« 梅小路公園で菜の花と紅白梅とチンチン電車を写す | トップページ | 久御山町の椿寺、浄安寺を訪ねて(その2) »

2016.03.04

久御山町の椿寺、浄安寺を訪ねて(その1)

2月28日は、梅小路公園に寄ったあと、久御山町の椿寺、浄安寺に椿展を見に行きました。
*
201602_1tubakidera01
京都駅から近鉄で大久保まで行き、宇治淀線のバスで数分の佐山バス停で降りるとすぐにお寺に着きます。
*
201602_1tubakidera02
山門の張り紙。拝観は自由で、特に受付もありません。
*
201602_1tubakidera15
白梅の香る本堂にあがり、ご本尊の阿弥陀三尊像に挨拶して、展示を見せていただきます。
:
201602_1tubakidera03
広い本堂の広間にコの字に30点あまりの椿の生け花が並べられています。
*
201602_1tubakidera04
一点一点、花材はもちろん、器も敷台も変え、名札をつけてあります。
*
201602_1tubakidera05
花は、数日で傷むでしょうから毎朝晩手入れし、取り替えられるのでしょう。大変な手間がかかっていると思われます。
*
201602_1tubakidera06
素晴らしい作品を拝見したお礼に、些少ですがお線香代を置いてきました。
*
(続く) (続いてお庭を拝見します)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 梅小路公園で菜の花と紅白梅とチンチン電車を写す | トップページ | 久御山町の椿寺、浄安寺を訪ねて(その2) »

コメント

こんにちは。

素敵な生け花ですね。

こういったこじんまりとした展示物は、個人的には好きですよ。

こちらでは、普通の家庭の生垣から覗く椿もほとんど肥後系のものなので
普通の椿ってスマートだなぁってつくづく感じました。(しべ、花芯のサイズが
まったくちがいますからね)

>> 京阪快急3000さんへ

おはようございます。

これだけ、一輪挿しがならんでいると壮観ですよ。
まだ会期はありますから、ぜひ行かれてください。

大阪方面からだと、京阪淀駅から近鉄大久保方面行きの
バスで行くのが便利です。

>> ターコイズさんへ

おはようございます。

関西の椿は、花が大きくて見栄えがする品種が多いですね。
有楽とか侘助などの品種をよくみかけます。

田舎の農家の庭先に咲いてる、真っ赤なやぶ椿も、また素朴な
感じでいいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久御山町の椿寺、浄安寺を訪ねて(その1):

« 梅小路公園で菜の花と紅白梅とチンチン電車を写す | トップページ | 久御山町の椿寺、浄安寺を訪ねて(その2) »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ