« 椿寺の帰りに流れ橋に行ってみましたが・・・・・・・・(^^; | トップページ | 【嵐電】北野線の駅の花壇も春めいてきました(その1) »

2016.03.08

大阪のギャラリー巡り (ギャラリーそら、タイハリ、スナバ)

3月最初の土曜日の5日は、最高気温が20℃を越えて、暖かいを通り越して、汗ばむ陽気でした。

そんな好天気の元で、大阪のギャラリー巡りをしてきました。
*
2016031osaka_galley01
最初は、谷六のギャラリーそらで開催の、鮎屋良甫「個転(KOTEN)」です。作家さんは、メガネのデザインとフェルト細工を手掛けられています。

『かけるためのアイウェアから観るためのアイウェアへアイウェアの見方を少し”転”ずるためのFIRST STEP』

というメッセージが入ってます。
*
2016031osaka_galley02
めがねのディスプレイというと、どうしても商業デザイン、つまりは売るための展示をイメージしがちですが、この展示は、メガネを蜘蛛の巣のイメージの網目に掛けたり、鏡や木目調の素材に取り付けたりと、非常に手の込んだインスタレーションになってて驚きました。

残念ながらこの日が最終日でしたが、在廊されてた作家さんとお話しできて良かったです。
*
2016031osaka_galley03
そらさんの奥のスペースは、ヤマグチ ナオコさんの個展「まなざし」です。

題名通り、おおきな瞳でこちらを見つめる女の人のモチーフの絵が多いです。

色鉛筆を使って彩色されています。塗り重ねの利きにくい色鉛筆の特性を生かした、淡いですが原色のモザイク状の連なりで、異国情緒あふれる作品に仕上がっています。
*
2016031osaka_galley04
どの絵も素敵ですが、私は真ん中の4枚の右上のが気に入りましたね。
*
2016031osaka_galley05
次は、寺田町の太陽とハリネズミさんで開催の「らくがきEXPO」です。

ひとくちに落書きといっても、立派なドローイングもあれば、殴り書き(失礼)としか見えない(笑)ものまで、作家さんのお考えによって、イロイロcoldsweats01
*
2016031osaka_galley06
本画とちがってリラックスして描かれてるのかと思ったら、あんがい「勝手がちがってアセリました(^^;」 という方もおられるのだとか。

左から、稲垣ゆかさん、空色わんこさん、貴納大輔さんの作品。
これも。6日で終わりました。
*
2016031osaka_galley07
最後は、日本橋のSUNABAギャラリーさんへ。
一階では、グループ展「A4の世界」展が初日を迎えました。

総勢20名の作家さんが、一人3点づつ出品されてます。A4サイズという限られた空間に、みなさん個性あふれる世界を描き出されてます。

作家さんも数人が在廊され、お客さんと談笑しながら絵の説明を聞いたり、批評しあったりと、明るく楽しい展示でした。
*
2016031osaka_galley08
二階は、メバエマツモトさんと個展「わたしの箱庭」です。

お花や盆栽に囲まれて、女の子がいろんな表情をして立っているモチーフが多いです。 木を擬人化したようなちょっとシュールな作品をあります。

こちらも専門学校時代のお友達が大勢応援に駆けつけて、笑いと話し声が絶えない会場でしたhappy01
*
(次回は、嵐電ネタをいれます)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 椿寺の帰りに流れ橋に行ってみましたが・・・・・・・・(^^; | トップページ | 【嵐電】北野線の駅の花壇も春めいてきました(その1) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69436/63304698

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪のギャラリー巡り (ギャラリーそら、タイハリ、スナバ):

« 椿寺の帰りに流れ橋に行ってみましたが・・・・・・・・(^^; | トップページ | 【嵐電】北野線の駅の花壇も春めいてきました(その1) »

フォト

夏の終わり

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ