« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月に作成された記事

2015.09.29

京の中秋の散歩 河原町沿いに木屋町から御所・下鴨へ(その1)

5連休最終日は、京都市内をまったりと歩いてきました。

電車で、京阪三条まで行って河原町通り沿いに自宅まで戻ります。
*
201509231_takasegawa01
木屋町まで来ると「高瀬川舟まつり」の案内が。色々とイベントもあるので行ってみることに。
*
201509231_takasegawa02
ちょうど、舞妓さんの撮影会でした。場所柄、先斗町の舞妓さんでしょうか。
*
201509231_takasegawa03
うしろ姿も絵になりますね~
*
201509231_takasegawa04
まるで観光ポスターやなぁ(^^♪
*
201509231_takasegawa05
続いては、剣龍会による殺陣の演武。

左の男の子は、小学2年だそうですが、なかなか堂に入った演技を披露してくれました。
*
201509231_takasegawa06
石川さゆりの天城越えの唄にのせて、華麗な演技で喝采をあびる女剣士。
*
201509231_takasegawa07
舞台挨拶は、演武と打って変わって女らしさを強調されてました(笑)
*
201509231_takasegawa08
木屋町を後に、京都御所へ向かいます。途中、寺町丸太町を下がった裏通りに、こんな質屋さんを発見。
*
201509231_takasegawa09
電話(3)局とか(23)局とか、いつの時代の話や・・・・・昭和30年代?
仁丹町名看板も「上京区」になってるけど、ここらが上京区から分かれて「中京区」になったのは昭和4年のはず・・・・・もう100年近く前のもの
*
(続く) (次回は、梨木神社から下鴨神社へあるきます)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.09.28

【叡電】秋の花シリーズ2015 (第3回:ヒガンバナ)

京都洛北も、5連休中にヒガンバナの時期を迎えました。

連休初日の19日の午後にさっそく撮影してきました。昨年は花のつきがいまいちでしたが、ことしはたくさん咲いてくれました。

(修学院~宝ケ池間)
*
721_0122
デオ721号
*
721_0123
デオ721号
*
722_0112
デオ722号
*
722_0113
デオ722号
*
732_0106
デオ732号
*
732_0107
デオ732号
*
732_0108
デオ732号
*
811_0142
デオ811+812号
*
813_0128
デオ813+814号
*
815_0172
デオ815+816号
*
901_0249
デオ901+902号
*
901_0250
デオ901+902号
*
903_0209
デオ903+904号
*
903_0210
デオ903+904号

以上、この日の稼働車3形式8編成の紹介でした(^^♪
*
901_0251_2
【おまけ】 
修学院駅前商店街の招き猫ちゃんたちと叡電

NHKの番組で「天才ネコ少年作家」として紹介された加悦雅乃くん(当時中学生)が2年ほど前に描きました。
**
Syugakuin27
他に、こんな子たちがいます。
*
(次回は、京都の街歩きの予定ですが、急用ができまして、2・3日ネットを留守にします。UPとご返事遅れます。ごめんなさいね。)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.09.26

暗越奈良街道を歩いてきました。 (南生駒から西ノ京まで)

21日の敬老の日に、暗越奈良街道(伊勢本街道)を歩いてきました。

大阪玉造を起点に奈良春日大社まで、30Kmほどの行程です。全区間を一日で歩くのはちょっとキツイが峠道だけも詰まらない....

という訳で、東大阪の中心から平城京の西口まで歩くことにしました。
*
Minami_ikoma02
暗峠をこえて、近鉄南生駒駅からコース後半に入ります。
*
201509kura_nara27
国道とは名ばかりの、細道がつづきます。
*
201509kura_nara28
駅を出で、すぐに低い丘をこえて、広い造成地にでます。うろこ雲のもと夏草に覆われてポツンと立つバス停。

この後半コースの一部は3年ほど前に一度歩いたことがあるのですが、もう疲れてやっと見つけたバス停から来たバスに乗って帰りたい衝動に駆られた(笑)のを思い出します。

この時はまだウォーキングに目覚めてなくてメタボおじさんでしたから(^^♪
*
201509kura_nara29
造成地をしばらく歩くと、足湯があります。生駒の山並みを眺めながら、足をあたためて昼食休憩にしました。
*
201509kura_nara30
ここまでの疲れが、一気に流れ出していく感じです。極楽極楽
*
201509kura_nara31
山並みの左手のくぼんだととろが、暗峠です。右手の山頂は、標高642m.
*
201509kura_nara32
生駒盆地をあとに矢田丘陵を登ります。峠のお地蔵さま。すこし傷んではいますが、菊の花が一輪。地元の方がお世話されてるんでしょうね。
*
201509kura_nara33
足湯からわずか10分足らずで、榁ノ木峠に着きました。前に歩いた時は、疲れもあってかかなり登り下りしたような記憶がありますが、少しは体力ついたみたいです
*
201509kura_nara34
峠の弘法大師堂に参ります。秋の草花がきれいな境内でした。
*
201509kura_nara35
キバナコスモにタテハチョウが留まってます。スマホ撮りなので、接写できません(^^;

大師堂の前あたりに、まえ通ったときに美味しいパン屋さん「森のパン屋308」を見つけていたのですが、今度は祝日でお休みでまた買えず*
*
201509kura_nara36
矢田自然公園を通って矢田寺へむかう分かれ道です。前回は矢田の方から歩いてきました。ここから奈良街道はまた初歩きです。
*
201509kura_nara37
山道がおわると、追分本陣・村井家住宅にでます。りっぱな建物です。村の庄屋さんのおうちだったんですね。
}
201509kura_nara38
大阪と奈良・郡山の分岐点なので追分です。
*
201509kura_nara39
ここから奈良盆地に入ります。旧伊勢本街道のなごりがところどころに残ってます。
*
201509kura_nara40
「矢田→ 大阪 深(江)? と彫ってあるのでしょうか。
*
201509kura_nara41
こころの和む風景です。ゆっくりと歩きましょう。それにしても誰も歩いてませんね~(^^)
*
201509kura_nara42
富雄川を渡ります。この付近からまた住宅街になり、道幅は狭いのに車通りが多くなり歩づらいです。
:
201509kura_nara43
村はずれのお地蔵さま。 ここまで無事に歩き通せたことを感謝して一礼。
*
201509kura_nara44
ハイキングコースとしては、ここまで。この先は、あまり見るところもないので、砂茶屋バス停からバスで最寄駅へ移動する人も多いです。今回は歩きが目的なので、もう少し歩きましょう。

ここまでで、約20Km 所要時間:4時間半です。(休憩含)
*
201509kura_nara45
りっぱな三階建ての蔵のある民家です。赤膚焼きの窯元みたいです。残念ながら焼き物には興味がないのでパス
*
201509kura_nara46
蔵と母屋だけは、アップで
*
201509kura_nara47
虫籠窓に恵比寿・大黒の門番に立てた民家。奈良らしい風情が続きます。
*
201509kura_nara48
その名も「宝来」と縁起の良いバス停。 前に西ノ京に来た時に、路線図で見つけて、一度来てみたいと思ってたんです。一時間に一本しかないバスも、たまたますぐに来てラッキー
*
201509kura_nara49
ようやくゴールの近鉄西ノ京駅近くの垂仁天皇陵に着きました。
さすがに疲れました

13:45到着、記録は、距離:約23Km余、歩数:33,000余、所要時間:5時間余 でした。

今年のウォーキングの最高記録更新です
*
Nisinokyo02
もう西ノ京や奈良公園をみてまわる気力もなく 駅前の居酒屋でささやかな完歩賞(笑)達成会をやって、近鉄西大寺駅で解散になりました。
*
Saidaiji03
一緒に歩いてくれた仲間に感謝ですm(__)m
*
(次回は叡電ネタです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.09.25

暗越奈良街道を歩いてきました。 (東大阪から南生駒まで)

21日の敬老の日に、暗越奈良街道(伊勢本街道)を歩いてきました。

大阪玉造を起点に奈良春日大社まで、30Kmほどの行程です。全区間を一日で歩くのはちょっとキツイが峠道だけも詰まらない....

という訳で、東大阪の中心から平城京の西口まで歩くことにしました。
*
201509kura_nara01
東大阪の真ん中は、やはり市役所でしょ(笑)。市役所のもよりの近鉄荒本駅から出発します。

時間は、8:40です。
*
201509kura_nara02
まずは、荒本地区の氏神さまに道中の無事を祈って、河内街道を南に向かいます。
*
201509kura_nara04
工場街を15分程歩くと、暗越奈良街道の旧道と河内街道が交差する、菱屋地区につきます。交差点には古い道しるべが立っています。
*
201509kura_nara03
街道の角にある八剱神社にお参りします。いよいよ暗越奈良街道を歩きます。
*
201509kura_nara05
旧街道は、府道にしばらく一緒になりますが、花園ラグビー場の裏手付近で、北へ分かれます。

小学校の門前に、「松原宿跡」の石碑と説明版が立っています。それによれば、この付近は暗越奈良街道の宿場として栄え、川船もやって来て水陸の交通の要所でもあったのだそうです。
*
201509kura_nara06
歩いた日は、祝日でしたが、日の丸の旗を出しているお家が多いのが目につきます。

町内会で、「祝日には国旗を掲揚しよう」という運動をやってるみたいです。
*
201509kura_nara07
旧街道の宿場らしく、鍵の手に曲がる道をたどり、恩智川を渡ります。

はるか昔、河内平野がまだ入海や湖だった頃の名残で、上町台地から生駒の麓までまっ平らですが、恩智川を境に坂道になります。ここまで水が来ていた証拠なのでしょう。
*
201509kura_nara08
少し行くと、こんどは東高野街道と交差します。「東ェすぐ なら いせ道」とかかれた道しるべがあります。
*
201509kura_nara09
だんだんと急になってくる道をたどり、近鉄奈良線をくぐると、峠の入り口になります。

ここまで来たら、枚岡神社に寄らないわけにはいきません(^^; お参りと小休止です。

荒本から1時間15分で到着。10時ちょうどに出発です。
*
201509kura_nara10
神社の境内からいきなりの(笑)急なハイキングコースがスタート。すぐに暗峠と生駒山頂への分岐があり、国道に合流します。

標高455mの峠まで約2.5Km、標高差400m、平均勾配20%(約11°)最急勾配37%(約20°)

最初から息が上がり 「長いアプローチを取るんじゃなかった」と、愚痴が....  
*
201509kura_nara11
すぐに、名所のひとつ「芭蕉句碑」です。「菊の香にくらがり登る節句かな」と、刻まれています。

芭蕉の最後の旅で、奈良から大阪に越えたときに詠まれたそうです。このあと大阪近辺を見て回り、今の御堂筋の南御堂付近で亡くなります。  

 辞世の句 『旅に病で 夢は枯野を 駆けまはる』 享年51歳
*
201509kura_nara12
道はさらに急になり、最後の九十九折りの区間には、最急勾配の37%のところもありますが、もう写真に撮ったり、驚いたりする余裕もなく(笑)ようやく弘法水の休憩所に着いてやれやれです。

霊水をいただいて、時計をみるとちょうど30分の登りでした。
*
201509kura_nara13
こんな高原に田畑が広がってちょっとびっくりします。ここからが有名な超狭隘区間、別名「あぜ道国道」です。
*
201509kura_nara14
峠に向かって、右手は段々畑。
*
201509kura_nara15
左手は、民家か山肌の間を道幅3mほどの通路(道路では無いな)が登ってます。

たまに車が通りますが、奈良・大阪以外の他府県ナンバーは、酷道ドライブに来てんのかな?
*
201509kura_nara16
登りはじめて40分で峠に着きました。これが話に聞く「石畳国道」ですね
*
201509kura_nara17
日本の道百選にも選ばれているようです。 石碑のうしろの細い山道は生駒山の縦走路で。信貴山と生駒山を結んでいます。

ここまでで、約10Km 所要時間:2時間です。(休憩含)
*
201509kura_nara18
峠の茶屋で一服。 お昼にはまだ早いので、クリームソーダをいただきました。炭酸の清涼感とアイスの甘味で、疲れを吹き飛ばします 

缶ビールで喉をうるおす仲間もいます。
*
201509kura_nara19
ここからは、下りです。生駒盆地とこれから越えていく矢田丘陵、その向こうに奈良盆地と春日山もみえます。

まだ先は長いですね~
*
201509kura_nara20
西畑町の万葉歌碑です。

「難波津を 漕ぎ出て見れば 神さぶる 生駒高嶺に 雲ぞたなびく」

下野国の防人・大田部三成 巻20-4380
*
201509kura_nara21
奈良側は道もかなり整備され、新興住宅地が広がっているところもあります。峠の途中までは本数は少ないですが、生駒市のコミュニティバスが来ます。
*
201509kura_nara22
それでも、バイパスができて旧道が取り残されている区間は、昔の山道の風情も残しています。
*
201509kura_nara23
旧道区間にのこる阿弥陀さま。文永七年(1270年・鎌倉時代)の銘があります。700年以上前の昔から旅人の安全を見守って下さってるんですね。
*
201509kura_nara24
山道は終わって、田んぼの中を歩きます。
*
201509kura_nara25
振り返ると、生駒の山並みが。 一番低い鞍部を越えたとはいえ、あんなところを登り下りしてきたのかと
*
201509kura_nara26
中間地点の近鉄南生駒駅前の国道168号線との交差点です。町中でもこの狭さ。江戸時代のままなんでしょうかねぇ(^^;
*
Minami_ikoma01
この駅を起終点にするハイカーも多いです。ここまでで、約14Km 所要時間:3時間です。(休憩含)

(後半に続く)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.09.24

【叡電】秋の花シリーズ2015 (第2回:ススキとニラの花)

花とえーでん「秋」シリーズの2回目は、ススキとニラの花をお送りします。
*
802_0126
ススキも稲刈りやヒガンバナと並んで、初秋のアイテムです。ちょっと前までは、どこでも見られましたが、沿線の宅地化の影響で、探さないと見れなくなってきています。
*
801_0130
この木野付近の旧街道沿いは、まだまだいろいろな庭木や花壇とともに、野草の花も撮れるので、「撮りネタに困ったときは、岩倉へ(笑)」を合言葉に、せっせと通ってます。
*
712_81
こちらも、お馴染みの三宅八幡駅。ここも大きなススキの株があります。野生ではなく、近くの方が育てておられるのかな?
*
712_80
9月15日は、八幡さんの秋祭りです。まえは敬老の日で休みだったけど、祝日法の改正で、平日になってしまいました
*
813_0126
プロフィール写真に使っている写真です。一乗寺~修学院間の家庭菜園で写させてもらってます。
*
723_132
ハナニラは春の花ですが、ニラの花は秋に咲くんですね。似た名前で紛らわしい
*
724_0152
ニラの花言葉に「多幸」・「星への願い」などがあるそうですが、線路脇の路地裏にひっそりと咲く姿をみると、そんなイメージが湧いてきますね。
*
Ichijyoji09*
この花は、タテハチョウが好むのか、よく蜜を吸いにやってきています。
*
(次回は、暗越奈良街道を歩きます)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.09.22

【叡電】秋の花シリーズ2015 (第1回:稲穂と稲刈り)

はや9月も、下旬になりました。洛北も実りの季節を迎え、あちこちの田んぼでは、稲刈りが進んでいます。

花とえーでんもシリーズも、行き先を「初秋」にかえて10月前半までお送りします。
*
903_0207
岩倉1号踏切近くの田んぼ。

線路脇で撮りやすいところは、どんどん宅地化されて、ここは農作業と電車のコラボをとれるポイントです。
*
801_0131
仕事の邪魔にならないように、お昼の休憩中に撮ってます。
*
903_0205
二軒茶屋駅付近の田んぼ。

ここも段々畑風で良いのですが、電車の足回りが隠れるのが難点
*
813_0125
修学院~宝ケ池間の田んぼも、実りの秋です。

ここに掲げた写真は、12日の撮影ですが、翌週の19日には刈り取られ、畦には真っ赤なヒガンバナが咲き乱れてました。
*
901_0247
コムラサキ(小式部)を透かして、赤きららとオレンジきららを写します。
*
903_0208
この紫の粒々が色つくと、秋本番の到来を感じますね。
*
901_0246
【おまけ】

稲穂ではありませんが、岩倉~木野間の休耕田では、見たこともない、黄色い花が一面に咲いてました。ネットで問いかけてみると「ヒレタゴボウ」という帰化植物だそうです。
**
903_0206 *
Kino_0004
こんな菜の花によく似た形の花です。
*
(続く) (次回は、ススキとニラの花です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.09.21

【阪堺】秋の花シリーズ2015 (我孫子道・安立町駅付近)

13日に環状線・阪和線・阪堺電車を撮影してきました。

阪堺電車の沿線も、季節の変わり目であまり花が咲いていません 
それでも我孫子道と安立町の間で、何枚か撮影できました。
*
Hankai0097
マツバボタンのような小さく群れ咲くお花たち。地面に座りこんで、写してます。
*
Hankai0098
カラフルな電車が多いので、お花とマッチしますね。
*
Hankai0099
もう昼過ぎで、日本アサガオはしおれてますが、西洋アサガオは元気に咲いてます。
*
Hankai0100
今夏は、猛暑すぎてあまり出歩けずで、朝顔やヒマワリと電車をからめた写真が撮れなかったのが、残念です
*
Hankai0103
住吉大社前の花屋さんの店先で、電車待ちのあいだに撮らせてもらいました

この次の電車で、帰京します。
*
(次回は、叡電ネタです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.09.20

【阪堺】チンチン電車の走る街-我孫子道から住吉へ

13日に環状線・阪和線・阪堺電車を撮影してきました。JR杉本町駅での撮影をおえて、阪堺電車の我孫子道へ向かいます。

3年ほど前に逆コース歩いたことがあるのですが、そのときは阪和線を越えたあたりで道に迷って困ったことがありました
今は、スマホの地図が充実して、町中では道案内に困る事はありませんね。
*
Hankai0094
南海我孫子前駅までいって、遠里小野商店街を西に向かいます。熊野街道と交差する付近は、古い民家もあっていい感じです。

阿倍野筋をわたり、清水谷・あびこ道と続く商店街を抜けていくとチンチン電車の音が聞こえてきました。
*
Hankai0093
こんな商店街とチンチン電車の写真を撮れるところも、減ってきましたね。
*
Hankai0095
擦り切れた(失礼)広告の旗をいれて写していると、近所の方から「でんしゃ写してんの」と、声を掛けられました。

この辺のかたは、みんな気さくですねぇ
*
Hankai0101
安立町では、こんな写真が撮れました。夕闇の迫る頃の方が、雰囲気いいかな
*
Hankai0104
季節の変わり目で、あまり花は咲いてませんでしたが、写しながら住吉神社前まであるきます。

月並みですけど(^_^.) 住吉鳥居と電車のからみを。偶然バイクが通ってくれて、画面に動きがでました。

*
Hankai0105
住吉公園駅の廃止が報じられたためか、住吉交差点もいつになく鉄ちゃんの姿が多いです(^^)v

そーしき鉄で一杯になる前に、朝の電車を写しに来たいのですが、土日は、7:44 始発、8:32 終発という、チョー閑散ダイヤ(笑)なので、家を5時半過ぎに出ないと間に合わないのが、つらいところ
*
Hankai0106
帰りは、上町線で阿倍野へ戻りました。

写真は、前から気になってる阿倍野交差点南西角の謎?の石像。ググってみましたが良くわからず?
どなたかご存じな方おられます。
:
(続く) (次回は、花とチンチン電車です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.09.18

【JR西】初秋の花シリーズ2015 (阪和線杉本町駅付近)

13日に環状線・阪和線・阪堺電車を撮影しに行ってきました。

12日の京阪からバリ鉄 の写真が続いて、電車に興味のない方は退屈だったでしょうから(笑)、ここからは、「花と鉄道」、「風景の中の鉄道」にします。
*
Sugimotocho03
コムラサキ(小式部)と205系。

この紫の実が熟すと、秋を感じますねぇ。
*
Sugimotocho04
隣に咲いてた、やはり青紫の花。電車と合わすために横顔(^.^)w

どなたか、名前わかりますか?
*
Sugimotocho05
225系とルリマツリ (瑠璃茉莉)

このブルーの花は、初夏から秋の半ばまで、次々と咲いてくれます。夏はさわやかに見えていた花も、秋の訪れとともにわびしさを感じるのは不思議ですね。
*
Sugimotocho06
この電車はあと何回、秋の訪れを感じることが出来るでしょうか.......
*
Sugimotocho09
ヒマなんで、流し撮りして遊んでました\(^o^)/
*
(続く) (次回は、阪堺電車です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.09.17

【JR西】阪和線の103系・205系を撮る (杉本町駅ほか)

13日は、先週の奈良線の103系の続きで、環状線と阪和線の103系をねらってきました。
*
Tennouji10
環状線から阪和線ホームへ。ここは行き止り式の阪和電鉄時代の面影を色濃く残す好きな駅のひとつです。

この写真は一週間前の9月4日の夜に、やはり阿倍野のギャラリーにお邪魔した帰りに写したもの。低窓タイプが2編成も並んで、福眼です
*
Turugaoka03
切符は、浅香まで買ってますが、まずは鶴ケ丘で降りてみました。
*
Turugaoka01
高架線上の行き違い駅で、ゆったりした設計になってます。

5分毎くらいに電車の来る環状線と違って、阪和線の各停は15分毎。しかも205系と共通運用で、103系の確率は、上下あわせて一時間に2~4本と効率悪し
*
Turugaoka02
15分待って、関空特急はるかとのすれ違いと、入駅を撮影して、杉本町へ移動。
*
Sugimotocho08
この駅に撮影目的で来たのは、何十年ぶりでしょう。学生の頃以来です

阪和貨物線が廃止になったり、新しい入口が出来たりしてますが、この駅も跨線橋やホームの上屋に、国鉄時代の面影を多く残して、好ましいです。
*
Sugimotocho02
205系が続いて、103系は上下2本しか撮れませんでした。乗客サービス面では、すこしでも新しい電車に乗ってもらうというJRの方針は、理解できますが........
*
Sugimotocho01
やっぱり低窓の103系を、たくさん撮りたいですね(^^♪
*
Sugimotocho07
着いた時に、天王寺へ向って行った編成が戻ってきたので、切り上げて阪堺電車の我孫子道へ移動します。
*
(続く) (次回は、花と阪和線電車です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.09.16

Windows10 アップグレード後のテストです。

Windows10への、アップグレード後のブログの作成、登録テストデータです。

もし、見え方がおかしいときは、コメントで教えてくださいね
*
2014043maruyama_sakura07
円山公園の枝垂桜です。
*
201408okuribi01_2
五山の送り火 です。
*
2014113imakumano06
今熊野観音寺の紅葉です。
*
201401_kibune05
雪の貴船神社です。(画像加工してます)
*
901_0177
今朝の叡電です。
*
Windows10への、アップグレード後のブログの作成、登録テストデータです。

もし、見え方がおかしいときは、コメントで教えてくださいね
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

【JR西】環状線の103系を撮る (寺田町駅)

13日は、先週の奈良線の103系の続きで、環状線と阪和線の103系をねらってきました。
*
Teradachou01
まずは最近、塗装の下から昔の書体の駅名標が現れて新聞ダネにもなった寺田町へ。
*
Teradachou02
京橋からの移動は、このラッピング電車です。およそ50分弱で一周してくるので、その間に撮影します。
*
Teradachou03
隣の天王寺駅前の、阿倍野ハルカスが見下ろす内回りホームにさっそく103系が到着。
*
Teradachou04
入れ替わりに、外回り電車も到着。 

この駅の桃谷側は、かなりの急カーブになっていて、駅撮りながら良い構図が得られます。
*
Teradachou12
駅の下を国道25号線が通り、付近は繁華街になってます。

ちょうど電車の先頭がいるあたりの線路脇のビルに、最近よく行くギャラリーがあり、この駅が電車の撮影に適していることを知りました。
*
Teradachou09
内回りの後追いは、こんな感じ。
*
Teradachou10
この駅では、よくすれ違いが見られました。103系同士の並びも一度ありましたが、見落として撮りそこねました

上の「森ノ宮」の行き先は間違いみたいで(笑)、発車直前に気がついて「USJ・桜島」に訂正されました。
*
Teradachou07
201系には、女性車掌さんの乗務列車もありました。
*
Teradachou13
最初に乗ってきた、イラスト電車が一周してきました。事前にネットで運用を調べていったおかげで、一時間弱で、上下8本の103系と3本の201系をGetでき、なかなか効率のよい撮影でした。
*
Teradachou14
ふたたびイラスト電車に乗って、天王寺駅へ移動します。
*
(続く) (次回は、阪和線の103系、205系です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.09.14

【JR西】鳥羽街道駅から見た奈良線

京阪鳥羽街道駅のホームとJR奈良線は併走しています。

京阪撮影のおまけとして103系を写しました。
*
Toufukuji09
線路脇のフェンスには雑草が生い茂っています。おもにヤブガラシとヘクソカズラです。どちらもつる草で、除草がめんどうで、地主さん泣かせです
*
Toufukuji07
ぼかして写すと、それなりにきれいです
*
Toufukuji08
逆に、花ピンにするとこんな感じ。

ローカル線の風情を出すのに、雑草は必須のアイテムですね。
*
Momoyama10
この2枚は、7月頃にJR藤森~桃山間の築堤の撮影ポイントで撮ったもの。

発表の機会がなくて、お蔵入りしてたんですが、奈良線つながりでアップします。
*
Momoyama09
*
(続く) (次回は、103系つながりで、大阪環状線と阪和線です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.09.13

京の初秋の散歩 高野川・出町柳の秋の夕暮れ

今日は、JR奈良線の話題を載せようと思ってましたが、昨日・今日と晴天に恵まれ、夕方にはきれいな雲や夕陽が見られたので、これを先にUp します。
*
201509imasora01
12日の高野川の夕暮れです。松ヶ崎橋から下流を望んでいます。

見事なウロコ雲ですねぇ(^.^)
*
201509imasora02
アップです。
*
201509imasora03
下の3枚は、今日(9/13)の出町柳の萩の寺、常林寺さんのお庭に差し込む夕陽です。

時間は5時45分ごろから5分間ほど。
*
201509imasora04
毎日通勤で、ここを通るとはいえ、こんな情景に出会えるのは滅多にありません。

本尊の阿弥陀さま、お地蔵さま、写真の神様に感謝ですm(__)m
*
201509imasora05
昔のひとは、このような情景に仏さまを見たんでしょうね。
*
(次回は、奈良線です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.09.12

【京阪】京阪特急65周年HMを撮る (鳥羽街道駅)

見出し5日に、9月から走り出した、京阪特急65周年HM付きの列車を写しに行ってきました。
*
8002_04
しばらく藤森で撮影したあと、鳥羽街道へ戻りました。

すぐにお待ちかねの二枚看板が急カーブ・急勾配を登って近づいてきます。
*
8002_05
この駅の前後は、疏水とJR奈良線にはさまれて、Sカーブの連続。 駅構内ながら、ダイナミックな写真が撮れます。

先頭車が真正面を向いたところで、アップでカシャッ。
*
2226_02
京都寄りに来ると、本日2本目の試運転列車が。これもアップで。
*
8005_07
先に行ってた8005Fの二枚看板が下ってきました。

もうちょっと左に寄ったらよかったかなぁ
でも、いろいろ撮れて、満足満足(^^♪
*
(続く) (次回は、JR奈良線です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.09.10

【京阪】京阪特急65周年HMを撮る (藤森駅)

5日に、9月から走り出した、京阪特急65周年HM付きの列車を写しに行ってきました。
*
3001_11
まずは、鳥羽街道駅の京都よりの駅撮り定番ポイントへ。

3000系で試し撮りしてみましたが、まだ影が出るので、次の電車で藤森へ移動。
*
8010_14
今の時期の朝方は、上り列車をきれいな光線で写せます。

しばらく待って、お目当てのトーマス号のHM付をGet!
*
8007_06
次は、8007Fの65周年HM付。

でも、一番写したい復刻版と特急板との二枚看板のはなかなか、やってきません。
*
2211_01
京都寄りへ移動。鳥羽街道で見かけた、2200系の試運転列車がぼちぼち下ってくる頃なので待ちます。

ほどなくお出まし。
*
2211_02
最近の、試運転電車には、ドアにこんな貼り紙を見かけるようになりました。3ヶ国語対応ですね
*
2453_06
続けて、「京阪百貨店30周年」HMの2400系がきました。
*
8010_15
折り返しのトーマスが下ってきました。

このあと、いよいよ2枚看板が通過したので、ふたたび鳥羽街道へ戻ります。
*
(続く)
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.09.09

京の初秋の散歩 本満寺の小さな秋

9月になり、残暑も収まったので、またカメラ散歩の再開です。

5日は下京区内を歩いてきました。、玄奘展、松原商店街のイベントと見て、嵐電四条大宮駅に寄り、三条会商店街をとおって、堀川三条からバスで堀川寺之内へ移動します。
*
20150905_3demachi01
バスを降りて、西陣から出町でもう少し秋を探してみることにしました。

相国寺を抜け、本満寺にきました。このお寺は春のしだれ桜 で有名ですが、境内の花壇には四季の草花が絶えません。

本堂脇には、はやくも見ごろになったハギが数株。木漏れ日を受けてキラキラしてます。
*
20150905_3demachi03
石灯籠とともに
火袋の市松模様の細工がみごとですね。
*
20150905_3demachi02
日月の窓からのぞいてみました。
*
20150905_3demachi04
灯籠の足元には、ヤブランが。 
このちいさなむらさきの花も、秋の訪れを感じさせてくれますね。
*
20150905_3demachi05
夏の猛暑ですっかり枯れてしまいましたが、石畳の回りは苔庭です。秋雨を吸って、苔は蘇るんでしょうね。
*
20150905_3demachi06
最後に、出町商店街で見つけたお花を飾って、今日の散歩は終わりにしたいと思います。

長いことお付き合い、ありがとうございました。
*
(次回は、京阪ネタです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.09.07

京の初秋の散歩 嵐電四条大宮駅の昼下がり

9月になり、残暑も収まったので、またカメラ散歩の再開です。

5日は下京区内を歩いてきたのですが、松原京極商店街のイベントを見たあと、ここまで来ればと、嵐電の四条大宮駅に寄ってみました。
*
Shijyo_omiya04
改札口の上には、季節ごとの飾りがぶら下げてあるのですが、まだ夏のままかアサガオの造花です。

旧塗装のグッズがカワイイですね(^_^)
*
Shijyo_omiya05
次の電車を待つあいだに、浴衣すがたのおふたりが。女の方は秋らしく藍染のもみじ散らし、男性も渋い色合いに明るめの帯と決まってますね。
*
Shijyo_omiya06
まるで、ドラマのいちシーンみたい
*
Shijyo_omiya07
次の電車が着きました。自動改札機のないラッチで駅員さんが並んでお出迎え(^.^)

だんだんこのような情景は見られなくなってきてますね。
*
20150905_2matubara11
西日本で一番長い800m超のアーケードが自慢の、三条会商店街の入口では、こんなキャラが出迎えてくれます。
*
(続く) (次回は、出町の本満寺です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.09.06

京の初秋の散歩 DesignStreetProject2015 in 松原京極&精華大

9月になり、残暑も収まったので、またカメラ散歩の再開です。

5日に龍谷ミュージアムの「玄奘展」をメインに下京区内を歩いてきました。
*
20150905_1honganji10
玄奘展は、有料でまだ開催中なので詳しくは書きませんが、奈良の薬師寺に伝わる玄奘三蔵の資料を中心に、
0.玄奘の人となり
1.玄奘の伝記
2.修行期
3.印度求法の旅
4.帰国後の仏典漢訳
5.後世への影響など
のテーマごとに貴重な資料や解説が展示してあります。

仏教系の展示は、抹香臭く(失礼)なりがちですが、新しい博物館だけに、展示も工夫され、一般のひとでも理解し楽しめる内容になってます。

西遊記の三蔵法師は、すぐ切れて軽率な三枚目(またまた失礼)のイメージで描かれることが多いですが、実在の玄奘は、精緻な頭脳とバツグンの行動力と政治力の備えた高僧だった。

ということが良くわかります。今週から後半の展示に入り27日までです。 観覧されることをお勧めします。
*
20150905_2matubara01
ミュージアムを出て、松原京極商店街の「Design Street Project 2015 in 松原京極&京都精華大」 というイベントへ回りました。

このイベントは、京都精華大デザイン学部の3回生を中心に、「アートで町おこししよう!」という企画です。

写真は、受付に置いてある立体地図
*
20150905_2matubara02
物販のコーナーが多いです。売り物はやはり学生さん自身が作った作品がメインのようです。
*
20150905_2matubara03
****
20150905_2matubara04
このお2人は、版画コースの学生さんだそうです。

左の方は、鮭が好きでモチーフに取り入れてるそうで、他にも、鮭をデザインした作品をたくさん並べてました。
右の方は、「レトロ大好き」とのことで、往年の女優さんや懐かし系の絵を描いてられます。
*
20150905_2matubara05
***
20150905_2matubara07
極めつけは、このおふたり。
Mr.Kisd さんと、Saigetsu さん。

キッズさんは、本格的にストリートパフォーマンスを演じられてる方、サイゲツさんは、デザインコースの学生さんです。
*
20150905_2matubara06
**
20150905_2matubara08
キッズさんは、通行人と掛け合い漫才(笑)をやったり、ひとり芝居したりと大活躍。小さな子供さんは、怖いのか遠巻きに見てたり、一緒に遊んだり。

サイゲツさんは、ライブペイントしたり、似顔絵を描いてくれたりと、こちらも子供たちの歓声が絶えません。

横で見てるだけでも、楽しくなります
*
20150905_2matubara09
しばし楽しんだあとは、ここまで来たらと、商店街を抜けて、嵐電四条大宮駅に向います。
*
(続く) (次回は、嵐電四条大宮駅のようすです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.09.05

京の初秋の散歩 東西本願寺の辺り

9月の一週目の週末にして、すでに秋本番の気候です。もう暑さに悩まされることもないので、また「鉄」に「街歩き」に「アート」にと、どんどん歩き回りたいと思ってます。

それで、龍谷ミュージアムで開催中の「玄奘展」をメインに、下京区内を歩いてきました。
*
20150905_1honganji01
博物館は10時開館なので、その前に京阪電車を撮り鉄して、七条駅から、歩き始めます。七条通りは、混雑するので、正面通りを西へ。

鴨川を渡り、河原町通りを越えると、枳穀邸の裏にでます。数百メートル続く長い築地塀に「本願寺」と刻印された丸瓦が並んで、圧巻です。
*
20150905_1honganji02
名勝庭園の反対側は、統合で廃校になった小学校?の廃墟。別な施設に転用すべく改修工事中です。
*
20150905_1honganji03
この付近は、京町屋がたくさん残ってます。

べんがら格子の前に咲く芙蓉の花のすこし盛りが済んだ感じなのが、秋を感じさせますね。
*
20150905_1honganji05
まだまだ咲き続けるアサガオ。

花びらが正五角形なのが面白く感じたので、一枚
*
20150905_1honganji04
烏丸通りを渡り、東本願寺さんの北側をたどっていくと、仏壇屋さんと詰所と呼ばれる、本山にお参りに来られる地方の信者さんを泊める旅館の並んだ一角にでます。
*
Umekouji39
この西本願時前商店街のゆるキャラは「おりんちゃん」です。

その名のとおり仏壇でち~んと鳴らすおりんのお人形。
*
20150905_1honganji08
長ったらしい地名の仁丹看板もこの付近の名物(^^♪
*
20150905_1honganji09
西本願寺さんの前に着きました。本山さんに頭を下げて、さあ、ミュージアムに入りましょう。
*
(続く) (次回は松原商店街を歩きます)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.09.02

【叡電】 開業90周年記念展 in くずはモール

話は前後しますが、8月28日の帰宅時に、樟葉駅で途中下車して、くずはモールのSANZEN広場で開催中の叡電の開業90周年展を見てきました。
*
201508kuzuha01
午後9時の閉店30分前に行ったので、係りの人も見物人もだれもいません(^_^)
*
写真2201508kuzuha02
懐かしの貴重な写真が展示してあります。著作権の加減ですこしボカシしてます。
*
201508kuzuha05
201508kuzuha06
上は、イベント用のヘッドマーク、下は10年位前まで使われていた行き先表示板です。

今でも、ゴクまれに方向幕が故障したときなどに使われることがあります。
*
201508kuzuha07
201508kuzuha08
これは初めて見たような気がしますが、比叡山頂からの硬券の連絡乗車券? 2等の文字が時代を感じますね。

出町柳から京都バス経由の三条接続の京阪連絡とか、八瀬から京都バス経由の京都駅接続の国鉄連絡があったように思います。1980年代半ば頃までは、連帯運輸をやっていたかなぁ。

学生時代に、叡山ケーブル駅の裏にいつ頃のか忘れましたが、連絡運賃表が捨ててあるのを見た記憶があります。
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ