« 【飯田線】夕暮れの新城駅~野田城駅を歩く | トップページ | 亜蛮人・三月合同展、闇を纏いしものたち in アトリエ空白 »

2016.12.18

山内雅裕 個展「ivory」 in いのくま亭

12月になり、今年を締めくくるような素晴らしい展示をあちこちて見ることができました。

4日は、京都のいのくま亭で、山内雅裕さんの個展「ivory」をみました。
*
201612inokuma01
今回が、2回目の個展で、ジャンルとしては植物画となります。前回は、まさに植物画そのもの、といった印象でしたが、今回は大きく画風が変わってます。

植物のほかに、いろいろな物体-作家さんは「記号」と表現されました-が、描き込まれてます。

その他、色の塗り方、間の取り方など工夫-「研究」-が加えられ、非常に面白い絵になりました。
*
201612inokuma02
今日が最終日(18時まで)ですが、ご興味のある方は、是非。

詳しくは、ギャラリーのHPまで
http://galleryinokumatei.jimdo.com/
*
201612inokuma03
(続く) (次回は、大阪のギャラリー巡りです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 【飯田線】夕暮れの新城駅~野田城駅を歩く | トップページ | 亜蛮人・三月合同展、闇を纏いしものたち in アトリエ空白 »

コメント

なかなか個性的な「植物画」ですね。
面白いです。

>なかっちょさんへ
う~ん、また不思議な絵ですね。
今やイノベーションであまりにも人間世界だけがかけ離れて「発展」してしまったのに対し、自然界はと言えば、発生以来自然の持つ時間経過と営みを今もそれを連綿と続けている。そんな問題意識をコラボした作品のように感じました。
山内さんってひょっとして、沖縄県出身ですか?

>> ホシノさんへ

こんにちは。

普通のボタニカルアートではなく、抽象画でもない独特の画風です。
今後の展開が楽しみですね。

>> 播州太郎さんへ

こんにちは。

多分に実験的な要素も加えた作品で、こんごもドンドン変わって行くような
気がしました。

山内さんのお父さんは、鉄道趣味仲間なんですが(^^♪ 学生時分からは
京都在住ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69436/64639943

この記事へのトラックバック一覧です: 山内雅裕 個展「ivory」 in いのくま亭:

« 【飯田線】夕暮れの新城駅~野田城駅を歩く | トップページ | 亜蛮人・三月合同展、闇を纏いしものたち in アトリエ空白 »

フォト

ススキ

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ