« 夏の18きっぷの旅 道成寺参拝 | トップページ | 【紀州鉄道】日本で2番目に短い路線を撮る(^^♪ »

2016.08.17

【紀州鉄道】日本で2番目に短い路線に乗る(^^♪

夏の18きっぷの旅の2回目は、紀勢線の御坊駅に向かうことにしました。御坊といえば「紀州鉄道」、そして「日高御坊と寺内町」、「道成寺」、「煙樹ヶ浜」などが頭に浮かびますね。

今回も日帰りなので、紀鉄と道成寺に絞って回りました。
*
Kisyu_tetsudo01
いよいよ紀州鉄道に乗ります。

もと信楽高原鐵道のSKR300形を譲り受けたKR301号です。
*
Kisyu_tetsudo17
車内はこんな感じ。大型の路線バスといったところ。
*
Kisyu_tetsudo02
車体に宮子姫のイラストが描かれています。
*
Kisyu_tetsudo03
車内には、なぜか干支の申の絵(猿の三番叟)が
お寺や神社の交通安全のお札を付けているのはよく見ますが、色紙とはねぇ~
*
Kisyu_tetsudo18
そして、一番衝撃的(笑)なのは、冷房が入って無いこと。
空調装置は取り付けてあるのですが、電源がOffになってるのか、故障なのか? 動いてません

まあ、動きだせば全開の窓から風が入ってくるし、全線の所要時間わずか6分なので、我慢できるか
*
Kisyu_tetsudo04
御坊駅をでて、JR線と別れしばらく田んぼの中を走って学門駅、次は車庫のある紀伊御坊駅、その次は御坊市の中心街の市役所前駅、そして終点の西御坊駅に到着です。
*
Kisyu_tetsudo06
紀州鉄道は旧御坊臨海鉄道時代から、「日本一短い鉄道」をキャッチコピーにしてました。

でも2002年に千葉県の芝山鉄道が開業し、日本一の座は明け渡してしまいました。でも、芝山線は延長計画があるので、何年か後には、また日本一に返り咲くかも
*
Kisyu_tetsudo05
待合室側から見たKR301号。運転間隔が1時間半ほど空くときもありますが、エンジンはアイドリングしたままで、騒音と振動がずっと伝わってきます。

聞いたところでは、ディーゼル車は一旦エンジンを切ると再起動が面倒で、数時間以内に再稼働する場合は、エンジンは掛けっぱなしなのだとか。

このエコの叫ばれる時代に、技術革新で何とかならないんですかね
*
Kisyu_tetsudo07
1989年に廃止された日高川駅にいたる廃線跡がそのまま残っています。

夏草が生い茂り、不用意に立ち入ると引っ付き虫がズボンについて大変なことになりました(^^;
*
(続く) (復路の撮影編につづく)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 夏の18きっぷの旅 道成寺参拝 | トップページ | 【紀州鉄道】日本で2番目に短い路線を撮る(^^♪ »

コメント

こんにちは

キテツですか!
私の乗ったときは
外観がバスみたいな車両だったですが、
こちらの外観は古い国鉄の車両風・・・
と思ったら、元信楽鉄道の車両だったんですね

お天気、写真で見てる分には最高ですね!
歩くとなると和歌山だから、
相当暑かったのでは
最後の写真の雲が気持ちいいです

>なかっちょさんへ
私は廃線跡が、
なぜかぐっと胸に詰まります。
どうしてかな~。
「ひっつき虫」、
いいですね~。
ディーゼルの
ゴロゴロゴロ、
エコじゃないんですよね。
でも、こちらは、
胸の高まりを覚えるんですよね。
もー矛盾してますよね。
非電化時代の、
伯備線「八雲」の
ゴロゴロゴロが、
懐かしい思い出です。

こんばんは。
いやぁ、知りませんでした。
今年1月からキテツ1形は無期限休車状態なんですねぇ。
レールバスのようなキテツ1、2が懐かしいですが、
KR301のエンジン音も聞いてみたいなって思います。
それにしても西御坊駅は相変わらずですね。
折角の昭和の雰囲気をぶっ壊すように立っている
自販機が気に食わないのは、ありんこだけでしょうか?

>> 花こまさんへ

こんにちは。

配線跡を歩くには、汗のかかない(笑) 春秋がよいのかもしれませんが、
夏草の生い茂ったなかに、朽ち果てた枕木と、赤さびたレールが見え隠れする...........

これが、一番グッときますね

ディーゼルカーも、電化がすすんで大都市圏ではあまり見かけなくなり
ました。京都駅でたまに山陰線方面の列車が、エンジンを吹かしているのを
みると、やっぱり胸キュン(笑) だったりして

>> slowmotion さんへ

こんにちは。

slowmotion さんの乗られた車は、もう信楽からのKR301と交代して
休車状態なんですね。たまにKR301が検査のときに、動くかもしれませんが。

紀州は、京都より南なので暑い気がしますが、私の行った日は、海からの
風が適当に吹いて、空には真っ白な雲が舞い上がって、田舎道は
快適でした。

海岸まで行けなかったのが、残念です(^^ゞ

>> ありんこさんへ

こんにちは。

もと北条鉄道のキテツ1号は、車庫に収まってました。
もう動くことはないのかもしれません。

KR301号は、やはり車体が大型化したためか、エンジン音も
高めですね。静かな西御坊の駅で騒音(笑) を振り撒いてました。

自販機、そういえば気になりますね。でも待合室を休憩所替わりに
するひとで、それなりに売れてるようでしたよ。

こんにちは、暑さが伝わってくる画像ですね。

気動車ではエンジンで発電機や圧縮機を動作させるので、営業中にエンジンを止めるとサービス系のエネルギーをバッテリーで維持することになると思います。営業中のエネルギー維持と燃料消費とを考えるとエンジン停止はリスクがあると思われます。また、エンジン再起動時に全部点検する作業が必要になるのでは?

地元の京阪バスではターミナルで時間のあるときはエンジンを止めていますが、エアコンも止まり、車内灯も消えて、最小限のエネルギー消費にしているようです。もちろん車内温度上昇の一途です。

西御坊駅の自動販売機ですが、自分が1995年に行ったときは
駅舎外階段のところへ正面を向けてサントリーの機械がありました。
今回の写真では駅舎内に入って、向きも線路方向へ変化しています。
1995年は平成なので、昭和時代にはなかったかな??

>> ヤマさんへ

こんにちは。

なるほど、電源をエンジンに頼らなければならない気動車の場合は、
むやみにエンジンを止めるわけにはいかないのですね。

理由はわかりませんが、エアコンが効いていなかったのには、
参りました(^^;


西御坊駅の自販機もベンダーが変わっているんですね。
通りがかりに、ジュースを買って、待合室のベンチで飲んでいる
ひとを見かけたので、それなりに売れているようです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【紀州鉄道】日本で2番目に短い路線に乗る(^^♪:

« 夏の18きっぷの旅 道成寺参拝 | トップページ | 【紀州鉄道】日本で2番目に短い路線を撮る(^^♪ »

フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ