« 【梅小路】梅の香を走るSLとチンチン電車(その2) | トップページ | 京の冬の散歩(その10) 亀岡市穴太の里を歩く »

2017.02.24

京都伝統工芸大学校の卒展をみてきました。

梅小路からの帰り、烏丸三条の京都伝統工芸館で京都伝統工芸大の卒展をみてきました。
*
201702_13dentoukougei01
この学校は、おもに伝統工芸の技能者を養成する専修学校です。木工、金工、漆工、紙工、陶芸などの技術を学べます。

デザインや教養が重視される芸大・美大に比べてより実学重視、技能重視の教育課程ですので、卒制の作品もやはり実用的なものが多いです。
*
201702_13dentoukougei02
まだ若い技能者の卵の作品ですから粗削りな面は、否めないところもありますが(^^)、仕上げの丁寧さ誠実さがそれをカバーしています。

もちろん工芸作品ですから、実用品としての「機能美」はもちろん、「用の美」ともいうべき暖かさを見て取れる作品が多いと感じました。
*
201702_13dentoukougei03
実用一点張りでもありません。この昭和30年代の車や家電を模したオモチャのように、遊び心たっぷりの作品もあります(^^♪
*
201702_13dentoukougei04
おそらく春からは、新人の技工士さんとして実社会で活躍を開始される学生さんの前途に祝いあれshine
*
(次回は、亀岡の郊外をあるきます)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 【梅小路】梅の香を走るSLとチンチン電車(その2) | トップページ | 京の冬の散歩(その10) 亀岡市穴太の里を歩く »

コメント

わぁ~
いいです!
伝統工芸。
取り組む志にも感動します。

>> ホシノさんへ

この学校の展示会は時々行くんですけど、いつも若い学生さんの
手先の器用さに感心しますhappy01

まだまだ伝統工芸の未来は安泰ですねcoldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69436/64914792

この記事へのトラックバック一覧です: 京都伝統工芸大学校の卒展をみてきました。:

« 【梅小路】梅の香を走るSLとチンチン電車(その2) | トップページ | 京の冬の散歩(その10) 亀岡市穴太の里を歩く »

フォト

メリー・クリスマス

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ