« 京のもみじ散歩 2016 (その13:最終回)神泉苑 | トップページ | たかchanさんの個展を見に、新城市へ »

2016.12.10

若杉真魅 個展 「PHANTOM OF GUILT」 in A.C.T.

12月6日に、東京の出張する機会がありまして、仕事が終わってから一度のぞいでみたいと思っていた、アートコンプレックスセンター東京(A.C.T.)に行ってきました。
*
Act03
JR信濃町駅かメトロ四ツ谷三丁目駅から徒歩数分の、住宅街の真ん中に、建物自体がアート(笑) というギャラリーがありました。
日の暮れが早い時期で、7時前なのにすでに真っ暗、建物の中は薄暗くて、入るのに躊躇しますcoldsweats01
*
Act01
四つの展示が同時に開催されてますが、一番興味深く感じたのが、若杉真魅さんの個展 「PHANTOM OF GUILT」 です。

「内臓や血管、肉塊などの人体と機械などの人工物を組み合わせた世界観を描く」 というコンセプトにくわえて、作家さんが女子大学院生というのも、へぇーって、感じですね(^.^)
*
Act02
50号クラスの、すこし大きい作品をメインに、10数点が展示してありました。

どれも、血や肉や金属片が飛び散って、一歩間違えると陰惨でグロテスクな絵になってしまいがちですが、確かな筆力で、非常にリアルに描かれているため、不快感は全くなく、逆にアニメか映画のいちシーンを見ているような気分になります。

在廊されてた作家さんに、絵のコンセプトや技法についてもお話を聞くことが出来ました。意外と若い人だけでなく、おじさん、おばさんでも気に入って見に来てくれる人は多いとのこと、明日11日までなので、お近くの方は、見に行かれては。
*
(次回は、冬の18きっぷの旅です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 京のもみじ散歩 2016 (その13:最終回)神泉苑 | トップページ | たかchanさんの個展を見に、新城市へ »

コメント

こんにちは
今日は午前中雨が降っていました
外はひんやり寒いというよりも冷たいです💦
お題の通りファントムな感じですね~
なかっちょさんの仰られる通りアニメのシーンの一部のようにも見えます

頭に浮かぶ何かがあるのですよね

夜入るのは確かに躊躇しそうです(´-`*)

>> na nori さんへ

こんばんは。

今日の京滋地方は、小雨がぱらついて寒かったようですね。
わたしは、また暖かい浜名湖まで遠征してきました(^^♪

さて、面白い絵でしょ。
こんなん割と好きなんです。
でも、さすがに家に飾るのは、ためらうかも(笑)

>なかっちょさんへ
やはり造詣が深い!
太刀打ちできません!
すいません、
私には、分からない。残念。

>> 播州太郎さんへ

こんにちは。

わたしも全くの素人で(^^; 自分の個性で勝手に感じて鑑賞してます。
絵に限らず、芸術作品には、「100人の鑑賞者がいれば、100通りの
解釈がある」そうです。

「まったく分からない」のも、感じ方のひとつ。お気になさらずにcoldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69436/64602831

この記事へのトラックバック一覧です: 若杉真魅 個展 「PHANTOM OF GUILT」 in A.C.T.:

« 京のもみじ散歩 2016 (その13:最終回)神泉苑 | トップページ | たかchanさんの個展を見に、新城市へ »

フォト

ススキ

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ