« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月に作成された記事

2017.02.28

しえこといくにの2人展 『 Shake it* 』 in イロリムラ

中崎町のイロリムラさんで、しえこといくにの2人展 『 Shake it* 』を見てきました。
*
201702osaka_gyallery13
前に、グループ展でいくにさんの作品を見せていただいて気に入ったので、また寄せてもらってきました。
*
201702osaka_gyallery12
モチーフとしては、KAWAIIcoldsweats01 系であまりオジサン的には気恥ずかしさ(回りは若い女の子ばかり(^^; もあるのですが、お二人とも作品のクオリティーは高くて、見飽きません。
*
201702osaka_gyallery11
さすがに原画を譲ってもらって部屋に飾る勇気はないので、画集だけいただいてきました。

いくにさんは、ちかくアニメ作家としてプロデビューshineだそうです。漫画がヒットするといいですね(^.^)
*
(次回は、京都の花街をあるきます)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2017.02.25

京の冬の散歩(その10) 亀岡市穴太の里を歩く

2月19日は、息子の部活(テニス部)の練習が亀岡運動公園であって、送り迎えの合間に、穴太の集落を歩いてきました。
*
201702kameoka01
この付近は、西国三十三所巡礼の第二十一番札所の穴太寺で有名です。

秋には、コスモス園やヒガンバナの群生が多くの観光客を集めます。
*
201702kameoka02
とりあえず、川沿いの遊歩道を穴太寺に向かいます。

冬の日差しが川面に反射してきれいでした。
*
201702kameoka03
巡礼道らしく、お地蔵さまがたくさん祀ってあります。
*
201702kameoka04
しばらく行くと、円山応挙が少年時代に小僧さんとして住んでいたお寺がありました。

応挙の作品が展示されているようですが、予約しないと見れないそうで残念でした。
*
201702kameoka05
道は、田んぼの中を進んでいきます。お日様がまぶしいcoldsweats01
*
201702kameoka06
まだ枯れ枯れしい景色ですが、タンポポのような花が咲いてました。
*
201702kameoka07
水源地の堤防では、野焼きが行われてます。

白い煙が、遠くからもみえてました。
*
201702kameoka08
また運動公園に戻ってきました。亀岡市の姉妹都市の蘇州市との友好を示す中華風のあずまやがありました。
*
201702kameoka09
夕暮れのバス停

乗り降りする人もなく..........
*
201702kameoka10

(次回も街歩きの話題です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2017.02.24

京都伝統工芸大学校の卒展をみてきました。

梅小路からの帰り、烏丸三条の京都伝統工芸館で京都伝統工芸大の卒展をみてきました。
*
201702_13dentoukougei01
この学校は、おもに伝統工芸の技能者を養成する専修学校です。木工、金工、漆工、紙工、陶芸などの技術を学べます。

デザインや教養が重視される芸大・美大に比べてより実学重視、技能重視の教育課程ですので、卒制の作品もやはり実用的なものが多いです。
*
201702_13dentoukougei02
まだ若い技能者の卵の作品ですから粗削りな面は、否めないところもありますが(^^)、仕上げの丁寧さ誠実さがそれをカバーしています。

もちろん工芸作品ですから、実用品としての「機能美」はもちろん、「用の美」ともいうべき暖かさを見て取れる作品が多いと感じました。
*
201702_13dentoukougei03
実用一点張りでもありません。この昭和30年代の車や家電を模したオモチャのように、遊び心たっぷりの作品もあります(^^♪
*
201702_13dentoukougei04
おそらく春からは、新人の技工士さんとして実社会で活躍を開始される学生さんの前途に祝いあれshine
*
(次回は、亀岡の郊外をあるきます)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2017.02.22

【梅小路】梅の香を走るSLとチンチン電車(その2)

2月18日は、梅の香に誘われて、梅小路公園に行って来ました。
*
Kyoto_siden57
2月4日の夜間運転時の菜の花が良かったので、もう一度昼間に撮影。
*
Kyoto_siden58
SLは紅梅が中心でしたが、こちらはしだれの白梅が咲きだしてます。
*
Kyoto_siden59
しだれの紅梅も植えてあるのですが、まだツボミでした。次の週末くらいから咲きだすかな(^.^)
*
Kyoto_siden60
続いて、風景に溶け込む2001号を撮影。

人が写り込んでも、背景がごちゃごちゃしててもあまり気にならないのが、チンチン電車らしいですね。
*
Kyoto_siden61
ダンスの練習中の女の子
*
Kyoto_siden62
2月の花とチン電は、パンジー(^^♪
*
201702_12umekouji01
梅の木の下で撮影してると、一匹のネコちゃんが寄ってきました。公園ネコ(^^) らしく、人なれしてて、スリスリしてきますcoldsweats01
*
201702_12umekouji03
「モデルになってくれるか(^^♪」と聞くと、
「わかったにゃんcat」、というわけで、電車を見送るネコちゃんをcamera パシャ
*
201702_12umekouji04
場慣れ(笑) してますねぇー 毎日のようにカメラマンや家族連れのお相手してんのかも(^^;
*
201702_12umekouji02
モデル料に、お弁当のソーセージやお魚をもらってご満悦ニャーcat
*
(次回は、ギャラリー巡りです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2017.02.21

【梅小路】梅の香を走るSLとチンチン電車(その1)

2月18日は、梅の香に誘われて、梅小路公園に行って来ました。
*
Umekouji01
梅小路公園への直通バスは、家族連れや外国からのお客さんで賑わってます。
*
Sl_steam55
まだ梅まつり(2/25-3/5)も始まっていませんが、園内の梅は既に見ごろ(^^) 特に早咲きの紅梅は真っ盛りshine
*
Sl_steam56
この日の機関車は、C622号機。 

折り返しの待ち時間に、丹後鉄道の8000系と並んだり、
*
Sl_steam57
貨物列車とすれ違ったりしてました。
*
Sl_steam59
見頃の紅梅を追い越し(^^♪
*
Sl_steam58
白梅に蒸気を吹きかけたりしながら、
*
Sl_steam62
盛大にドレーンを切って、
*
Sl_steam61
梅の香に見送られながら、
*
Sl_steam60
走り去っていきました。
*
(続く) (次回は、チンチン電車です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2017.02.19

切り絵展「SAMURAI」 in 181 Building

切り絵展「SAMURAI」2017を見に行ってきました。
*
201702osaka_gyallery01
今年は、大阪の東天満の181Building が会場です。ビルの2-4階を貸し切って数十人の作家さんが、ものすごい(笑)数の作品を出展されてます。
*
201702osaka_gyallery02
会場にはいると、その物量にまず圧倒(笑)されます。

とりあえず、どんな作品が並んでいるのかざっと見て回りました。
*
201702osaka_gyallery03
次は、一作ずつゆっくりと拝見。ただあまりに数が多いので細かくは見れないのが残念です。

もちろんどの作品も丁寧に精緻に切り込んで作られております。華麗なもの、情緒あふれるもの、カラフルなの、シックなの....etc.....、個性タップリですねhappy01
*
201702osaka_gyallery04
一番いいな(*^^*) って思った、お雛様
*
201702osaka_gyallery05
タケウチイクコ先生の「ブドウ」
今回もご招待いただき、ありがとうございました。
*
201702osaka_gyallery06
千鳥のモビール。

狙っているのか否か、バックのマンションや電線と意外にマッチして泳いでますねcoldsweats01
*
(次回は、梅小路公園へ行きます)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2017.02.18

「網の中」 by 束芋 in 京都文化博物館別館

京都文化博物館で開催の京都府新鋭選抜展では、本展に続いて別館で束芋氏による特別出品「網の中」を展示してます。
*
201701_3sinei_senbatu06 (C)Tabaimo / courtesy of IMO studio
#束芋
#網の中
もと日本銀行京都支店であった天井の高いだだっ広い空間を生かして、映像インスタレーションが繰り広げられます。

会場を模したような大広間が映像のベースです。
*
201701_3sinei_senbatu07 (C)Tabaimo / courtesy of IMO studio
#束芋
#網の中
この広間で、扉が開いたり、いろいろな仕掛けが飛び出したりして、作品は展開していきます。
*
201701_3sinei_senbatu08 (C)Tabaimo / courtesy of IMO studio
#束芋
#網の中
見せ場のひとつ(^.^) 巨大な腕が、空中のケーキを取り合う?
*
201701_3sinei_senbatu09 (C)Tabaimo / courtesy of IMO studio
#束芋
#網の中
フィナーレ近くの根っこのようなものが、部屋を覆いはじめます。

20分ほどの作品でした。タイトルの「網の中」の網はインターネットの意味もあるそうで、作品を撮影した観覧者がそれをネットに公開して、それが原作と絡まって新たなアートになるかもcoldsweats01

という、今風の仕掛けです。そのため「#束芋、#網の中」の表記を著作権表記と共に求められています。

このローカルなブログのどこかでネットに引っかかって拡散されるのかな(笑)
**
(続く) (次回は、切り絵展です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2017.02.16

京都府新鋭選抜展2017 in 京都文化博物館

京都文化博物館で京都府新鋭選抜展を見てきました。
*
201701_3sinei_senbatu01
この展示は「京都を中心に活動する新進若手作家を紹介し、次世代の作家が創造するみずみずしい作品を京都から世界へ積極的に発信していくことを目的」としています。(HPより)

出展者は、一般選考43名、ほかに特別出品者として束芋氏を迎えています。

公立博物館公募展としては珍しく(^^)、条件付きながら写真撮影OKでしたので、気に入った作品を写して来ました。
*
201701_3sinei_senbatu02
絵画の部です。

さすがに選抜展と銘打つだけあって、作品のクオリティーは高いです。しかも若い作家さんばかりですから、いろいろと表現方法に新しい試みを取り入れられているのが見て取れて、心強く感じましたね。

一番左の作品は、入賞作のひとつですが、よくみると「なるほどメダルcrownに値する出来やhappy01」と感心させられます。
作品をアップで撮影するのが禁止されてるのが残念ですcoldsweats01
*
201701_3sinei_senbatu03
この部屋では、右の作品の「キャンバスは四角いもの」という思い込みを取り払ってくれて(^^; 面白かったですね。
*
201701_3sinei_senbatu04
立体作品の部です。

奥のロボットのような仏像のような作品が目に留まりました。
*
201701_3sinei_senbatu05
この部屋では、奥の観覧者の左の作品と一番手前の作品がいいかな(^^♪
*
(続く) (次回は、束芋氏の特別出品を紹介します。)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2017.02.15

京の冬の散歩(その9) 等持院の有楽椿

2月11日に、雪見に、金閣寺と等持院に参ってきました。
*
201702_12tougiin09
等持院に来たのは、金閣寺から近いということもありますが、「ここの名物の有楽椿が咲きだした」と、新聞に出ていたからです。

雪ツバキはなかなか見れるチャンスが少ないのでラッキーです。
しばし春と冬が同居した情景をお楽しみください。
*
201702_12tougiin10
*
201702_12tougiin11
*
201702_12tougiin12
*
201702_12tougiin13
*
201702_12tougiin14
枯れ枝には雪の華も
*
201702_12tougiin15
時おり滑り落ちて、水面に同心円を描きます。
*
(次回は、ギャラリー巡りです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2017.02.13

京の冬の散歩(その8) 雪の等持院

2月11日は、京都市内でも積雪があったので、衣笠山の麓のお寺に雪見に行ってきました。

まず雪の金閣寺を撮影し、それから徒歩10数分の等持院に参ります。
*
201702_12tougiin01
ここは、室町幕府の足利将軍家のゆかりのお寺。足利尊氏の墓があり、歴代将軍の木像が安置されています。
*
201702_12tougiin02
門前には、日本映画の父とよばれる牧野省三監督の銅像が立っています。この付近に大正時代にマキノ映画等持院製作所があったからです。

前に京都検定を受けた時に、たまたまマキノ映画の問題が出て、会場が近くの立命館大だったこともあり、試験の後に答え合わせを兼ねて、この像をみにきた思い出があります(^^)
*
201702_12tougiin03
前庭です。雪が建物に近いところは融けたか積もらなかったして、白黒のグラデーションになってます。
*
201702_12tougiin04
淡雪のほどろほどろに降り敷けば平城の京し思ほゆるかも

万葉集(巻八)の大伴旅人の和歌がふと思い浮かびましたthink
*
201702_12tougiin05
池泉回遊式の庭園は、夢窓疎石の作と伝えられています。
*
201702_12tougiin06
心字池と築山の茶室清漣亭
*
201702_12tougiin07
築山から方丈を見下ろしています。
*
201702_12tougiin08
雪をかぶった灯籠と庫裏、書院。

このお寺は、比較的お参りするひとが少なく情景をゆっくりと楽しめるのが良いですね。
*
(続く) (次回は、有楽椿を楽しみます)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2017.02.12

京の冬の散歩(その7) 雪の金閣寺

昨日(2月11日)は、前夜からの雪snowが京都市内でも数センチ積もりました。それでギャラリー巡りの予定を変更、カメラの用意をして金閣寺に駆けつけましたdashdashdashsweat01
*
201702_11kinkakuji01
金閣寺に着いたのは、8時20分くらい、9時の開門まで寒い中を足踏みして待ちますsad

それでも先頭から50人目以内にはいたので、門が開くとともに切符をかって、鏡湖池(きょうこち)へダッシュ!!
*
201702_11kinkakuji02
目に飛び込んできたのは、素晴らしい雪晴れの下、緑と白が混じり合った衣笠山を背景に、朝日を浴びる金閣(舎利殿)です。
*
201702_11kinkakuji03p
アップで(^^) (クリックすると画像が拡大します)

1月の大雪の時は、仕事で来れずに悔しい(笑)思いをしましたが、行った人の話では、雪が降りしきって薄暗くてベストコンディションでは無かったとのこと。

この日は、まさに絵に書いたような、好天気でしたね。
*
201702_11kinkakuji04
正面から
*
201702_11kinkakuji06p
池に浮かぶ鶴島・亀島をいれて
(クリックすると画像が拡大します)
*
201702_11kinkakuji07
池に着いたときは、まだ観光客は少なく写真も撮り放題coldsweats01 でしたが、あっという間に人が増えて、撮影ポイントは押すな押すなの大混雑wobbly

横手へ移動します。この付近が一番金閣にちかいかな(^^)/
朝日に映えて、荘厳さを感じますね。 なんど見ても良いものですthink
*
201702_11kinkakuji08
裏手に回ると、ちょうど朝日が真上に

この後は、裏庭から高台に回りますが、この辺は見慣れた景色だし写真はパス(^^;
*
201702_11kinkakuji10
裏の高台から見下ろして最後の一枚

左下の屋根は、大書院です。
*
201702_11kinkakuji11
待ってた時間より短いわずか30分足らずで、トコロテン式coldsweats01 に出口に来ました。

普通のお寺なら本堂に上がって仏さまに一礼するところですが、金閣寺は方丈(本堂)は非公開で、あまり庫裏や書院にも上がるということがありませんね。まして金閣に足を踏み入れるなんてhappy01

まあ、これだけの大人数が本堂や金閣に出入りしたらいっぺんに貴重な文化財が摩滅してしまうでしょうけどcoldsweats01
*
(続く) (次回は、等持院に参ります)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2017.02.10

【梅小路】SL館のライトアップ

4日の夜は、梅小路公園をライトアップする「京都・冬の光宴2017~共生と共鳴~」を見てきました。

チンチン電車の夜間運転を撮影して、SL館のライトアップに回ります。
*
Kyoto_tetsuhaku18
京都鉄博のSL館部分のみが無料開放されます。普段は出口になる旧二条駅が入り口です。
*
Kyoto_tetsuhaku19
鉄博部分は入れませんが、エントランスのみ見れました。入館者のいないうす暗い博物館は、普段と違った雰囲気ですthink
*
Kyoto_tetsuhaku20
展望デッキは開放されているので上ってみました。
*
Kyoto_tetsuhaku21
三脚は禁止なので、手持ち撮影です。それゆえ何度か露出を変えて、うまく写った(^^) のをUpしてます。
*
Kyoto_tetsuhaku22
キャンドル・ライトに輝く夜の機関庫

灯りは、ロウソクのように見えますが小型電灯に炎形の金属片を取り付けたものです。見た目の雰囲気はキャンドルと変わりませんし、安全面にも対処OK
*
Kyoto_tetsuhaku23
[SL北びわこ号」のHMをつけたC56160。

この時は無火でしたが、しばらくすると、
*
Kyoto_tetsuhaku24
少しだけ石炭が焚かれて、煙を出しはじめました(^^♪

できれば、ライトをつけて蒸気をだして汽笛も鳴らして欲しかったなぁhappy01

もっと欲を言えば、構内運転やターンテーブル一周などもcoldsweats01

今週末の2月11日(土)・2月12日(日)午後5時30分~午後8時も夜間開館されます。入場無料(^^♪
詳しくは、梅小路公園のHPへ http://www.kyoto-ga.jp/umekouji/
*
(次回は、ギャラリー巡りです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2017.02.09

【梅小路】チンチン電車の夜間運転

4日の夜に梅小路公園をライトアップする「京都・冬の光宴2017~共生と共鳴~」を見てきました。

園内の各所でイベントがありますが、まずチンチン電車の夜間運転を撮影しました。

時間は午後6時すぎ、ちょうど日が暮れて暗くなり出した頃です。
*
Kyoto_siden52
普段は昼間しか走らないので、ライトをつけたN電をみるのは初めてかも(^^)
*
Kyoto_siden53
新聞で紹介されてた、菜の花の向こうを走っていきます。
*
Kyoto_siden54
夜のとばりが降りはじめた中をゆくチンチン電車。夢の中の世界のようconfident
*
Kyoto_siden55
駅に戻ってきました。 今週末の2月11日(土)の午後5時~8時にも夜間運転があります。
*
Kyoto_siden56
市電ショップも少し営業時間を延長(7時まで?)してました。(普段は6時まで)
*
(続く) (次回は、SL館のライトアップです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2017.02.07

京の冬の散歩(その6)猿まわし がんばろう熊本!公演

4日の立春の日は、暖かい日ざしに誘われて、梅の花を写しながら散歩しました。

やがて繁華街に入り、新京極の誓願寺の前までくると、人だかりができています。珍しい猿まわしの大道芸です。
*
201701_2saru_mawashi01
口上書きによれば、「周防猿まわしの会」の京丸くんの一座です。

熊本地震の被害で、本拠の阿蘇猿まわし劇場が被災し、その復興支援のため全国を巡業して、この日は京都にやって来たそうです。
*
201701_2saru_mawashi02
最初に猿つかいさんの合図で一礼m(..)m

それから、ボールに乗って、舞台を一周します。続いて、器用に玉乗りしながらパイプの坂道を上っていきます。

観客は拍手喝采good
*
201701_2saru_mawashi03
下りるときは、少し失敗しながら(これもボケ芸(笑)の内かも)も、玉を操って、ぶじに階段を降りました。

「下手なよ〇もとの芸人より、面白いぞ!」の声もcoldsweats01 関西人は芸にはストレートやなぁbleah

このあと、得意のポーズを決めて5分ほどの公演はお仕舞い(^^)
*
201701_2saru_mawashi04
少額ですが、カンパさせて頂き、お礼にブロマイドのしおりをもらいました。

京丸くんと一座のみなさん、寒いけど頑張ってくださいね。
*
Ryouanji14
京都の電車も応援してるよ(*^^*)
*
(続く) (次回は、梅小路公園のライトアップです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2017.02.06

京の冬の散歩(その5)はや見頃の梅の花

2月4日は、立春、暦の上では春です。 リアルの天候も晴れて暖かい朝でしたので、はや見ごろの便りも聞かれる梅の花を見に散歩してきました。
*
201701_1kyoto_ume01
最初は、下鴨神社へ。御手洗川の紅梅が満開になってます。
*
201701_1kyoto_ume02
濃いピンクの花が、朝日に映えます。
*
201701_1kyoto_ume06
次は、京都御所の梅林へ。ここも紅梅・白梅が咲き乱れています。

神社のノボリ旗に紅梅をぼかしてみました。
*
201701_1kyoto_ume08
白梅もこぼれんばかりに咲いてます。
*
201701_1kyoto_ume10
グラウンドではサッカー部が練習中
*
201701_1kyoto_ume07
蝋梅もちょうど見ごろです。
*
201701_1kyoto_ume04
ポツンと一本だけ花茎をのばしたスイセン。
*
201701_1kyoto_ume09
宗像神社の石庭。造られた美しさですねconfident
*
(続く) (次回は、新京極で猿まわしを見ます)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2017.02.04

京の冬の散歩(その4)鴨川のユリカモメ

1月最後の日曜は、鴨川のユリカモメと遊んで(笑)きました。
*
201901kamogawa01
三条大橋から四条大橋方面をみたところです。

川岸にユリカモメが集まっているのが見えますね。
*
201901kamogawa02
野生の渡り鳥ですが、エサを目当てにかなり近いところまで飛んできます(^.^)
*
201901kamogawa03
さすがにハトのように手から直接ついばんだりはしませんが、慣れると足元まで寄ってきます。
*
201901kamogawa05
俊敏で、エサが投げられると一斉に飛び立って乱舞します。
*
201901kamogawa06
パンくずのダイビングキャッチなんてお手の物happy01

自分でエサを投げて、それを食べるところを写すのはむつかしいので、他の人が投げたのを写し、自分が投げたところを写してもらう感じで撮影してます。

エサをやる人が3人、カメラマンは数人いましたwink
*
201901kamogawa07
空中で一瞬とどまることもできるようですが、動きが速すぎてカメラワークが追いつきません(^^;
*
201901kamogawa08
他には、アオサギ、
*
201901kamogawa09
カモ
201901kamogawa10
オシドリ、コサギ、トビなどがエサに集まってきます。
*
201901kamogawa11
食パン一枚で、十分たのしめました(*^^*)
*
(次回は、梅小路公園のライトアップです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2017.02.03

【阪堺】キティちゃん電車に乗る(^^♪

1月28日は、久しぶりに阪堺電車に乗ってきました。

しばらく我孫子道で写しているうちに、お目当てのモ166号のキティちゃん電車がやってきました。
*
Hankai0184
「HELLO KITTY LOVES すみよし」というイベントの一環で、去年の秋から走っています。

でも、なかなかお目にかかれなくて、ネットで運行状況をキャッチして、ようやくGetできましたhappy01
*
Hankai0185
車内には、キティちゃんの絵馬が描かれた吊り革と白浜のパンダの赤ちゃん。
*
Hankai0186
夜のチン電もいいですねぇ~ 
*
Hankai0187
恵美須町駅についたキティちゃん電車。

それにしても、まもなく傘寿(90歳)を迎える古参電車が、よもやキティちゃんのラッピングをまとうとは思ってもみなかったですねbleah
*
Hankai0189
工事中で電飾がなくて少しさみしい通天閣をバックに戻っていきました。

2月10日からまた点灯されるそうです。運行は2月15日までの予定なので、うまくいけば輝く通天閣とキティちゃん電車のコラボもみれるかも(^^)

青空の元でハルカスをバックも撮りたいな。
**
Hankai0188
鉄むすめキティちゃんと一寸法師キティちゃん。

一寸法師は住吉で生まれ、淀川をお椀の舟に箸の櫂で京の都に上って行ったのだそうです。
*
(次回は、鴨川のユリカモメです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2017.02.01

【阪堺】夕暮れのチンチン電車 in あびこ道商店街

1月28日は、大阪市内のギャラリーを3ヶ所回ってきました。

三つ目は阿倍野なのですが、見終わったのがまだ4時半前で時間もあるので、久しぶりにチンチン電車に乗ってみることにしました。
*
Hankai0176
新線に切り替わっても、旧線の撤去などの残工事の続く阿倍野電停から乗り込みます。

電車は5分毎くらいにやってきますが、車内はかなりの乗車率(^^) ハルカス人気は衰えませんね(^^)/
*
Hankai0177
それでもだんだんと車内は空いてきて、堺市内の大道筋を下るときに、窓越しの夕陽がキレイかったので一枚。

でもコンデジでは、うまく写りませんでしたcoldsweats01
*
Hankai0178
ネットで、貸切電車とモ161形が走っているとの情報を得て、石津北駅で下ります。

「真田 ぬけ穴パラダイス」展でいただいてきた、「おやつねこ」シリーズの絵と合わせてパンダ電車の貸切を一枚。
*
Hankai0179
石津北ではまだ明るかったですが、乗っているうちにどんどん暗くなってきて、我孫子道で降りる頃はたそがれ時になりました。
*
Hankai0180
夕暮れ時の電停はいい感じです。キン肉マン電車が車庫から出てきました。
*
Hankai0181
点きだした商店街の灯りに送られて、発車していきます。
*
Hankai0182
今度は真っ赤な電車がきました。

昼間の撮影だと通行人が写り込むのが気になるのですが(^^;、夕方だとむしろ生活感がでるようで、いいですね(^.^)
*
Hankai0183
質屋さんの広告電車のすれ違い。

乗換の待ち時間の十数分で、楽しい写真がたくさん撮れました。

そろそろモ161がやってくる時間なので、ホームに戻りましょう。
*
(続く) (次回は、キティちゃん電車です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

フォト

ススキ

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ