りで山頂ではありませんが、コースのピークに到着。ここでお弁当休憩に まわりは雑木林で残念ながら展望はありません。

下り道では、写真のミョウガの群生地を通過。白い花が可憐ですね。
*
201508higashiyama08
コースは車道に出てやがて国道1号線の東山トンネルの西口に出てきます。疾走する車の騒音に現実に引き戻されたおもい

石碑の大仏は、明治48年に消失した「国家安康・君臣豊楽の鐘」で有名な方広寺・豊国神社の大仏をさすのですが、この石碑は「明治十三年建之」と刻まれているので、建立当時は現存してたんですね。
*
201508higashiyama09
国道の下をくぐって、清水寺の清閑寺口参道へ。「歌の中山 清閑寺」の石碑は、「平家物語巻6の「小督」の小督と高倉天皇の悲恋物語」にちなむもの。

この日はお参りできませんでしたが、涼しくなった頃にいちどお参りしてみましょうか。
*
201508higashiyama10
国道が通る渋谷に越えて、コースはまた東山に取り付きます。今度は清水山(清水寺の裏山)に登ります。

路傍の阿弥陀三尊とおぼしき石仏さまに手をあわせて、山道へ。
*
(コース後半に続く)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.08.12

【叡電】八瀬えいでん夏まつり

8月8日、9日に叡電八瀬比叡山口駅周辺を会場に、「八瀬えいでん夏まつり」というイベントが開催されました。
:
201508_yase_eiden01
叡電と叡山ケーブルの開業90周年イベントのひとつです。

塗り替えられた駅舎の屋根が濃い緑に映えて美しいですね。
*
201508_yase_eiden02
2番線ホームと停車中の813+814号の車内も会場です。
*
201508_yase_eiden03
ホームには、夏らしい屋台が並び、
*
201508_yase_eiden04
814号の車内では、レゴで作った叡電が走ってます。600系やデナ21型などなつかしい電車もいますね。
*
201508_yase_eiden05
京都府警のシンボルマスコット「ポリスまろん・ポリスみやこ」も来てました。 パトカーの前で写真を撮れるコーナーは、子供たちに人気。
*
201508_yase_eiden06
比叡山の麓には、野草のハギも咲き出して、立秋を告げていました。
*
(次回は、京都トレイルハイキングです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.08.10

似顔絵・肖像画・人物画展を見てきました

8月8日に、大阪のギャラリーを回って、似顔絵、肖像画、人物画の展示会を見てきました。
*
201508osaka_gallery01
まずは、谷六のギャラリーそらさんの「似顔絵展」へ。

プロ・アマあわせて11名の似顔絵作家さんが、おもにタレントさんやスポーツ選手など有名人の似顔絵を展示されてます。

みなさん絵の人物の特徴を引き出して「よく似てる」、「あっ! このひと知ってる」の声が上がってました。

写真は、大江由紀子さんの作品、似顔絵師暦19年のベテラン。普段はホテルやパーティ会場で似顔絵を描いておられるそうです。
*
201508osaka_gallery02
つづいて、大阪アート・ウェイ2で亜蛮人さんプロデュースの「Fの肖像」を。

F=Femal (女性)とFace (顔)を意味し、さらにF0号(180X140mm)サイズも掛けてあります。

鉛筆描き(一部彩色)で、10人の作家さんが出品されてます。
*
201508osaka_gallery03
これは、抽象画の展示会に作家さんが家族像として出されてたもの。

猫ちゃん大好き人間なのだとか 飼い猫がモデルの絵も並んでました。
*
201508osaka_gallery05a

最後は、中崎町の彩珈楼さんで開催中の「したたる展」へ。

『全裸の女性の絵を女性作家ばかりで描く』がテーマのなかなか意味深 な展示会。 

お店自体が遊郭をイメージした昭和カフェバーを名乗りところ。しかも会場は穴倉風の窓のない部屋と、なかなか妖しい

(8月16日まで会期延長中) 詳しくは、お店のHPへ http://saikarou.net/
*

《おまけ》
201508osaka_gallery04
最初の似顔絵展で、わたしも大江由紀子さんにうちわ絵を描いてもらいました。(クリックすると実物大になります)

似てますか? リアルの管理人をご存知の方からのコメントをお待ちしてます(笑)
*
(次回は、叡電ネタを)
}
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.08.09

【叡電】真夏の花シリーズ2015 (第5回:麦わら帽子)

花の写真ではありませんが、夏らしい絵が撮れたので
*
801_0129
夏のデコレーション? 

まさかねぇ、たぶん忘れ物のお届けでしょうけど、運転台に麦わら帽子が置いてある。

電車のゆく手は、青い空と白い雲、そしてオレンジの電車とすれ違い。

暦の上では秋だけど、夏本番はまだまだ続くよ
*
Bd_vacation9
*
712_79
《おまけ》

「叡電ハトマーク」の取り付け位置が8月8日から変わりました。
朝一番に、車庫と駅でGet!!
*
Syusyako46
土曜の朝で、車庫にはまだたくさんの電車が待機してる。900系(赤とオレンジのきらら)、800系、700系、1000系貨車。

これに815Fの「こもれび」がいれば完璧なんだけどなぁ
*
(次回は、アート編を)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.08.08

残暑お見舞い申し上げます。 

  秋立つ日よめる
*
Naranoogawa01
*
暦の上では、今日から秋ですが、平安貴族を驚かせたそよ風はぜんぜん吹いてくれない蒸し暑い京都の朝です

これから、お寺とお墓に行って、お盆で帰ってこられるご先祖様を迎えに行きます。
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.08.06

野本 理隆個展 in イロリムラ 

会社帰りに、中崎町のイロリムラで開催中の「野本理隆さんの個展」を見てきました。
:
Momoto_ritaka01
「玉子のある風景」がテーマで、抽象化された自然の中に玉子が数個浮かび、水滴が散らされている。

というモチーフの作品が小品から100号を越える大作まで、同じような絵柄で数十点が並んでいます。

会場の真ん中に立って四方の壁に掛けられた作品に囲まれると、非常にふしぎな感覚にとらわれます。一種のヒーリング効果のようです。

在廊されておられる作家さんにコンセプトをお伺いしたのですが、やはり「自然も玉子も水も生命(いのち)を象徴している。」とのことです。

私は非常に感動して会場を後にしてきました、大阪近郊の方は、一度足を運ばれることをお勧めします。(8/10 まで 12:00-1800)

詳しくは、ギャラリーのHPへ http://irori2005.com/
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.08.05

【叡電】真夏の花シリーズ2015 (第4回:八瀬駅ふきん)

8月1日に、八瀬までカメラ散歩にいってきました。みちみち立ち止まっては、電車や風景を撮影して、八瀬駅に着きました。
*
Yase31
八瀬駅は屋根も鮮やかな青緑色に塗り替えられ、非常に鮮やかです。

今はまわりの木々は濃緑で、高野川も水量豊かでちょっと埋まりこんだ感じですが、このさき晩秋になって木々が紅葉する頃にどんなコントラストを見せてくれるか楽しみです。
*
724_0151
駅の回りはさすがに美観を気にしてか(笑) 雑草はきれいに刈り取られています。

でもちょっとはなれた空き地には、黄色い月見草がすでにしぼみかけてますが咲いてました。
*
802_0124
まだまだ暑い日は続きますが、すでに実りの秋の準備は始まっているようで、柿の実や
*
Yase32
栗のイガも目に付きました。
*
Takaragaike25
はやくも今週末には立秋、暦の上では秋になります。

一気に涼しくなってくれないかなぁ
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.08.02

【叡電】真夏の花シリーズ2015 (第3回:アサガオとエノコログサ)

昨日は、叡山線に沿って八瀬まで撮り歩いてきました。
*
811_0140
ヒマワリと並ぶ夏の花は、アサガオですが、意外と電車と一緒に写せるところには咲いていません。

これは西洋アサガオの一種のようですが、宝ケ池駅のすぐ横の民家の塀に咲いています。
*
724_0148
このところの晴天で、雑草も伸び放題です。

去年は、ひと足遅く写す前に刈り取られてしまって残念な思いをしましたが、今年は夏らしい情景を捉えられました。
*
724_0149
夏草の駅。 暑さもひとしおに感じます
*
723_0129
御蔭山の小径に入ると、日陰になって涼しいです。

「この道を伝って山から鹿が下りてきて田畑を荒らして困る」と、通りがかりの地元の方がぼやいてました。
*
724_0150
八瀬・比叡山口駅につきました。最近リニューアル工事が終わって、手前の柵が煉瓦塀風になりました。照明も白熱燈風に取り替えられてます。
*
(続く)
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.08.01

【叡電】真夏の花シリーズ2015 (第2回:ヒマワリとブドウ)

8月になりました。7月は前半は梅雨と台風、後半は猛暑に体がついて行けずにぜんぜん電車の写真が撮れない内に終わってしまいましたが、ようやく体が暑さなれしてきたので、撮影に行ってきました。

まずは、ヒマワリとブドウから
*
901_0244
やっぱり、「夏」 といえばヒマワリですね。
*
813_0120
それほど大きな花ではありませんが、貫禄十分。
*
721_0119
おなじ場所には、ブドウも実ってました。

今まで見たことがないので、今年はじめて植えられたのかも?
*
802_0125
稲の花が咲き出した田んぼと、ブドウ棚。
*
801_0128
これで熟しているのかどうかわかりませんが、しばらく様子を見て、いわゆるブドウ色に変わったらまた写してみたいです。
*
(続く)
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ