« 京のもみじ散歩 2016 (その11)下鴨神社の糺の森 | トップページ | 京のもみじ散歩 2016 (その13:最終回)神泉苑 »

2016.12.07

京のもみじ散歩 2016 (その12)三井下鴨別邸特別公開

12月に入り、今年の紅葉散歩も、いよいよお仕舞いになってきました。 最後は、京都市内で一番遅く紅葉するといわれる、下鴨神社に行きました。糺の森をぬけて、三井下鴨別邸の特別公開を見学します。
*
201611_13shimogamo07
このお屋敷は、大正時代に三井財閥の祖霊社参拝の休憩所として建てられ、戦後は国に買い上げられ、近年は家庭裁判所の長官官舎として使われていました。

平成23年に戦前の財閥のお屋敷の歴史的意義が認められて重要文化財に指定され、今年の秋から一般公開が始まっています。

3階の望楼がこの建物の見どころですね。
*
201611_13shimogamo08
1階の座敷から、池のあるお庭を見ています。
*
201611_13shimogamo09
おなじく2階からのながめ。欄干のデザインが凝ってますね(^^)
*
201611_13shimogamo11
残念ながら、3階は撮影禁止でしたが、北の比叡山、東の大文字山、南の京都御所、西の鴨川と眺望は最高でした。

ふだん見慣れた景色ですが、昔は高い建物もなく、かなり遠くまで見通せたんでしょうねぇ。

そして大文字の日は真正面に送り火が見えたことでしょう。昔の大金持ちの生活がうらやましい
*
201611_13shimogamo10
池に写る望楼。
*
201611_13shimogamo12
普段通勤で通る駅のちかくに、こんな別天地があるなんて、やはり京都は奥が深いです
*
201611_13shimogamo13
*
(続く) (次回は、神泉苑です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 京のもみじ散歩 2016 (その11)下鴨神社の糺の森 | トップページ | 京のもみじ散歩 2016 (その13:最終回)神泉苑 »

コメント

三井財閥さすが!
すごいですね。
座敷からの眺めは
まるでとてもすてきは額縁に入った絵画のよう・・
というより
絵にも描けない見事さです。

>> ホシノさんへ

こんにちは。
京都には、明治時代の財閥や政治家のお屋敷
が、人知れず残っていて、時々それが
一般公開されて、おお〜と驚くことが
良くあります。

座敷もお庭も良かったです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京のもみじ散歩 2016 (その12)三井下鴨別邸特別公開:

« 京のもみじ散歩 2016 (その11)下鴨神社の糺の森 | トップページ | 京のもみじ散歩 2016 (その13:最終回)神泉苑 »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ