« 奈良のGW(^^♪ 斑鳩の里の三塔巡拝(法起寺・法輪寺) | トップページ | 奈良のGW(^^♪ 夕暮れの奈良公園 »

2016.05.09

奈良のGW(^^♪ 斑鳩の里の三塔巡拝(法隆寺・藤ノ木古墳)

4月30日は、奈良公園と斑鳩の里を歩いてきました。
*
201604_2ikaruga11
法輪寺をあとに、中宮寺・法隆寺へ向かいます。

いまにも崩れそうな土塀が続きますが、重文指定された貴重品(笑)です。
*
201604_2ikaruga12
法隆寺の東院伽藍に着きました。中宮寺から拝観します。

回りに池をめぐらし、すこし盛りを過ぎてましたが山吹の黄金色に彩られた本堂には、ご本尊の国宝「如意輪観音思惟半跏像」が祀られています。

片足をあげ、アルカイック・スマイルをたたえて考えに耽っておられる優美な飛鳥仏は、いつまでも見続けていたい美しさです。
*
201604_2ikaruga13
中宮寺の隣は、八角形の夢殿です。聖徳太子の等身像とされる救世観音像が安置されています。たまたま春の特別公開の期間で、まぢかに見れてラッキーでした。
*
201604_2ikaruga14
東西伽藍を結ぶ長い通路を歩いていきます。法隆寺は中学の頃に来ただけで、ぜんぜん覚えてなくて(笑) 今回が初参拝のようなものです。
*
201604_2ikaruga15
斑鳩三塔の最後は、国宝「法隆寺五重塔」です。木造五重塔としては世界最古とされています。

他の二塔を圧倒して(笑) 存在感をだしてます。これは演出などせずに素直に撮るしかない
*
201604_2ikaruga16
このあと金堂の国宝「釈迦三尊像」をはじめ、宝物殿を埋め尽くす(笑) 寺宝の数々を拝見しますが、余りに多くていちいち書き出してるとキリがないので(^^; 南大門から退去しましょう

また日を改めて、宝物殿だけはじっくり見に来たいです
*
201604_2ikaruga17_2
法隆寺の門前に「藤ノ木古墳一般公開中」との案内がでてます。係りの方に聞くと数分で着くところだそうなので、行ってみることに。

しばらく歩くと、住宅地のなかに突然みどりの小山が現れて、そこが古墳でした。1988年の発掘調査で、豪華な副葬品が多数発見されてニュースなったのは、よく知られてますね。
(画像をクリックすると少し拡大します)
*
201604_2ikaruga18
古墳の石室内は狭いので、一度に15人ほどずつ入ります。内部は撮影禁止ですが、6畳間程度の広さで、奥に石棺が安置されてます。
*
201503kasihara07
これは、資料館にあるレプリカですが、本物は国宝や重文指定されて、橿原考古学研究所の保管されてます。
*
201604_2ikaruga19
帰りは、懐かしいレトロ塗装(昭和の終わり頃まで使われてました)の「奈良・西の京・斑鳩回遊ライン」のバスで一気に奈良公園まで戻ります。

このバスは、観光地のみ停車の急行バスかと思ってたら、普通の路線バスで、丁寧にひと停留所毎に停車して、JRの快速なら10分のところを、定刻で57分、私の乗った便は少し遅れて1時間10分ほどで着きました。
*
(続く) (次回は、夕暮れの奈良公園です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 奈良のGW(^^♪ 斑鳩の里の三塔巡拝(法起寺・法輪寺) | トップページ | 奈良のGW(^^♪ 夕暮れの奈良公園 »

コメント

やはり歴史と文化が素晴らしいですね。

モノトーンの最初の写真は
なんだかノスタルジックな雰囲気も盛り上げてくれます。

>> ホシノさんへ

おはようございます。

斑鳩の里は、奈良市内とはまた違って、ちょっと田舎びた風景が最高でした。
法隆寺は、あまりにも有名すぎて逆に敬遠(笑)してたんですけど、
ようやくその良さがわかる年になったのかも(^^ゞ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奈良のGW(^^♪ 斑鳩の里の三塔巡拝(法隆寺・藤ノ木古墳):

« 奈良のGW(^^♪ 斑鳩の里の三塔巡拝(法起寺・法輪寺) | トップページ | 奈良のGW(^^♪ 夕暮れの奈良公園 »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ