« 京の晩秋の散歩 東寺の秋の特別公開 | トップページ | 京の晩秋の散歩 夜の西陣を歩く »

2015.11.15

京の晩秋の散歩 都ライト (京町家からもれだす灯り)

7日土曜日は、昼間に東寺の秋の特別公開を見に行き、夕方からは、西陣地区の上七軒と浄福寺大黒町を中心に開催される「都ライト」という灯りのイベントを見てきました。

このイベントは、「町家を外から照らすのではなく内側にライトをおき、格子を通じて通りに美しい光を漏れ出させます。私たちはその光を、町家の暮らしで灯されてきた灯りに見立て、その暖かさを表現しようとしています。」
という趣旨で開催されており、流行のライトアップやプロジェクションマッピングとはちょっとちがった見せ方です。

今まで知らなかったんですが、もう今年で11回目だとか。暮れなずむ天神さんの東門をでて花街に入りましょう。*
*
201511_2nishijin15
*
続きを読む......   (本館の我楽多写真館に移動します)
*
次回は、西陣の街歩きの続きです
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 京の晩秋の散歩 東寺の秋の特別公開 | トップページ | 京の晩秋の散歩 夜の西陣を歩く »

コメント

こんばんは~o(^o^)o
す~~っごく素敵ですね~
お着物の女将さんのお写真もいい雰囲気だし
影絵もかわいいいです~~
さすが、京都‼ですね~

>> mik さんへ

こんばんは。

この辺は、母の実家があったところで、おじいちゃんおばあちゃんに連れられて
よく散歩しました。

そのころは、まだ西陣も活気があって日が暮れてからも、カシャカシャと織り機の
動く音がもれてました。

一気に半世紀前 にタイムスリップした気分でした。

 西陣というより、同志社西の古本屋
(2-3軒)によく行きました。すぐ隣の、同志社「寒梅館」
(新島壌の「学問は寒梅のごとし」に由来)で、懇親会を
したり、29歳のとき、由あって、受験もしました。
 西陣の街近くを通っただけで、街をゆっくり歩いたことは、
ありません。
 遠方から、行くには、少し交通に難がある
ように思います。また、近くに出向くことが
あるかどうかは、不明ですが、関心をもって
みたいと思います。


>> とし君さんへ

おはようございます。

同志社のある、烏丸今出川付近は、ここ数年で大きくかわりました。
寒梅館も立派に建て直されて、シャレたカフェみたいです。

古本屋さんも、BOOK-Offなどの大手が進出して、ホコリを
かぶったような店は、殆んどありません。

また、お近くにおいでの際は声かけてくださいね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京の晩秋の散歩 都ライト (京町家からもれだす灯り):

« 京の晩秋の散歩 東寺の秋の特別公開 | トップページ | 京の晩秋の散歩 夜の西陣を歩く »

フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ