« 亀岡のひがん花の里へ行きました、(その3) | トップページ | 【叡電】秋の花シリーズ2016 (その2: ヒガンバナ) »

2016.10.03

【叡電】秋の花シリーズ2016 (その1: 稲刈りとヒガンバナ)

18きっぷのシーズンと共に残暑が終わり、さあ今度は地元の電車と思ったら秋の長雨(^^; それで、天候はあまり関係ないギャラリー巡りなんかしてるうちにもう9月も最終週(^^)

ようやく25日に花とえーでんの撮影に行けました。テーマは亀岡でさんざん撮って来た(笑) ヒガンバナと稲刈り。まあ、今の時期のフィールドは、これしか画題が無いんだもんねcoldsweats01

と、いうわけで「秋の花と叡電」発車いたします。晩秋の霜の降りるまでご乗車願いますm(__)m
*
Miyake_26
行ったのは、三宅八幡~八瀬比叡山口間のお馴染みの田んぼ。

比叡山の麓では、今は珍しくなった稲架掛けがみられます。
*
811_0150
この田んぼは、下鴨神社の神田で神様の御供物になる神聖なお米が作られています。
*
721_0138
稲を干してある横を走る電車。 この情景を洛北で見るのは久しぶりです。
*
722_0125
無理やり(笑) 稲架の骨組みの間に電車を走らせてみました(^^)
*
732_0117
日本の秋ですねぇーdelicious
*
721_0139
里の秋といえば、柿も外せませんね。 まだすこし色ついたばかりで食べられませんが、熟したころにまた狙ってみましょう(^^♪
*
722_0124
三宅八幡駅の周りには、ケイトウやハナニラも咲いてます。
*
Miyake_27
そして、秋に欠かせないアイテムがススキ。

逆光に白く輝く穂先がよかったので、あえて車両のいない鉄道写真にしてみました。

※ じつは、電車がきたら、逆光で真っ黒に写って大失敗だったのでwobbly
*
(続く) (次回も、ヒガンバナです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 亀岡のひがん花の里へ行きました、(その3) | トップページ | 【叡電】秋の花シリーズ2016 (その2: ヒガンバナ) »

コメント

気持ちがゆったりするようなお写真で
のどかで良いですね☆

ススキってやっぱり風情がありますね。
はかなげな感じがいいのかしら。

>> ホシノさんへ

こんにちは。

叡山電車の沿線では宅地開発でどんどん田畑が減って、このような
のどかな景色を写せるところは少なくなっています。

でも、田んぼが完全になくなるまで、撮り続けますよcoldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69436/64255984

この記事へのトラックバック一覧です: 【叡電】秋の花シリーズ2016 (その1: 稲刈りとヒガンバナ):

« 亀岡のひがん花の里へ行きました、(その3) | トップページ | 【叡電】秋の花シリーズ2016 (その2: ヒガンバナ) »

フォト

ススキ

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ