« 葵祭の牛車の牛さん | トップページ | 河合神社の「おとのもり」コンサートを聴きに »

2016.05.22

京都鉄博へ行ってきました。

ようやく新規オープンの混雑が一段落したようなので、京阪快急3000さんをお誘いして、一緒に京都鉄博へ行ってきました。
*
Kyoto_tetsuhaku05
さすがに、新しいだけあって館内は明るく広々としてます。
*
Kyoto_tetsuhaku06
展望テラスからは、東寺の五重塔と新幹線という、定番(笑) 撮影もできます。
*
Kyoto_tetsuhaku07
時間の都合で乗れませんでしたが、この日のスチーム号は、8630号機でした。
*
Kyoto_tetsuhaku08
管理人と同級生 (1958年3月の早生まれだそうなので、1学年上(^^♪か) が、もう博物館入りです。

他にも、去年まで現役で活躍していたような電車が展示されてたりして、ちょっと複雑な気分です

あまり時間が無くて、最後は駆け足になってしまい、全部の展示も回れなかったですが、だいたい勝手はわかりました。

また時間を作って、ゆっくり・じっくりと見て回りましょう。


最後になりましたが、京阪快急3000さん、ありがとうございました。
*
(次回は、ギャラリー巡りです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 葵祭の牛車の牛さん | トップページ | 河合神社の「おとのもり」コンサートを聴きに »

コメント

おはようございます。

この日は滞在時間が短めでしたが、結構楽しめましたね

今回は見学できなかったSL館もあったので、今度は時間を充分に取ってまた行きたいです。

>> 京阪快急3000さんへ

こんどは、ゆっくりと見て回りましょうね

早速の報告、ありがとうございます。
最初の1枚が、なんといっても素敵ですね!
1でなくて3ですが、秋田車の6両にはがんばって欲しいです。
展望テラスの運行パネルが、とっても気になっています^,^/

こんにちは

入場料が弁天町にあったときと比べて、
高かったので、ちょっと引いていましたが((((((^^
広々とした施設のようですね
見る価値ありそうで、
興味がわいてきました
国鉄車両やSLを見るのが楽しみ

>> キハ58さんへ

こんにちは。

正直なところ、「京都鉄博は、果たして高い入場料を払って見る価値のある施設か?」
という疑問があって、しばらく様子みていました。

「保存車両の活用(公開)」という面では、車両の中に入れない、下回りが見れない
など、不満な点もあります。

でも、鉄道のシステムを、一般の人にわかりやすく伝えるという、博物館本来の
趣旨では、かなり適切に展示がされていると思います。

車両基地の一般公開ではなく、「学びの場&遊びの場」と頭を切り替えて行くのが
良いみたいですね

>> slowmotionさんへ

こんにちは。

キハ58さんへのコメントにも書きましたが、ここは「鉄」目的でいくと、
ちょっと期待外れかもしれません

安全のために、足場や柵や案内板が多くて、リアルな写真は撮りにくいです。

車両自体も、オジサン・オバサン世代には、見慣れた車ばかりで、
「わざわざ、ここで撮らいでも(笑)」 といった気分でした。

その代わり、といっては何ですが、陳腐化してた弁天町や旧梅小路の
展示品に変わって、最新の技術で作られた展示品は、やはり見応えありですね。

1200円は、高い気もしますが(笑) 朝から夕方まで、じっくり見れれば
十分元が取れるのでは

ブロ友と京都鉄博deデート ( ´艸`)プププ
昭和33年
私まだ生まれてないわ (≧∇≦)

音姫さんへ

昭和40年代生まれの電車もあんでぇo(^▽^)o

あっ! レディに歳のわかる話すんのは、
失礼やネ(^_^;)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都鉄博へ行ってきました。:

« 葵祭の牛車の牛さん | トップページ | 河合神社の「おとのもり」コンサートを聴きに »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ