« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月に作成された記事

2016.01.31

底冷え(^^; の京の冬の散歩 宝ケ池公園

早くも、1月もみそかになってしまいました。お正月休みなんかはるか昔(笑)の気がしますね。

相変わらず寒い日が続きますが、久しぶりに近くの宝ケ池公園を散歩してきました。
*
201601takaragaike04
子供の楽園やちびっこ広場こそ、閑散としてますが、スポーツ広場では、サッカーの練習、池を一周するランニングコースでは、小学生が2月の大文字駅伝に備えて、長距離走の練習と、走り回っています。

健康のため、ウォーキングやジョギングをされてる方も多くて、意外と賑わっておりました
*
201601takaragaike05
岸辺には、ガチョウさんが一羽だけいました。

水の上には、カモやユリカモメなどの渡り鳥の姿も。前は、白鳥(渡りではなく年中ここにいるよう)がいたこともありますが、今はいないようです。
*
201601takaragaike01
岩倉川沿いの遊歩道の白梅がほころびはじめてます。まだ数輪ですが、寒さが緩めば一気に咲きだしそう。
*
201601takaragaike02
例年なら、3月にならないと咲きださないような気がするので、やはり全体的には暖冬なんでしょうね
*
201601takaragaike03
かなりな古木のようで、幹には苔が生え、しのぶ草も目を出しています。

この後、幡枝から深泥池・松ヶ崎と回ってちょうど一万歩の散歩でした。
*
(続く) (次回は、貴船神社の節分おばけです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2016.01.29

【JR西】奈良線 棚倉~玉水間で撮影

17日は、阪堺電車、関西線と撮って、奈良経由で奈良線の棚倉駅に行きました。

ここと次に玉水駅の間は、何度か撮影にきているポイントがあります。
*
Tanakura05
関西線では、なかなか来ない103系もこちらでは主力で頑張ってます。
*
Tamamizu01
うぐいす色が一般的ですが、たまにブルーの編成が来ることがあります。
*
Tamamizu02
沿線が田んぼと農村集落ばかりで変化に乏しい(失礼)のが玉にキズですが
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2016.01.28

京都のギャラリー巡り 藝文京展2016 京都芸術センター

 
24日は、四条室町の京都芸術センターへ、第2回「藝文京展2016」入選作品展を見に行ってきました。
*
201601kyoto_gallery02
この展覧会は、「いま改めて平面の持つ可能性に焦点を当て、「現代の平面~ひかりとかたち~」というテーマを設定しました。」というコンセプトで公募をかけ、123点の応募作品から、33点の入選作品を展示しています。
*
201601kyoto_gallery01
知り合いの作家さんの山原晶子さんがめでたく入選され、1月6日の京都新聞に写真が載りました。(一番手前の作品) おめでとうございます

作品全体の感想は、このミュージアムが「若手芸術家の作成支援。育成」を主目的に上げているだけあって、やはりモダーン・アートの主流である、アブストラクトな絵が多いです。

また選考者の好み(失礼)なのか時期的なものか、暗い色調の絵が多く選ばれてます。個人的には、山原さんの作品のように、明るめで好きなんですけどねぇ
*
(次回は、奈良線です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2016.01.26

大阪のギャラリー巡り コロナギャラリー

23に大阪と京都のギャラリーを巡ってきました。
*
201601osaka10
最後は、阿倍野のコロナギャラリーの「はじめましてのアート展」のレセプション・パーティに参加させてもらいました。
*
201601osaka08
総勢15人の作家さんのほぼ全員が揃われており、自己紹介・作品紹介から絵画論、よもやま話と盛り上がってきました

作家さんのジャンルも年齢もバラバラですが、そこはアート好き同士、初対面の方同士も私のような(^^) 飛び入りのお客さんも、わいわいと作品の品定めしたり、次の展示の宣伝したり、食べ物も買い足して、時間大幅オーバーで、お開きになりました。
*
201601osaka11
グループ展とは別室で、田原たぁろさんに個展「色の心」も開かれてます。このパーティには、田原さんのご招待で寄せてもらってます。

題名のような、色鉛筆を使った、カラフルでちょっと抽象的な作品をメインに最近描き始めたという本格的?な抽象画が並んでいます。
残念ながら個展は終わりましたが、作品の一部は引き続き展示されてますので、足を運んであげて下さい。
*
Tennouji12
≪おまけ≫

阿倍野へ行けば、阪堺電車と阪和線はお約束(笑)ですが、ちん電は前に出したので、静かな夜の103系の並びを。

もう50年ちかく続く情景ですが、いよいよ新車の投入が発表され、騒がしくなりそうです(^^)/
*
(次回は、京都の街歩き・ギャラリー巡りです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2016.01.25

大阪のギャラリー巡り SUNABAギャラリー

23日に大阪と京都のギャラリーを巡ってきました。
*
201601osaka04
続いて、日本橋のSUNABAギャラリー」さんへ。1階では、はんな凛子、誘牙の二人展「たまゆら」の初日が始まりました。2月3日まで。
*
201601osaka06
明るく華やかな、「和風」の絵柄が並んでます。寒い日でしたが、展示室は早くも春が来たような暖かさ。

たまゆらは、一瞬とか微かという意味ですが、永く心に響く絵ばかりです。

私が気に入ったのは、金魚をモチーフにした一枚。お正月の飾りにぴったり と、思いましたが、もう松の内は済んでますね(^^;
*
201601osaka05
2階の展示室は、グループ展「子供と魔ほう」がやはり初日です。2月3日まで。
*
201601osaka07
題名だけみると、童話の原画展かと思ってしまいますが、なかなか濃いややもすればダークな大人の鑑賞に耐える作品ばかりです。

知り合いの作家さんも在廊されてて、お話を伺うことができました。

こちらでは、飛び出す絵本が目に留まりました。壁に飾ってある絵とひと続きになってるよう。残念ながら非売品とのことですが、是非売り物にして下さいと、作家さんに頼んできました。
*
(続く) (次回は、コロナギャラリーさんです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2016.01.24

大阪のギャラリー巡り ギャラリーそら

23日に大阪のギャラリーを巡ってきました。
*
201601osaka01
谷六の「ギャラリーそら」では、「名刺+寒中見舞い展」を開催中です。
:
201601osaka02
たんなるカードとはがきのデザイン展ではありません。名刺も寒中見舞いも、絵画や立体作品に埋め込まれたり貼り込まれたりして、台紙と一体になったアートになってます。

もちろん剥がして名刺やはがき単体でも使うことができます。
*
201601osaka03
一番面白かったのは、この「お菓子の名刺」。琥珀羹(寒天に砂糖を入れて固めたもの)

昔懐かしい味がします
*
(続く) (次回は、SUNABAギャラリーです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2016.01.22

【JR西】関西線 河内堅上~三郷 で撮影 (その2)

17日の阪堺線住吉公園駅駅の撮影は、9時前には終わってしまうので、そのあと関西線の河内堅上~三郷間のいわゆる大和川亀の背渓谷で撮影することにしました。
*
Hatakami08
103系は、途中の柏原付近ですれ違った以外、なかなか来なかったんですが、1時間以上待ってようやく戻ってきたのを捕まえられました。
*
Hatakami09
山間部で日差しはあまり当たりませんが、逆に晴天でもそんなに影が出なくて良いかも。
*
Hatakami10
あと撃ちで、201系と並んでくれました
*
Hatakami11
もう一度、大阪方面に向かうのを待ってる間に211系の並びも撮れました。
*
Hatakami12
ようやく急カーブを行く103系を撮れて、寒い中頑張った(笑)カイがありました
*
Hatakami13
トンネルを出ていくのを見送って、三郷駅側へ移動します。
*
Sanngou01
三郷駅近くの土手には、水仙が満開でした。

ただ幹線道路の狭い路側帯で撮るので、あまりよい構図にならなかったのが、残念です
*
Sanngou02
(続く) (このあとは、奈良線の103系へまわりますが、街ネタを少しいれます)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2016.01.21

【JR西】関西線 河内堅上~三郷 で撮影 (その1)

17日の阪堺線住吉公園駅駅の撮影は、9時前には終わってしまうので、そのあと関西線の河内堅上~三郷間のいわゆる大和川亀の背渓谷で撮影することにしました。
*
Hatakami01
恵美須町行きで新今宮へ行き、そこから関西線に乗り換えて10時過ぎに、河内堅上駅に着きました。

この駅は大和川の川縁りにあり、春はホームの桜並木と電車を絡めた写真をとるファンで賑わいますが、冬場は閑散としたものです。

ホーロー製のような駅名板がレトロで良かったです。
*
Hatakami02
この阪奈府県境の渓谷は、地滑りの頻発地帯で何度も大惨事を起こしており、関西線の線路も地滑り地帯を避けて、大和川を南側に渡りまた戻ってくるようなコースに作り直されたりしています。
*
Hatakami03
いまでも、川の護岸や中州では地滑りの対策工事が行われています。

このような複雑な地形のため、鉄橋やトンネルが急カーブで結ばれ、非電化のC57やD51やキハ35が活躍していた時代から、名撮影地のひとつに選ばれてきました。
*
Hatakami04
堅上駅から20分くらい歩く明神第二トンネル付近は、踏切から安全に撮影できるので、人気があります。
*
Hatakami05
下り列車は、急カーブをやってきて迫力満点!!
*
Hatakami06
土休日の昼間は、10本/時と列車本数もそれなりに多いですが、201系と221系が大半で、103系と207系・321系がたまに走ります。
*
Hatakami07
行き先表示がLEDの車両は、高速シャッターを切ると文字が切れたり消えたりするのが難点(+_+)  、遅くすれば被写体ブレだし(^^;
*
(続く)
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2016.01.19

【阪堺】住吉公園駅さよなら撮影 (その2)

阪堺電軌上町線の住吉~住吉公園間が1月30日の運行をもって廃止となるので、お別れ撮影に行ってきました。

前回は、オーソドックスな走行写真ばかり載せましたが、今回は情景写真を。
*
Hankai0136
住吉鳥居と右書き旧字体で「住吉公園驛」と書かれた駅舎。
*
Hankai0137
ホームには、防火水槽?を転用した金魚の水槽が置いてあります。

寒い朝でしたが、元気に泳いでいます。ブルーの電車に赤い小魚が似合いますね。

でも、駅が廃止になったら金魚たちはどうなるのでしょう? 他の駅に引っ越すのか、住吉大社の池でも飼ってもらえるのかな
*
Hankai0138
3本目の到着時に、南海本線の列車も併走してくれました。

南海線が高架になる前は、鉄道線と軌道線のホームが並んでおり、ともに「住吉公園駅」を名乗っていたそうです。
*
Hankai0139
路面電車の分岐点で良くみられる矢印信号。まもなく直進は取り外され、左折のみになるのでしょう。
*
Hankai0140
奥の矢印信号機。
*
Hankai0141
チン電の前を、自転車が横切る。この日常風景もあとわずか(T_T)

平面交差のポイントも、単純なY分岐に取り換えのようで、すでに新しい分岐器とおもわれるものが、現地で組み立てて置かれてました。
*
Hankai0142
このホームもまもなくお役御免に.......
*
Hankai0143
朝の運行が終わると、駅員さんがホームを閉鎖して、わずか1時間足らずの営業が終了します。
*
Hankai0144
いまのところ何も発表がないので、最終営業日も臨時運行などはなく、朝だけでサヨナラになりそうです。

土曜日なので、できればお見送りに行きたいところですが

※なお24日(日)に撮影会がありますが、この手のイベントは苦手なので行かないつもりです(^^♪ 
*
(次回は、関西線を撮影します)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2016.01.18

【阪堺】住吉公園駅さよなら撮影 (その1)

阪堺電軌上町線の住吉~住吉公園間が1月30日の運行をもって廃止となるので、お別れ撮影に行ってきました。
*
Hankai0127
この区間は、2年前から朝7・8時台に平日5本、土休日は4本と、「日本一終電の早い駅」となってしまいました。

そのため管理人の最寄り駅からだと、叡電の始発で駆けつけないと間に合いません

始発に乗り、まだ京阪は特急が走っていないので急行で天満橋まで行き、谷町線に乗り換えて、阿倍野でなんとか住吉公園行きの始発を捕まえます。

朝7:19、ようやく朝日が生駒山から大阪市街を照らしだした中を、三色旗みたいなド派手な電車がやってきました。
*
Hankai0128
車内は、意外と混んでます。ひと目で「鉄」とわかるひと、サヨナラ乗車の親子連れ、もちろん地元の通勤・通学客も多いです。
*
Hankai0129
住吉公園に着いた一本目の電車。

すでに駅構内や住吉交差点には、大勢のカメラマンが待ちかまえてました。

ただ、この手のイベント(笑)にありがちな、殺伐としたシーンはなく皆さん和やかに撮影してます。そこがチン電のいいとこなんでしょうね
*
Hankai0130
1本目を写した人と交代で、ホームの先端に立って、2本目の電車の到着を待ちます。

こんどは、白と青のツートンの電車が来ました。
*
Hankai0131
廃止区間はわずか200mしかなく、発車してポイントを渡ってカーブして、曲がり終わったらお仕舞い(^^)

ひとつ前の写真の到着する電車のお尻の位置の踏切から天王寺方面を見たのが上の写真。

乗り遅れても、ダッシュすれば次の停留所で追いついて乗れるかも
*
Hankai0133
3本目は、住吉交差点で撮影することに。

なんと1本目の電車が天王寺まで行ってもう4本目として帰ってきて、3本目と並んでくれました。グッドタイミング!!
*
Hankai0134
この日の「日本一早い終電」8:32発は、交差点を横切るところを狙いました。

でも運悪く、あびこ道行きとカブリそうに
なんとかギリギリで、シャッターを押せてホッ
*
(続く)
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2016.01.16

【阪急】西京極駅で初撮り

1月11日に、西京極駅で阪急京都線の初撮りをしてきました。

既に松の内も済んで、お正月HMも取り外されて残念でしたが
*
3305_03
撮影順とは関係なく、形式番号の若い順から 3305F
*
5321_01
5321F
*
6354_15
京とれいん2号(上り)の6354F この日のメインです。
*
6354_16
京とれいんの下り2号です。
*
7306_02
7306F
*
9303_01
9303F この日みた特急は、すべて9300系でした。
*
1301_01
1300系(2代目)は、河原町から乗ってきた電車の発車を写せただけで、走行写真は撮れませんでした
*
(次回は、阪堺電車を)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2016.01.14

【嵐電】鳴滝駅の情景

新駅の予定地を見たあと、さらに鳴滝駅まで歩きました。
*
Narutaki03
駅に着くとちょうど電車がやってきたところ、駅前食堂の手描きの看板や出前のバイクがいい味だしてます。
*
Narutaki04
白梅町方面のホームには、サクラソウのプランターが置かれて、花の少ない時期に彩りをあたえてくれてます。
*
Narutaki05
可愛いイラストの広告電車も来ました。ちょっと花がボケ過ぎたのが残念(^^;
*
Narutaki06
北野線は、標高38mの帷子ノ辻駅から59mの当駅、70mの宇多野駅まで、御室山の段丘にそって急勾配が続きます。

300mmの望遠レンズで、隣りの常盤駅に停車中の電車を写してみました。
*
Narutaki07
この駅は、交換駅です。この日は、江ノ電号と夕子号が並んでくれました。
*
Katabira09
≪おまけ≫
帷子ノ辻駅で、モボ611号の試運転を見れました。行き先表示の他に「試運転」の円板も出してますね。
*
Arisugawa05
後ろの「試運転」はまた違うデザインでした。こちらが先頭に来るのを撮ろうと、折り返しを待っていたのですが、終点で付け替えたらしく、また後ろになってました
*
(次回は、待ち歩きネタを)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2016.01.13

【嵐電】新駅「撮影所前」建設予定地

嵐電北野線の新駅「撮影所前」の建設予定地を、蛇塚の近くなので見てきました。
*
Satusisyo01
予定地は、帷子ノ辻を発車して左にカーブし、JR嵯峨野線の下をくぐる手前、帷子ノ辻から0.3キロ、常盤へ0.6キロの地点です。

まだ工事ははじまっていませんが、目印の杭が打たれています。
*
Satusisyo02
一枚目の写真の電車が通過する踏切から見たところです。後ろの建物は、東映京都撮影所で、200m先に正門(映画村の西口)が、あります。
*
Satusisyo03
帷子ノ辻駅側を見たところです。線路がカーブしてて見えませんが、やはり200mほど先に帷子ノ辻駅のホームがあります。歩いても3分ほどでしょうか
*
Satusisyo05
位置関係を、映画村の案内図を使って説明します。

こんな近いところに駅を作るくらいなら、帷子ノ辻駅の構造を見直して、撮影所口を作った方が良いのでは? と、思いますが、嵐電の思惑では、至近のJR太秦駅の連絡駅として、御室や北野方面への観光客を取り込むのだとか(^^)

観光客には、JRの御威光(笑)は、絶大のようですし、連絡線が乗客を誘致してくれるのは、地下鉄東西線で実証済みですから、二匹目のドジョウ を狙っているんでしょう。
Katabira10_2
ただ、新駅で運転時間が少し伸び、いまでもラッシュ時や観光シーズンは、遅れが出て帷子ノ辻駅の折り返しがタイトなのが気になります。

3番線・4番線の交互発着を常時実施するのでしょうか?
*
Satusisyo04
ともあれ、正式な開業予定日の発表が待たれます。
出来れば、土日になって欲しいなぁ(^^♪
*
(続く)
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2016.01.11

遅ればせながら(^^; 2015年BestShotを

早や松の内は過ぎ、寒の時期となりました。

遅ればせながら、年末にUp出来なかった2015年のBestShotを (^^♪

これが一番ましだ とか、ここをこう工夫すればもっと良いのに などというご批評をコメントでいただけましたら幸いです。
*
903_0192
1月 叡電の鳥居くぐり
*
201502syugakuin14
2月 赤山禅院 十一面観音
*
201503higashiyama07
3月 建仁寺摩利支天堂前
*
2014043maruyama_sakura10
4月 祇園灯籠と紅しだれ
*
813_0113
5月 鞍馬山のヤマフジの滝
*
201506_4sinnyodo02
6月 真如堂のアジサイ苑 
*
201507gion_matsuri10
7月 祇園祭 曳き初め
*
201508_yase_eiden07
8月 宝ケ池駅付近
*
201509imasora03
9月 出町の萩の寺の夕陽
*
201510_1sakyou04
10月 黒谷さん(金戒光明寺)の石仏
*
201511higashiyama16
11月 智積院の紅葉
*
201512_2fushimi02
12月 伏見港公園の午後
*
お粗末さまでございました
これが一番ましだ とか、ここをこう工夫すればもっと良いのに などというご批評をコメントでいただけましたら幸いです。

今年も写真術に精進いたしますゆえ、「ピンぼけ写真館」を末永くご贔屓に願います。
*
2016年1月 管理人 敬白
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2016.01.10

京の暖冬(^^)の散歩 太秦の蛇塚古墳

昼間は、暖かい京の町です。嵐電帷子ノ辻駅近くの、史跡「蛇塚古墳」を見てきました。
*
201601hebiduka01
駅から5分くらいの、住宅街の真ん中にあります。今は墳丘が流失して、巨石を積み上げた石室がむき出しになってます。

全長75メートルの前方後円墳で、京都府下第一の大きさだそうです。4世紀後半から5世紀初めに築造されたと考えられており、渡来人の秦氏の首長の墓とされています。
*
201601hebiduka02
石室は、崩れないように鉄骨で補強されてます。
*
201601hebiduka03
広い石室は、全国第四位にランクされます。今は立入禁止ですが、昔は、石室に蛇が群れていたので、蛇塚と呼ばれるようになったのだとか。

この付近には、太秦広隆寺や蚕の社、松尾大社などの秦氏のゆかりの社寺もおおくあり、平安京遷都前の山背国を開拓した渡来人の古代のロマンを感じることができます。
*
(次回は、嵐電ネタです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2016.01.08

京のお正月の散歩 市電コンシェルジュ

11月に、岡崎公園の交通公園から京都市電が運び込まれて整備中との記事を載せましたが、12月に入ってから「市電コンシェルジュ(案内書)」としてオープンしました。
*
201511_3okazaki02
11月23日の様子。
*
201601sidenn_annnai01
バリアフリー化されています。
*
201601sidenn_annnai02_2
車内は、後ろの運転室が案内カウンターに、奥半分の座席がパンフレットやガイドブックの置き場になってます。

前側の運転室はそのままで、子供たちが電車ごっこしてます 
懐かし系統図も掲示してあります。
(クリックすると拡大します)
*
201601sidenn_annnai04
反対側の側面は、現役当時のままに整備され、6番の系統板も当時のデザインのものになってます。方向幕は、「岡崎公園前」で、これは無かったですね
*
(次回は、嵐電沿線を歩きます)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2016.01.07

【京阪】2016年 正月ダイヤ 初撮り

1月3日の午後から、京阪の初撮りに行って来ました。

狙い目は、快速特急「洛楽」とHM付きの列車です。
*
8009_06
1本目、8009F 深草~藤森間
*
8007_07
2本目、8007F 東福寺駅付近
*
8010_17
3本目、8010F トーマス号 東福寺駅付近

トーマスがノンストップ特急で走るとあって、7・8人のギャラリーが詰めかけてました
*
5555_03
5000系運転開始45周年記念HMをつけた5555F 東福寺付近
*
5555_05
マークのアップです。形式の由来でもある5扉車をイメージしたデザインです。
*
2456_09
石清水八幡宮国宝認定記念HMをつけた、2400系同士の並び。

2452Fと2456F 伏見稲荷駅
*
1502_03
マークのアップです。男山と本殿、八幡宮のお使いの鳩をあしらったデザインです。
*
2609_06
ねこの写真展の宣伝マーク(左)と京阪百貨店開業30周年マークをつけた2609F 東福寺駅付近
*
2609_07
ねこの写真展のポスターなら、そんなに珍しくもないでしょうけど、わざわざ電車の前に付けるところが凄い ですね。

どちらかというと犬派な管理人ですが、間に合えば見てこようかな(^^)
*
(次回は、岡崎公園の出来た市電コンシェルジュです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2016.01.05

京のお正月の散歩 晴明神社と枡形商店街

今日あたりからは、お仕事フル回転の方が多いと思いますが、もう少しお正月の話題を(^^)
*
201601nishijin01_2
3日は、もう翌日からお仕事なので、早起きの練習を兼ねて(笑)、朝一番に西陣の晴明神社まで散歩に行って来ました。

朝8時過ぎに着いたのですが、お正月とあってか既に大勢のお参り(並ぶほどではありませんが(^^) で、観光バスの団体さんもお見えでした。

写真:左上-本殿、右上-御神木のクスノキ。触るとパワーをいただけます。右下-旧の一条戻橋左にいるのは式神かな。右下-いまの堀川。
*
201601masugata05
帰り道の出町枡形商店街を通ると、まだお店は閉まったまま。

ぶらぶら歩いていると、シャッターに絵の描いてあるお店が目につきます。普段お店の開いている時間しか通らないので、気がつかなかったもよう。
*
201601masugata01
あえてお店の名前はいれません。何屋さんか想像してね
*
201601masugata02
袴の女の子がかわいいですね。
*
201601masugata03
お正月らしく(^^) 百人一首のかるたを。でも本屋さんやおもちゃ屋さんではありませんよ。
*
201601masugata04
これは、わかりやすいかな
*
201601masugata06_2
山盛りのおちゃわんがあるけど、飯屋ではないよ。
*
201601masugata07
ここは、手に持ってるものでわかるね。
*
201601masugata08
ペットショップではありません
*
201601masugata09
答えあわせはしませんが、お近くの方は、朝早くか、夜遅くのお店の閉まってそうな時間帯に、通ってみてくださいな。

お正月とは思えない(昼間の最高気温は16℃近くまで上がってます) 穏やかな朝の散歩でした。
*
(次回は、京阪ネタです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2016.01.04

京のお正月の散歩 大混雑の伏見稲荷(^^;

今日から、お仕事の方も多いと思います。2015-16の年越しはあまり曜日の配列が良くなくて 5・6日間の休暇の職場が多かったのでは。

さて、ブログはしばらく正月の話題をUpします。2日は、伏見稲荷大社に初もうで。
*
201601fushimi_inari01
京阪を降り、参道へ向かう間も、かなりの混雑ですが、いよいよ正参道にはいるとすごい人並み

それでも「ものすごいひとやなぁー」 とか言いながらも、楼門を抜けて拝殿前へ
*
201601fushimi_inari02
ここからが、もっとすごかった 本殿に登る人波が全然うごかない。 しばらく待ってましたが、「こりゃダメや(^^)」というわけで、奥の院の方に向かうと、ここもいっぱいで、動いたり、止まったり......
*
201601fushimi_inari03
千本鳥居も、一方通行になってるけど、トコロテン(笑) 状態で押されるままに、奥の院に。
*
201601fushimi_inari04
そのまま、人の列は途切れることなく、お山を一周して再び四辻に戻ります。

もう人混みを歩くのはイヤなので、ハイキングコースを東福寺へ下りました。
*
201601fushimi_inari05
逆に晩秋は、大混雑だった東福寺は、ご覧のように閑散としたもの。群集心理って恐ろしいね(@_@)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2016.01.02

京のお正月の散歩 初詣の道すがらから

改めまして、2016年の年頭のご挨拶を。

寒いですが、お体はいかがでしょうか。旧年中はお世話になりました。今年もよろしくお願いいたします。
*
201601hatumoude02
京都市内は、年が変わるとともに雨が振ってきました。「初日はむりかなぁ」とおもって、眠りについたんですが、目覚めると良い天気。
7時45分ごろに初日が昇ってきました。

初日の出を写しながら、比叡山をみると薄っすらと雪をかぶっています。あわてて、カメラ片手に高野川の川原へ。北山は真っ白に輝いてます。ようやく冬らしい景色になりました(^^)
*
201601hatumoude05
お雑煮をたべて、お寺にご挨拶とお墓参り。そして初詣を兼ねて、母方の祖父母のお墓へ今年最初のお散歩に出発。

百万遍の京大の前で、こんなガードレール?をみつけました。青竹に葉ボタンが生けてあります。お寺や神社の境内なら珍しくも有りませんが、バス通りに真ん中に
*
201601hatumoude06
お馴染みの、吉田幼稚園の園児の作品。例年、暮に写しとくんですけど今年は行けなくて、お正月に

三猿は、「見ざる・聞かざる・言わざる」が一般的ですが、並びのちがうお猿さんたちもいて、じっくり見ると面白いです。
*
201601hatumoude11
「申」の年が始まったばかりですが、その次は「酉」なので、熊野神社の八咫烏を。これも三本足に描かれるのが多いですが、このお宮さんのは、普通に飛んでる姿ですね。これも今まで気が付きませんでした
*
201601hatumoude09
京都で熊野神社前といえば、八ツ橋ですね(笑) 老舗の前には、ナゼか古狸さん。ごっついキ○タマ ぶら下げてます。 

他を抜く(ライバルのお店に勝つ?)の心意気なんでしょうか。
*
201601hatumoude10
で、ライバルのお店は元日は休みだったんで、クリスマスに写したかわいいショーウィンドウを。

季節替わりのパッケージが、修学旅行生や若い女の子に人気です。
*
201601hatumoude08_2
カワイイといえば、近くでこんな看板も。

ネコ 好きは、おもわず立ち寄ってしまいそう。
*
201601hatumoude12
熊野で寄り道してしまいましたが(^^)、先に進みましょう。

すぐに平安神宮です。暮の清水寺界隈はインバウンド観光客でいっぱいと、大晦日の記事に書きましたが、さすがにお正月は日本人が多いです

大鳥居を人力車がくぐっていきます。
*
201601hatumoude14
神宮道から粟田口を通り、知恩院さんへ。

本山さんは、お正月から大勢のお参りです。境内の寒桜は今年も薄ピンクの花をいっぱい付けてます。

除夜の鐘で有名な、大釣鐘の横手から円山公園へ。
吉水の弁天さんに寄ります。緑青の吹いた屋根となまめかしい提灯のコントラストに引かれて一枚
*
201601hatumoude15
ようやく東大谷さんのお墓に着きました。

去年は、お墓に参っている途中から雪がちらつきだして、アッという間に大雪になってあわてましたが、今年は穏やかな墓参でした。

帰りは、人混みを避けて祇園町を抜けてきました。さるお茶屋さんのまえに、いかにも京都らしい正月飾りが

今年も、ピンぼけ写真館をよろしゅうおたのもうしますぇ(^^♪
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2016.01.01

2016年 新年のごあいさつ

2016年がはじまりました。

この年が、読者の皆さまにとって、きっと良い年であることを願っております。

と、ともにピンぼけ写真館をよろしくご愛読ねがいます。
*
                       2016年 元日 管理人より
*
201511_1shinnyodo02
左京区浄土寺の日吉神社の狛猿さん
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ