« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月に作成された記事

2015.12.31

2015年 今年もお世話になりましたm(__)m

2015年も、今日一日だけとなりました。

今年もお世話になりました。

30日は、参り納めに清水寺に行って来ました。
*
201512higashiyama02
早や、お正月が来たような大混雑でした。清水の舞台もこぼれ落ちそうな(笑) ひとだかり。
*
201512higashiyama03
しかも、大半が外国からのお客さん。恐るべしインバウンド
*
201512higashiyama04
来年の干支にちなんで、庚申堂へ参ってきました。

くくり猿がユラユラ
*
Hituji_to_saru_2
よいお年をお迎えください。            管理人より
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.12.30

【叡電】年忘れ(^^) 普段アップで撮らないものを大写ししてみる (その2)

いよいよ押し詰まってきました。 叡電の撮り納めは、ふだん見慣れた駅構内なのに、意外と目につかないような一角をわざわざ探してみました。
*
802_0131
花園橋を渡って、八幡前に向かいます。

橋の上にお花が飾ってある? っと、思ったら造花でした(^^)
電車をぼかしたら、模型のレイアウトを写してるような絵になりました。
*
Hachiman_mae20
八幡前駅に着いた電車からは、ひとり降りただけ乗る人なし。静かです
*
Hachiman_mae21
クリスマスツリーが、まだ飾ってありました。八瀬駅のイルミネーションは1月末まで続くそうですけど、この駅も年内はこのままかな(^^)
*
Iwarura18
岩倉駅に着きました。この駅は数人乗り降りがあります。
*
Iwarura19
いつのまにか駅前の踏切が拡幅されてました。前から危険なので広げてほしいと要望がでてましたが、ようやく工事されたようです。

ここでまた時雨れて傘を差さないと歩けないくらい振ってきました
*
Kino_0006
木野駅の着くと、もう晴れました。北山しぐれは気まぐれで困ります
*
Kino_0007
パンタグラフがお日様と接触して(^^) 激しくスパーク
*
Seikadai05
精華大前駅です。冬休みでガランとした教室を横目に電車が滑り降りていきます。
*
Seikadai06
叡電各駅で一番アーティスティックな跨線橋を西日が照らしてました。
*
Seikadai07
今年の撮り納めは、この一枚。

跨線橋の蜂の巣形のすき間から、電車を写す。なかなか面白い
*
Syusyako48
*
(大晦日は、やっぱり今年のBestShotを(^^♪
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.12.29

【叡電】年忘れ(^^) 普段アップで撮らないものを大写ししてみる。

今年も、あと二日。

普通なら、一年の総集編をUpしたりするとこでしょうけど、今年はいろいろあってあまり振り返りたくもないのです。

でもこのまま終わってしまうのも芸がない(笑)ので、見慣れた駅構内なのに、意外と目につかないような一角をわざわざ探して来ました。
*
Demachi41
まずは出町柳駅。おそらく開業当初から使われているだろう鉄骨木造の大屋根。
*
Demachi42
リベット止めが、時代を感じさせる。今年開業90周年!!
終点の八瀬駅は、レトロで売り出し始めたが、この駅はどうなる(^^;
*
Demachi43
アーチ型の装飾は、大正から昭和初期の構造物によくみられるもの。最近は減ってきているが関西私鉄の古い架線柱でもみかける。
*
Mototanaka25
次は、元田中。

ここの見ものは、上りホームの石畳。コンクリートブロックやアスファルト舗装に変わる駅の多い中で、よく残ったもの。
*
Mototanaka26
レトロ電車と相性ばっちり
*
Mototanaka27
もちろん、きらら号でも
*
Takaragaike26
すこし飛ばして、宝ケ池。ここでは、小物に焦点を当ててみる。

ホースと赤きらら。
*
Takaragaike28
錆びた継電器ボックス。
*
Takaragaike30
構内踏切用警報機。 よくみると、普通の道路用とはちょっとデザインがちがうみたい
*
Takaragaike27
行灯式の発車案内。叡電ではこれで十分(笑)
*
(続く) (年内にもう一回やります)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.12.28

京都のギャラリー巡り 考古資料館・文化博物館・同時代ギャラリー他

27日は、市内のミュージアムやギャラリーは年内最終日のところが多いので、駆け足で気に入ったところを回ってきました。
*
201512kamigyou01
まずは、西陣の京都市考古資料館へ。

京都造形芸大で学芸員の勉強をされてる学生さんが企画した「身・食・祭-古都京都の縄文ライフ」という企画展をやってます。

縄文時代というと、野蛮人が毛皮を着て、石斧を振り回して野獣を追っかけてる・・・・
というイメージがまだまだ強いですが、最近の研究では、なかなかオシャレで、グルメで、祭を楽しみ祈りをささげる文化的な生活を営んでいたのがわかってきました。
*
201512kamigyou02
これは、安芸早穂子さんの縄文時代の再現絵画です。

毛皮かせいぜい布きれを巻き付けただけの衣装を想像していただけに、意外と装飾的で、実用性もある服を着てたんですね。

他に、わが地元の北白川遺跡で発掘された土器や、造形大所蔵の貴重な土器なども展示されてます。

有名な遮光器土偶(あの宇宙人のような)もありました。
*
Flyer_jisedaiurushi
次は、京都文化博物館へ。

「小川千甕展」やってますが、新年にゆっくり見ることにして、別館の「次世代に継ぐ"URUSHI"」展を。

『現代の日常生活の中であまり使われなくなった漆。 漆にふれることが少なくなった今、漆について知って頂ける良い機会となるような思いをこめて』
というコンセプトで、若手作家さんの力作が並んでます。来年の干支の申の飾り物にいいのがあったんですが、なかなかお値段も良くて
*
201512nakagyou03
同時代ギャラリーのラジオカフェで一服して、展示会の情報収集。

知り合いの作家さんの友人が2月頃個展を計画されてるとのこと。とりあえず( ..)φメモメモ。そして近くで立命館大写真部展があるよう。
*
201512nakagyou04
すぐ近くのギャラリーヤマシタ一号館へ向かいます。

個別の作品の感想は控えますが、いつもながら力作ぞろい。若人の感性と行動力は、オジサンカメラマンにいつも励みを与えてくれます(笑)
*
(明日から新年3日までお休みです。年内に鉄ネタと街ネタをもう一回ずつ行けるかなぁ(^^♪
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.12.27

京都のギャラリー巡り 山元ゆり子個展 "Flash Whereabouts"

2015年のギャラリー巡りの最後に、山元ゆり子個展 "Flash Whereabouts" を京都府庁前のギャラリー G-77で見てきました。
*
Flash_whereabouts
会場のギャラリー自体が、丸太町通りから小川通りを少し下がり、さらに路地を2・3軒奥に入った京都らしいところ。

入ると受付があって、作家さんが迎えて下さいました。「中は暗く、2階と屋上へ上がる階段も急なので気を付けて欲しい。」との注意をうけて、暗幕をくぐって会場へ。

中は真っ暗、すぐにライトがほんのり点いて作品を照らしてくれる。それは大きな鏡。しかも割られて蜘蛛の巣のようにひびが入っている。 前に立つと歪んでいるが(._.) 顔は映った。

作品は、鏡と光の織りなすハーモニーを楽しむものと理解した。鑑賞者の位置をセンサーが感知して、時に淡く、時に鋭く、部屋全体を、あるいは一点を照らす。 割れた鏡の乱反射も面白くて、うろうろと部屋中を歩いて見る。
*
201512nakagyou01
1階・2階と暗闇の中を進み、屋上へ出る。何もない床の上に一枚の鏡が置いてある。これは割られていない。覗き込むと青空をバックに自分の顔が映った

なにが作家さんの意図か分からないが、隣のマンションの三角屋根のてっぺんを写し込んでみた。
*
201512nakagyou02
12月は、街にキラキラ が溢れるシーズン。でもこのインスタレーションは、非常にシンプル&サイレントの世界でしたけど、逆に鑑賞者がいくらでも創造力を働かせて、彩りを添え、音を聴けるすばらしい演出でした。

2015年の最後をこの展示で終えられて本当に良かったです
次作を楽しみにしたい作家さんが、またひとり増えました(笑)


*
(続く) (次回は、ギャラリー巡りの続きです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.12.24

中之島ほたるまちのイルミネーション大噴水

22日の会社帰りに、中之島ほたるまちの噴水のイルミネーションを見てきました。
*
201512nakanashima01
音楽にあわせて、大噴水が七色に輝きます。
*
201512nakanashima02
かなり速いテンポで色変わりするので、決まった瞬間にシャッターを切るのがたいへん(^^;
*
201512nakanashima04
すこし引くとこんな感じ。 バックのビルの壁面にもプロジェクション・マッピングでクリスマス・イメージを投影してます。
*
201512nakanashima03
なにわ筋の玉江橋も噴水に合わせて、イルミで彩られます。川面も虹色に

10分ほどのプログラムが15分毎に繰り返されるので、橋を渡って対岸の堂島へ。
*
201512nakanashima05
朝日放送前から見てます。まぢかなので迫力がありますね。
*
201512nakanashima06
朝日放送前の広場から見下ろしたところ。ちょうどライトアップ見物の水上バスが出航したところ。

カップルや家族連れが大勢乗り込んで行きました。
*
201512nakanashima07
見上げると、月齢10日のかなりふくらんできたお月様が
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.12.22

【嵐電】師走の沿線風景を撮る(その4-山之内~四条大宮間)

12日は、夕暮れまで西院から嵐山まで嵐電を撮りあるきました。

撮影順とは逆に、夕暮れの嵐山駅から西院駅に向かってUpしていきます。4回目は、山ノ内まで四条大宮までです。
*
Nishiouji05
葛野大路三条から西大路三条まで三条通りの併用軌道区間を走ります。

右京税務署のサザンカの咲く花壇からチンチン電車を写します。
*
Nishiouji06
振り向くと、上り電車も来てすれ違いました。
*
Nishiouji07
葉をほとんど落とした街路樹が、冬らしさを感じさせてくれますが、この日は最高気温が15℃近くまであがって早歩きしてると汗ばむ感じ でした。
**
Sai07
西大路三条からまた専用軌道になります。

西院車庫の北側あたりで紫色の菊の花を見つけました。同系色の電車と合いますね。
*
Sai08
紫といえば、こんな花も同じところに咲いてました。
*
Sai10
西院駅前の四条通りにも花屋さんがありました。早くもスイセンが黄色い花を咲かせてます。
*
Sai11
この日は、花灯路の多客を見越して、午後3時過ぎから連結運転になりました。3編成が車庫から四条大宮に回送され、運用中の6両は、2両づつ連結して3編成にまとまるようです。
*
Shijyo_omiya09
最後は、嵐山から乗って帰ってきたモボ501と301のコンビです。

駅の飾りもクリスマスモードになってますね。
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.12.21

【嵐電】師走の沿線風景を撮る(その3-帷子の辻~山ノ内間)

12日は、夕暮れまで西院から嵐山まで嵐電を撮りあるきました。

撮影順とは逆に、夕暮れの嵐山駅から西院駅に向かってUpしていきます。3回目は、帷子ノ辻から山ノ内までです。
*
Uzumasa08
太秦広隆寺は、山門前を行く電車か、境内から山門越しに撮るかと相場が決まって(笑)ますが、花鉄するなら門内からでしょう。

暖かい天気に誘われて、寒桜がチラホラ咲いてます。
*
Uzumasa09
紅葉も、ちょっとくすんでますが良い色合いです。
*
Uzumasa10
*
Tenjingawa02
天神川駅では、街路樹と合わせてみました。
*
Tenjingawa01
嵐電のパト電は、レタリングがカラフルですね
*
Yamanouchi05
天神川と山ノ内の中間に庚申さまで親しまれる猿田彦神社があります。
*
201512arashiyama01
12月10日が納庚申だったようですが、直後の週末の12日も大勢のお参りがありました。神楽殿には白いお猿さんが迎えてくれます(^^)

平成28年の初庚申は2月8日です。
*
Yamanouchi03
山ノ内駅近くの三条通りの花屋さんに、シックな色合いのリースが飾ってありました。
*
Yamanouchi04
色とりどりの花に迎えられて、電車は行き来します。
*
(続く) (次回は、四条大宮までです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.12.19

【叡電】クリスマス・ステーション in 八瀬

嵐電ネタが続いてますが、叡電の話題を一回入れます。

今日(12/19) 叡電の八瀬比叡山口駅でクリスマスステーションというイベントがありました。
*
731_0118
会場の八瀬駅までは、イベント列車「ハッピークリスマス号」が運転されました。

なんと、レトロ電車のデオ731号とパト電の732号の連結運転です。700形の連結運転は、たぶん2014年3月の「まどマギ号」以来1年9ヶ月振りです

朝から時雨模様の薄暗く寒い天気でしたが、イベント列車の通過の時は、すこし薄日がさして明るくなって良かったです。
*
Yase35
イベント電車の到着に合わせて、昼過ぎからイベントははじまりますが、夕暮れのライトアップに合わせて、見物に行きました。
*
Yase36
大きなツリーも飾られてます。

イベント電車は、飲食兼休憩スペースになってます。
*
Yase37
ジューンズさんのマリンバ演奏
*
Yase38
ビンゴ大会
*
Yase39
京都産業大学神山楽団によるアンサンブルなどのイベントを楽しめました。
*
Yase40
 Happy Christmas  
*
(次回は、嵐電ネタに戻ります)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.12.18

【嵐電】師走の沿線風景を撮る(その2-嵐山~帷子の辻間)

12日は、夕暮れまで西院から嵐山まで嵐電を撮りあるきました。

撮影順とは逆に、夕暮れの嵐山駅から西院駅に向かってUpしていきます。2回目は、嵐山から帷子ノ辻までです。
*
Kurumazaki08
この区間では、車折神社駅は外せません(^^)

神社の境内の紅葉も、まさに見頃でした。
*
Kurumazaki09
ホームのフラワーポットには、菊の花が咲いてました。

でも、紅葉といい菊花といい、12月中旬の絵柄じゃないような気がするんですけどねぇ
*
Arisugawa02
次は、有栖川駅です。ピラサンカの真っ赤な実が生垣になってホームを飾ってます。
*
Arisugawa01
駅のすこし帷子ノ辻寄りに、神ノ木弁天社という小さな弁天様のお社がありました。町名にもなってる御神木から枯れ葉が線路に舞い散ってました。
*
Katabira07
帷子ノ辻駅の嵐山よりに数本の柚子の木を植えられてるお宅がありました。

まもなく冬至。ゆず湯に入ってかぼちゃを食べると、寒い冬も風邪もひかず健康に過ごせると言い伝えられますね。
*
Katabira08
ちょうどやって来た江ノ電号の塗装とベスト・マッチング
*
Katabira05
北野線が帷子ノ辻駅に到着する手前の小さな踏切も、紅葉が見事でした。

縦構図にしたので、踏切待ちでおしゃべりする子供たちのもう一人がファインダーに入りきらなかったのが残念
*
Katabira06
留置中のもう一両の夕子号を挟んで、本線と北野線の同時発車が撮れました。
*
Katabira04
上の写真の一本前は、632号の夕子号です。もう少し早ければ、ダブル夕子が見れたのね
*
(続く) (次回は、山之内駅までをUp)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.12.16

【嵐電】師走の沿線風景を撮る(その1-夕暮れの嵐山駅)

12日は、夕暮れまで四条大宮から嵐山まで嵐電を撮りあるきました。

撮影順とは逆に、夕暮れの嵐山駅から四条大宮駅に向かってUpしていきます。
*
Arashiyama12
嵐山駅の名物「キモノフォレスト」。 薄暗くなって電飾されてるところは初めてみました。 なかなか良いです(^^)
*
Arashiyama13
紅葉もようやく赤くなりました。もう今年はダメかと思ってたので、ホッとしますね。
*
Arashiyama15
この日は、レトロ電車は貸切で走ってました。
*
Arashiyama14
車体更新される前の、昔の嵐電を思い出します。
*
200606_arashiyama02
モデルになってるモボ111型117号車のいる、昭和48年6月撮影の嵐電嵐山駅です。

のどかですねぇー。まだそんなに観光客が押し寄せるようなことは無かったのでしょうか?ホームに広告の出てる「百楽旅館」も今は廃業して、べつのホテルが建ってます。40年の時が流れてんですねー。
*
Arashiyama16
暗くなりかけで、撮影条件はきつかったですけど、モボ301+501の古参コンビ(^^; の到着が撮れました。

301は、昭和46年製の44歳、501は、昭和59年製の31歳です。301型が登場したときは腰が低く、オデコの広い、ずんぐりむっくり(失礼)の車体に、あまり好印象はなかったですが 今では素朴ささえ感じるのは、やはり時の流れなんでしょうね。
*
Randen_saga02
嵐山~嵐電嵯峨間をいく、モボ2001の漬け物広告電車。

緑色の車体色(かぶらの畑が描かれている)が真っ赤な紅葉に映えます。
*
(続く) (次回は、帷子ノ辻駅までをUp)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.12.15

京の初冬の散歩 嵐山駅のクラゲの水族館

12日に嵐山花灯路を見に行って来ました。

ライトアップに合わせて色々とイベントをやってますが、ユニークな嵐山駅のクラゲの水族館を楽しみました。
*
201512kurage01
京都水族館の出張イベントです。新聞でこれを知って、この日に嵐山に出かけることにしたのです。
*
201512kurage02
1メートル四方くらいの水槽に、数匹がふわふわと泳いでます。
*
201512kurage06
回りは、土産品屋や食べ物屋が並ぶ駅のコンコース。電車の発着アナウンスも流れる中、ここだけ別世界みたいです。
*
201512kurage03
水中花が開いたような見事な自然の造形。 ウットリ........
*
201512kurage04
「きれいな花には毒がある(^^♪」の例えどおり、「刺されると物凄く痛いです」 と、係りのお兄さんが説明してました。
*
201512kurage05
海にない京都に、ほんの少し潮風の匂いがしました。

また梅小路の水族館に行かなくちゃ
*
201512kurage07
帰り道に寄った錦市場でも、いっぱいお魚が泳いでました。

ついクラゲの酢の物を買ってしまいました(^^; コリコリと美味しいです。
*
(続く) (次回は、夕暮れの嵐山駅です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.12.14

京の初冬の散歩 嵐山花灯路 渡月橋ライトアップ

12日の土曜日は、嵐山に花灯路を見に行って来ました。
*
201512arashiyama02
午後4時50分頃の渡月橋です。5時からの点灯を、大勢の観光客が待ち構えています。
*
201512arashiyama03
嵐山の紅葉も、2・3週間遅れで ようやく見ごろになってます。
*
201512arashiyama10
これは、車折神社の寒桜と紅葉のコラボ。
*
201512arashiyama11
車折神社の玉石に落ちた、散りもみじ。
*
201512arashiyama05
太陽が沈み、不思議な色に染まる空。いよいよ点灯されました。
*
201512arashiyama06
5時15分くらいになると、薄暗くなって木造の橋が輝きだします。
*
201512arashiyama07
アップです。岩田山の猿山の当たりの木々が青白く光ってます。幻想的ですねぇ
*
201512arashiyama08
5時半で、真っ暗になりました。 すこし橋に近いところに移動しました。
*
201512arashiyama09
橋の上流側です。岩田山のライトアップの様子がよくわかります。
*
201512arashiyama12
嵐電の撮影がこの日のメイン なので、さわりだけ見て嵯峨野の竹林やお寺のライトアップは行かずに帰りました。
*
(続く) (次回は、嵐山駅のクラゲの水族館です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.12.12

線路際のピンぼけ写真館は11周年を迎えました。

毎度ご愛読下さいまして、ありがとうございます。

線路際のピンぼけ写真館も満11年目の記念日を迎えることができました。

ここ1・2年は、ウォーキングにはまりだしまして、鉄ネタより街ネタが多くなり、なぜかアートな話題もちらほらと、記事の構成もだんだんと変わってきております(^^)

世の中では、SNSが大流行しブログはもうひと昔前のコミュニケーションという話も聞きますが、比較的画面構成に自由度の高いブログは、まだまだ廃れることは無いように思います。

これからも、本館ともどもよろしくお願いします。

管理人 なかっちょ
*
Karasuma_sanjyo_6866210_2
さて、11年目というわけで、京都市電の11系統・烏丸北野線の写真を、前川コレクションよりお借りしました。

今は、新風館になっている三条電話局前の烏丸三条電停付近を京都駅に下るところです。

この写真の頃の11系統は、N電北野線の廃止を受けて、京都駅と北野白梅町を烏丸・今出川線経由で運行されており、同区間を千本・大宮線経由で走る10系統とペアになっていました。

左京区在住の管理人には、あまり馴染みのない系統でした
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.12.11

京の初冬の散歩 京阪中書島駅付近のスナップ

千両松踏切をはさんで、淀~中書島間はひと駅で4.4Kmもあり、七条~出町柳間5駅4.6Kmに匹敵する長距離駅間です。

普通に歩いても1時間はたっぷりかかります
宇治川の川風に吹かれ、競馬場へ急ぐ車の排気ガスを浴びて ようやく、伏見港公園に着きました。
*
201511_2fushimi01
公園出口からバス停を見ると、いい感じだったので一枚
*
201511_2fushimi02
京阪の駅出口側から、もう一枚
*
201511_2fushimi03
中書島から大手筋にむかう、龍馬通りにはこんなシャッター・アートもありました
*
(次回は、嵐電ネタです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.12.10

【京阪】普段着(^^♪の千両松踏切

男山を降りて、淀駅から淀川沿いの京街道を千両松踏切まで歩きました。

ここは、名撮影地ですが秋の特別ダイヤも終わり、とくにネタ車も来ないので、写真撮ってる人は誰もいません(^^; 午後3時過ぎになると、競馬臨が走り出して誰か来るかもしれませんが。

まあ、普段着のおけーはんのスナップというわけで(^^♪
*
1503_02
形式番号の若い順から並べてます。1000系 1503-1553Fと8009Fのならび。きれいに並んでくれたのは、これ一回だけでした。
*
2217_01
2200系 2217-2263F バックの山並みは比叡山です。
*
2463_01
2400系 2453-2463F
*
2634_01
2600系 2634-2834F 左端にチョコっと見えてるのは、8008F
**
3003_04
3000系 3003-3053F
*
7001_10
7000系 7001-7051F。 すれ違うのは、8006F
*
7201_05
7200系 7201-7251F
*
8003_06
8000系 8003-8053F
*
9001_02
9000系 9001-9051F
*
8010_16
8000系 8010-8060F トーマス号。 これが唯一の釣り物か
*
5000_01
他に5000系、6000系、13000系が走りますが、ここにいた一時間のうちには来ませんでした。あと10000系が宇治線の回送で走りますが、早朝・深夜なので撮影困難かと(^^)
*
(次回は、伏見の街歩きです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.12.09

【京阪】男山ケーブル60周年と展望台から木津川鉄橋を見る

男山に登ったのは、前回の記事のように石清水八幡宮が国宝になったのと男山ケーブルが開業60周年を迎えたことのふたつがあります。
*
Cable07
12月3日が、開業60周年記念日だったようです。
*
Cable08
旧京阪特急色をいまだにまとっています。ハトマークのデザインの記念HMをつけています。
*
Cable09
車内には、とくに装飾は無いようでした。
*
Cable10
神應寺のお立ち台からみた、下ってくる2号車。
*
Cable11
登っていく1号車。
*
Yawatashi02
展望台から見下ろした、木津川鉄橋を渡る8000系特急淀屋橋行き
*
Yawatashi03
準急出町柳行き
*
Yawatashi04
普通中之島行き
*
(続く) (次回も京阪ネタが続きます)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.12.07

京のもみじ散歩 石清水八幡宮へハイキング

11月末になって、ようやく寒くなり10日から2週間遅れくらいな感じで、ようやく紅葉が見ごろになってきました。

師走のハイキングは、2年ぶりに石清水八幡宮のある男山を歩いてきました。
*
201511_1yahata01
男山を選んだのは、「八幡宮の本殿が国宝に指定され、皇太子殿下も参拝された。」との新聞記事を読んだからです。

ケーブルでサッと登ったり、正参道をまっすぐ上がったりではつまらない(笑)ので、大回りですがハイキングコースをたどっていくことにします。
*
201511_1yahata02
途中までは、神應寺の参道を通ります。石段の両側には見事に色ついた楓の樹が続きます。
*
201511_1yahata03
神應寺にお参りして、ここから山道になります。

すぐに男山ケーブルのトンネルの真上を通ります。京阪のポスターでお馴染み(^^) のお立ち台です。

次回にアップで載せますが、ケーブルは開業60周年のHMをつけてます。
*
201511_1yahata04
男山の山頂につきました。高いようで30数階建ての高層ビルの屋上程度の高度で、もっと高い建造物はいくらでもありまして
*
201511_1yahata05
ゆるゆると下ると、回りはエジソンが白熱灯のフィラメントの材料にしたことでも有名な八幡の竹林です。

常緑の竹と黄葉の落葉樹、よい取り合わせです。
*
201511_1yahata06
神社で使われるお茶を育てている茶畑もありました。こちらは赤と黒と緑のサンドイッチ(^^♪
*
201511_1yahata07
休憩を入れて、30分あまりで国宝に指定された本殿に着きました。心なしか(笑) 威厳が加わったようです。
*
201511_1yahata08
お参りして、境内の紅葉を見てあるきます。
*
201511_1yahata09
石灯籠に、吊り灯篭。古社にふさわしいアイテムです。
*
201511_1yahata10
帰り道は、展望台に寄ります。曇りがちの天気で京都市内の景色が霞んでしまってたのが、残念です。

ここから宇治川・木津川鉄橋を渡る京阪電車も遠望できます。
*
201511_1yahata11
ひと気のない裏参道を降ります。あと3週間に迫ったお正月には、何万人もの初詣の人がここを昇り降りするのでしょうけど、いまは準備さえされてません。
*
201511_1yahata12
男山を一回りして、再び頓宮前に戻ってきました。

八幡市内には、善法律寺や松花堂などの紅葉の名所がたくさんありますが、今回はこれにて引き上げましょう。
*
(次回は、京阪ネタです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.12.06

【叡電】ノスタルジック731がクリスマス電車に

叡電のレトロ電車、ノスタルジック731号が、12月に入ってクリスマス電車として運行されています。
*
731_0112
緑一色の外観はあまり変わらず(^^)、特にHMやサボの掲示もないのですが、
*
731_0113
一歩、車内に入るとクリスマス一色
*
731_0114
定番の飾りつけに
*
731_0115
窓回りも吹き付け装飾 子供たちも大喜び
*
731_0116
運転室回りも、装飾されてます。
*
731_0117
マスコットのえいでんマンも、X'mas Color に

まだ見れてないのですが、八瀬比叡山口駅では、クリスマス・イルミネーションも始まってます。19日には、イベントもあるので、また見にいけたらUPしますね。
*
(次回は、石清水八幡宮へお参りします)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.12.03

京のもみじ散歩 北野天満宮と西陣の晩秋 (ダイジェスト版)

11月最後の日曜日は、西陣を歩いてきました。

まず嵐電をすこし写してから、北野天満宮に参ります。
*
201511_1kitano01
天神さんは、折しも七五三の季節。着飾った子供たちと両親・祖父母のグループが境内を埋めています。

もちろん御土居のもみじ苑を散策するひともいっぱい。拝殿前も長い行列で、神様に頭を下げるのも大変です

なるべく人混みを避けて、絵馬堂の紅葉を一枚。
*
201511_1kitano02
それから、摂社の古びたこけら葺きの屋根と楓樹を一枚。
*
201511_1kitano03
本殿の西側に、あらたに神庭と神殿が整備されてました。神殿の中には、写真のような平安時代の絵巻物から抜け出してきたような設えがされてました。
*
201511_2nishijin03
天神さんをでて、ぶらぶらと出町柳に向かって歩きます。

西陣聖天雨宝院によって見ました。ここは春の桜の頃は花見で賑わいますが、なぜか紅葉はなく、ひっそりとしてました。

バラの花を思わす大輪のサザンカが咲いてました。
*
201511_2nishijin01
相国寺に入ります。松林に囲まれて、色ついた楓の樹が一本。
禅寺らしく、落ち着いた秋の風情です。
*
201511_2nishijin02
寺町の本満寺まで来ました。境内の妙見堂で白壁に映えるもみじの枝を見つけました。

普段は見過ごすような小さなお堂ですが、探せば被写体はどこにでも待っていてくれるようで
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.12.02

【嵐電】久しぶりの嵐電撮影

11月29日に、嵐電を写してきました。

沿線をあるく途中に、ちょこちょことスナップは撮っているのですが、本気で嵐電を撮影するのは、意外に去年の春以来、一年半ぶりになってしまいました。
*
Toujiin02
この日もメインは西陣のもみじ散策だったのですが、北野白梅町駅までくると、「ちょっと写しとこかぁ」という気になって、スマホカメラ片手に線路端を歩きだしました。

まずやって来たのは、モボ2001+2002の編成。漬物屋の広告電車とノーマイカーデー広告電車のペアです。
*
Toujiin03
続いて、モボ27のレトロ電車と632の夕子電車がきました。
*
Toujiin04
そして3編成目は、なんとまたレトロ電車のモボ27と614のえびす屋の広告電車です。

レトロ電車が2本とも北野線に入り、しかも白梅町寄りということは、行き違い駅で必ず並ぶことになります。

「30分後には、また龍安寺駅で並ぶはずやし、待ってよ」というわけで、等持院駅と龍安寺で「花と嵐電」しながら待つことに。
*
Toujiin05
嵐電の各駅には、花壇やフラワーポットが置かれて、四季の花が植えられてます。ホームで花鉄できて便利です(^^♪

ケイトウと夕子電車
*
Toujiin06
サザンカの花と夕子ちゃんが絶妙の位置で、止まってくれました
*
Toujiin07
発車していくタイミングで、レトロ電車とも
*
Ryouanji05
龍安寺駅へ移動して、パンジーとレトロ電車を。

こげ茶色の車体は、秋冬が似合いますね。これでがあればサイコーですが(^^)/
*
Ryouanji06
変わったところで、サボテンと合わせてみました。グリーンの漬物電車とマッチ!
*
Ryouanji07
スプリング式の転轍器と駅の交換風景を合わせて見ましたが、コードがかぶって失敗 やはりスマホカメラの限界です。
*
Ryouanji08
限界といえば、肝心のレトロ並びも、望遠の解像度が足りずにシャープな写真は無理

トイカメラ風画像で誤魔化しました。次はデジイチで狙いたいけど、うまく並ぶかは、神のみぞ知る
*
(次回は、北野・西陣地区のもみじ散歩です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

フォト
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ