« 京の秋の散歩 祇園白川に咲く花 | トップページ | 亀岡のひがん花の里へ行きました、(その2) »

2016.09.29

亀岡のひがん花の里へ行きました、(その1)

9月24日に、亀岡のひがん花の里へ行ってきました。

朝起きると青空が広がってます。それで、「どっか近くでヒガンバナの撮れるとこないかなぁ?」、と検索すると、ここがヒット(^^)

ここなら道も分かってるので、さっそく山陰線へGo!!
*
201609_1kameoka01
亀岡駅で降りると、山陰線の京都~園部間の区間の前身の京都鉄道を開業した田中源太郎氏の顕彰碑と、
*
201609_1kameoka02
亀岡市のゆるきゃら明智かめまる君と亀岡市にゆかりの明智光秀、春日野局、藤堂高虎のイラストが描かれたバスがお出迎え
*
201609_1kameoka03
京都学園大行きのバスに乗り、穴太口で降ります。

バス停の回りには、黄金色の田んぼと真っ赤なヒガンバナの畦が広がっています。
*
201609_1kameoka04
ネットでも紹介されてる、わらぼっちとヒガンバナと稲穂の情景。
都市部近郊ではもう見られませんが、家から比較的ちかいところで見られるとは、感激です
*
201609_1kameoka05
しかし、ものすごい量のヒガンバナですねぇ。

ここまでたくさん咲いているのは、はじめて見ました。
*
201609_1kameoka06
かわいらしい前掛けをつけてもらってる(^^) お地蔵さまの並ばれる参詣道を歩いていくと、
*
201609_1kameoka07
西国二十一番札所 穴太寺に着きます。
*
201609_1kameoka08
穴太寺は「あなおうじ」と読みます。地元のひとの発音は、「あのーじ」と聞こえます(^^)

京阪石坂線にもおなじ漢字の駅がありますが「あのう」と読みます。 
*
201609_1kameoka09
境内には、貴船菊(シュウメイギク)が咲いてました。白いつぶつぶの花は、ミズヒキかな
*
201609_1kameoka10
お寺の案内図を参考に、ひがん花の里へ遊歩道を歩きだしました。
*
(続く)
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 京の秋の散歩 祇園白川に咲く花 | トップページ | 亀岡のひがん花の里へ行きました、(その2) »

コメント

いいね~~いいね~~
今年は白い彼岸花に出会って無いわ

歴史満載のバス。
いいですね~。

それとヒガンバナがこんなに。
通勤で通る道路わきに
独特の赤い色彩でパッと目につく場所もちらほらありますが
こんなに群生しているのは見ごたえありますね。

シュウメイギク、かわいい。
母も好きな花です。

>> 音姫さんへ

いいでしょ。でも白いヒガンバナはなかったですねぇ

近くに湯の花温泉もコスモス園もあるから行ってみては。
今週末でも、十分楽しめると思いますよ。

京都縦貫道の亀岡ICから5分くらい

>> ホシノさんへ

写真では、ものすごく咲いてるのを見ることはありますが、
実際に群生しているのは、はじめてみました。

まだまだたくさん出てきますから明日、あさってもお楽しみに(^^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 亀岡のひがん花の里へ行きました、(その1):

« 京の秋の散歩 祇園白川に咲く花 | トップページ | 亀岡のひがん花の里へ行きました、(その2) »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ