« 【叡電】第12回えいでんまつり | トップページ | be京都フォトクラブ写真展を見てきました。 »

2016.10.31

京都非公開文化財特別公開「瑞泉寺」と「ハリストス教会」

秋の非公開文化財の特別公開がはじまりました。

今年は、まず「瑞泉寺」と「ハリストス正教会」を拝観することに。
*
201610hikoukai01
瑞泉寺は、木屋町三条を少し下がった鴨川と高瀬川にはさまれた場所にあります。

ここは、豊臣秀次公の墓所として知られています。正確ないきさつは今も謎のままですが、秀次は高野山に蟄居させられ、そして切腹させられます。

その時、秀次の妻子30数名も鴨川の三条河原で処刑されました。その様子を描いた絵巻や、側室の辞世の歌などは、涙を誘います。

絵巻のコピーは以前から境内に掲示されてみることができますが、今回はじめて実物を見ることができました。

絵巻には聚楽第の様子なども描かれて興味深いです。
*
201610hikoukai02
続いて、柳馬場二条上ルの「京都ハリストス正教会」へ。

この教会は、東京神田のニコライ聖堂を建てた、聖ニコライ大司教が、京都での布教の拠点として1903年(明治36)に建てたものです。

ロシア・ビザンティン様式を取り入れた和洋折衷の建物の奥のドームの中は、絨毯の敷かれた大広間です。壁には数々のイコンが飾られ厳粛な雰囲気を醸し出しています。

正教会の建物に入るのははじめてでしたが、日本じゃない感じがしました

11月7日まで期間があるので、もう何ヶ所か回りたいところですね。
*
(次回は、写真展の話題を)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 【叡電】第12回えいでんまつり | トップページ | be京都フォトクラブ写真展を見てきました。 »

コメント

京都ハリストス正教会
美しいですね。
正教会系は建築もイコンも見事なので
私も旅先にあると寄れる場合はなるべくよりたいと思っているんです。

>> ホシノさんへ

こんにちは。

はじめてこの教会を見た時は、「京都にもこんなすばらし洋風建築があるんや」
と、驚きましたね。

ながいこと信者さん以外には公開されてませんでしたが、特別公開があって
良かったです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都非公開文化財特別公開「瑞泉寺」と「ハリストス教会」:

« 【叡電】第12回えいでんまつり | トップページ | be京都フォトクラブ写真展を見てきました。 »

フォト
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ