« 京都迎賓館のガイドツアー | トップページ | 京都のギャラリー巡り 「ゆかいな時間」 in 八坂ギャラリー »

2016.09.21

近世京都の宮廷文化展を見ました

京都迎賓館のある御所つながりで、京セラ美術館と城南宮で開かれている、「近世京都の宮廷文化展」を見に行ってきました。
*
201609_2kyuuteibunnka07
まずは、京セラ美術館へ。

ここには、副題の「宮廷大礼文化の風景」にあるように、江戸時代の皇室の即位礼や大嘗祭などの儀式の絵図や記録類がたくさん展示されています。

宮廷文化というと平安の王朝文化華やかなりしころが頭に浮かびますし、江戸時代の皇室というと幕府に押さえつけられ衰微していた..... という、先入観(笑)がありますよね。

でも当時のお公家さんがびんぼー(失礼)だったのは間違いありませんが、お金や権力は無くとも(^^; 権威というか伝統文化の保持者としての誇りをもっていたようです。

展示品からは、王朝絵巻そのままの即位礼の行列の様子に当時の風俗が読み取れます。一般庶民がむしろを敷いて、行列を見物しているのも、面白いです。
*
201609_2kyuuteibunnka01
続いて城南宮に参ります。

ここの展示では、大正天皇の京都御所での即位大礼の様子を再現した大きな模型に圧倒されます。

文武百官が居並び、色とりどりの幡がたなびく中、紫宸殿に向かうのは総理大臣大隈重信公です。
*
201609_2kyuuteibunnka02
幡に比べて、人物が小さいように見えますがcoldsweats01
*
201609_2kyuuteibunnka03
こちらにも、華やかな御即位の様子を描いた屏風があります。
*
201609_2kyuuteibunnka04
高御座の模型。 非常に精巧に出来ています。
*
201609_2kyuuteibunnka05_2
京都御所の一般公開で、本物も見られますが、間近で見る機会はまづ無いでしょうからね。
*
≪おまけ≫
201609_2kyuuteibunnka06
竹田駅から京セラに向かう間に、国鉄貨車らしきものを見つけました。

車番等が塗りつぶされて判別不能ですが、ワム60000形と思われます。廃車後、30年前後は経過していると思われますが整備されているのがそんなに破損していませんね(^^)
*
(次回はギャラリー巡りです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 京都迎賓館のガイドツアー | トップページ | 京都のギャラリー巡り 「ゆかいな時間」 in 八坂ギャラリー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69436/64227144

この記事へのトラックバック一覧です: 近世京都の宮廷文化展を見ました:

« 京都迎賓館のガイドツアー | トップページ | 京都のギャラリー巡り 「ゆかいな時間」 in 八坂ギャラリー »

フォト

ススキ

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ