« 【叡電】ICカード導入の記録(その2)運賃精算方式変更 | トップページ | 京の冬の散歩(その2) 相国寺から京都御所へ梅見に »

2016.02.12

京の冬の散歩(その1) 上御霊神社で梅見

2月の半ばとなり、すこし暖かい日が続く京都市内です。「各地の梅の花が見ごろになってきた。」とのニュースをみて、ブラブラとお散歩しながら、すこし梅見をしてきました。まずは、上御霊神社へ参ります。
*
201602kamigoryou01
境内には、まだ若木ですが、元気に紅の花を咲かす枝がありました。

朝日を浴びて、キラキラしてます☆
*
201602kamigoryou02
石畳も真っ赤に染まりそう
*
201602kamigoryou05
まだつぼみの樹もあります。近くの方の話では、よく実がなっておいしい梅干しになるのだとか
*
201602kamigoryou03
舞殿には、三十六歌仙絵と四神の幡が目につきました。
*
201602kamigoryou04
四神とは、都の四方を守る霊獣で、 左から北の玄武、東の青龍・南の朱雀・西の白虎です。
*
201602kamigoryou06
この神社は、初夏のイチハツの花で有名ですが、当然お堀には水気は無く、ピラサンカの赤い実と、
*
201602kamigoryou07
ダイダイの黄色が、青空に映えてました。
*
201602kamigoryou08
絵馬殿の絵に見送られて、次は相国寺に向かいます。
*
(続く)
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 【叡電】ICカード導入の記録(その2)運賃精算方式変更 | トップページ | 京の冬の散歩(その2) 相国寺から京都御所へ梅見に »

コメント

おはようございます。
そろそろ「梅が見ごろ」という案内が出始めましたね。
近所でも咲いていましたが、いい香りにうっとりします。
京都の梅便り、楽しみにしています

ところで、節分電車の記事を楽しく拝見しました。
電車とおばけのコラボとは(^▽^)楽しい企画ですね。

>> ナルコユリさんへ

おはようございます。

このところの暖かい天気で、梅もみごろですね。
遅咲きの品種もあるので、3月くらいまで楽しめそうです。

節分電車の話を見ていただいてありがとうございます。
もともと関西の風習ですが、「恵方巻」みたいに、突然広まったりして

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京の冬の散歩(その1) 上御霊神社で梅見:

« 【叡電】ICカード導入の記録(その2)運賃精算方式変更 | トップページ | 京の冬の散歩(その2) 相国寺から京都御所へ梅見に »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ